Home> お客様からのレター > | ダイニングテーブル VILLAⅡ > 〖お客様からのレター〗<なら無垢テーブル> (295) 広島市安佐南区 M様 「どっしりとしてすごく満足しています。」

〖お客様からのレター〗<なら無垢テーブル> (295) 広島市安佐南区 M様 「どっしりとしてすごく満足しています。」

こんにちは

 

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

 <サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) 北海道産ナラ材 

        W 1500 * D 850 * H 700        です。

 

広島市安佐南区 M様 からいただきました、お便りです。 ↓

mdmd.jpg

  ↓ 《サカミツ家具オリジナルテーブル》 VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) 北海道産ナラ材です。

1ナラ耳3センチ テ- 001.jpg

「たまたま通りかかった」 

M様は、サカミツ家具の前を、たまたまお通りになってご来店くださいました。

M様のように、偶然通りかかってご購入されるお客様も多いです。

今後も、ご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めては

「自然な木のぬくもりと曲線にひかれました。」

 

VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) は、北海道産ナラ材の中でも、

節や欠点の少ない上質な木を厳選しています。

1ナラ耳3センチ テ- 002.jpg

北海道産のナラ無垢材で、お作りしています。

 

北海道産のナラ材は、昨今、大変希少になっています。

道産ナラ材のテーブルは、市場にも少ないと思います。 

1ナラ耳3センチ テ- 003.jpg

《サカミツ家具オリジナルテーブル》 を製作している、北海道の、卓越した技術をもつ家具工房で、

一品づつ丁寧にオーダーメイドしています。

 

脚は、T字型の2本タイプです。

ベンチなどからも、立ち座りがしやすいです。 

1ナラ耳3センチ テ- 004.jpg

↑ 天板の厚みは、3センチです。

 

天板の外側のカーブは、丸太の樹皮をとった状態の、自然が作り出した曲線です。 

1ナラ耳3センチ テ- 005.jpg

デザインの美しいテーブルです。

 

<サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)は、

サカミツ家具のショップ内で、とても人気です。

ブラックウォールナット無垢材タイプは、たいへんご好評いただいています。

 

北海道産ナラ材のタイプも、ナチュラルで、自然な味わいがあり、ステキです。 

1ナラ耳3センチ テ- 006.jpg

↑ 天板の手前のカーブは、自然が作り出した曲線です。

 

木の白太の部分も、同じように曲線を描いています。

世界に一つだけのカーブです。

 

現在、日本の家具業界におきまして、天板の耳は、人工的なカーブが多いようです。

 

北海道産ナラ材の、自然な耳つきテーブルは、とても希少です。

ナラ材が好きなお客様には、たまらない魅力があると思います。 

1ナラ耳3センチ テ- 007.jpg

↑ ナラ材の天板の、表情は、美しいです。

 

昨今、日本の家具市場におきまして、ナラ系の木のテーブルは、

ホワイトオーク材、レッドオーク材で製作することが多いようです。

 

ホワイトオーク材には、板目と、柾目があります。

板目は、割れたりして、暴れる木と言われていて、天板には使いにくいです。

柾目は、暴れが少なく、木目も揃いやすいのですが、トラフという模様が入ります。

 

レッドオーク材は、コスト的に安いというメリットがありますが、

その名の通り、赤みを帯びていますので、ナチュラル色などで塗装することもあります。  

1ナラ耳3センチ テ- 008.jpg

↑ ナラの木は、とても美しいです。

 

ナラ材は、「キング オブ フォレスト (森の王様)」 とも、称されています。 

1ナラ耳3センチ テ- 009.jpg

↑ 天板の厚みは、3センチです。

無垢の木であって、同時に、すっきりとしたスタイリッシュ感もあります。 

1ナラ耳3センチ テ- 010.jpg

<サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) では、

北海道産のナラ材にこだわっています。

 

柾目と、板目をランダムに組み合わせています。

(↑ 柾目と、板目の年輪が見えます) 

1ナラ耳3センチ テ- 011.jpg

天然の木ですので、ちょっと角度を変えただけで、ぐっと表情が変わります。

 

引き込まれるような魅力があります。 

1ナラ耳3センチ テ- 012.jpg

↑ 大自然が、作り出した曲線です。

 

手でさわっていても、気持ちいいです。

小さなお子様が、積木で遊ぶように、

人のDNAには、サルであった頃の記憶が残っているのか、

木をさわっていると、なんだか落ち着いてきます ・・ 

1ナラ耳3センチ テ- 014.jpg

↑ 脚の下駄(床に接している板)は、北海道産ナラの、一枚板です。

 

足元も、贅沢にお作りしています。 

1ナラ耳3センチ テ- 016.jpg

↑ 脚は、外側、真ん中、内側と、3段階に、取り付け位置を変えることができます。

(上の写真の、穴に合わせて、脚の位置を変更できます)

 

天板を裏返していただき、脚を取り外し、もう一度、新しい位置に取り付けるだけです。

ご家庭でも、簡単に、取り付け位置を変更していただけます。

 

これも、<サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) の大きな特徴です。 

1ナラ耳3センチ テ- 017.jpg

↑ 天板の裏側には、幕板、反り止めなど、出っ張った木がありません。

ですので、足元が広く、足組みなどしていただけます。

 

また、天板の裏も、綺麗に仕上げています。 

1ナラ耳3センチ テ- 018.jpg

脚は、T字型の2本タイプです。

 

脚も、北海道産ナラ材で製作しています。 

1ナラ耳3センチ テ- 020.jpg

↑ <サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) の醍醐味は、

やはり、この自然な耳です。 

大自然が作り出したカーブです。 

1ナラ耳3センチ テ- 023.jpg

いろんな表情を見せてくれます。 

1ナラ耳3センチ テ- 025.jpg 

↑ 北海道産ナラ材の中でも、節や欠点の少ないハイグレードな木でお作りしています。

 

色はつけていません。

ナラ材の自然な色です。

 

塗装は、120%特消しウレタン仕上げです。

一見するとオイル仕上げのような風合いがありますが、ウレタン仕上げですので、

濡れたコップなど置いていても、輪染みになりません。

(ご希望に応じて、オイル仕上げにもできます。)

 

<サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) 北海道産ナラ材は、

厳選された材を贅沢に使用して、

北海道の、大変優れた家具工房で、

熟練の職人が、一品づつ丁寧に作り上げる、

本格的なオーダーメイドテーブルです。 

末永く、心地よくお使いいただけます。 

 

実際にお使いになられたご感想は、

「どっしりとして満足しています。

 高い買い物でしたが、買ってよかったです。」

 

M様に、ご満足していただけ、たいへん嬉しいです。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。

 

M様に、家具のご満足度5点をいただきました。

 

M様、このたびは、アンケートのお便りをお送りいただきまして、ありがとうざいます。

 

<サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) 北海道産ナラ材

につきまして、詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓ 

1ナラ耳3センチ テ- 001.jpg 

<本当に、いい家具だけを、お客様に・・

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 火曜日   ( ※ 祝日の場合、火曜日も営業しています)

 

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

026_s.jpg

 

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakamitsu.jp/mt/mt-tb.cgi/1436
Listed below are links to weblogs that reference
〖お客様からのレター〗<なら無垢テーブル> (295) 広島市安佐南区 M様 「どっしりとしてすごく満足しています。」 from 広島・坂光家具のブログ

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> お客様からのレター > | ダイニングテーブル VILLAⅡ > 〖お客様からのレター〗<なら無垢テーブル> (295) 広島市安佐南区 M様 「どっしりとしてすごく満足しています。」

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top