Home> MODENA テレビボード > | BARINI チェア > | お客様からのレター > | 無垢変形テーブル PADOVA > | <至福のソファ> GRADO > 〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢変形テーブル・他> (357) 広島市西区 T様 「使いやすくスタイリッシュで、大満足です♡」

〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢変形テーブル・他> (357) 広島市西区 T様 「使いやすくスタイリッシュで、大満足です♡」

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

1. <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢変形テーブル  PADOVA (パドヴァ) 

    W 1780 * D 1150 * H 700   脚部:突板タイプ

2. ウォールナット無垢アームチェア   2脚

3. BARINI(バリーニ) アームレスチェア    2脚

4. <至福のソファ> GRADO (グラード) 2P  W1900 * D1100 * H800 * SH400

    ファブリックは、グレーです

5.  ウォールナット無垢テレビボード  MODENA (モデナ)

     天板突板タイプ  W 1800 * D 470 * H 428           です。

 

↓ 広島市西区 T様からいただきました、お便りです。

img303.jpg

 ↓ <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢変形テーブル  PADOVA (パドヴァ) です。

ffafaaa.jpg

↓ ウォールナット無垢アームチェア  です。

afaaaa.jpg

↓ BARINI(バリーニ) アームレスチェア です。

FFさ~1.JPG

↓ <至福のソファ> GRADO (グラード) 2P です。

1GRADO2P展示 003.jpg

↓  ウォールナット無垢テレビボード MODENA (モデナ) です。

1モデナTV1800 011.jpg

「たまたま通りかかった」 

T様は、サカミツ家具の前を、たまたまお通りになってご来店くださいました。

T様のように、偶然通りかかってご購入されるお客様も多いです。

今後も、ご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めては

「 以前から雑誌でチェックしていたものをずっと探していて、

 坂光さんで見つけたため」

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢変形テーブル  PADOVA (パドヴァ) は、

スタイリッシュなデザインで、素敵なテーブルです。

 

天板も、脚もすべてブラックウォールナットの無垢材で製作しています。

ブラックウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、

最高ランク 《FASクラス》 の木をお使いしています。

1PADOVA%20002.jpg 

脚が真ん中にありますので、お好きな場所に座っていただけます。

1PADOVA%20003.jpg

天板も、脚も、ブラックウォ-ルナットの無垢材で、自然な味わいが感じられます。

 

一般的に、合板タイプは、芯材に、合板を貼り付けて製作します。

太鼓と同じ構造です。

天然木突板合板では、ゼロコンマ何ミリかのスライスした、薄い天然木を貼り付けています。

突板合板の場合、表面に傷がつきますと、修復ができません。

外側の木口が、剥がれたりする可能性もあります。

 

無垢の木は、野球のバットと同じで、木だけでできています。

剥がれたりもしませんし、頑丈で、味わい深いです。

1PADOVA%20004.jpg

↑ 天板には、28ミリ厚のブラックウォールナットの無垢材を使用しています。 

木目が美しいです。 ↓

1PADOVA%20005.jpg 

製作は、日本国内の、大変技術レベルの高い家具工房でおこなっています。

この家具工房では、一台100万円以上しますような、最高級の総桐箪笥も製作しています。

日本国内でも、特に優れた技術をもつ家具工房です。 

1PADOVA%20006.jpg 

色々な場所に、座っていただくことができ、ホームパーティでも活躍してくれそうです。

1PADOVA%20009.jpg

↑ 近くで見ていますと、ブラックウォールナットらしい、いい味わいが感じられます。

天板は、曲線を描いていて、手で触っているだけでも気持ちいいです。

やはり自然なものは、優しく、癒してくれるような感じがします。

 

仕上げの状態もとてもいいです。 

これだけ大きな家具を、綺麗に作り仕上げることのできる工房は、

日本国内でも、少ないと思います。

 

脚のデザインは、スタイリッシュです。 ↓

1PADOVA%20022.jpg

脚と脚の間は、棚になっていますので、いろいろなものを置いていただけます。

ダイニングテーブルの下に置けるのは、意外に便利のようです。

pa1.jpg

↑ 金属製の反り止めを、天板に埋め込んでいます。

ですので、天板の下に、幕板や、木の反り止めなど、出っ張った木がありません。

足もとが広々としていて、足組みができますし、

アームの高いアームチェアを、天板の下に収めることができます。

 

樹種は、ブラックウォールナット以外に、

1. ブラックチェリー材  

2. ホワイトオーク材  柾目

3. ハードメープル材

4. ホワイトアッシュ材

で製作が可能です。

 

すべて、北米産の銘木です。

そして、上記の1~4の木の場合も、

すべて、最高ランク 《FASクラス》 の、無垢材で製作します。

 

仕上げ塗装は、ウレタンと、オイルでお選びいただけます。

ウレタンの場合は、<150%ツヤ消し> という特殊な仕上げです。

<150%ツヤ消し> 仕上げですと、まるでオイル仕上げのような、自然な仕上がりです。

 

それぞれの樹種の、サンプル材の画像です。

ウレタン <150%ツヤ消し> 仕上げです。 ↓

クオ中~2.JPG 

左上が、ブラックチェリー、右上が、ハードメープル

左下が、ホワイトオーク、右下が、ホワイトアッシュです。

オイル仕上げです。 ↓

クオ中~3.JPG 

ホワイトオークのサンプル材です。 ↓

クオ中~1.JPG

ホワイトオークは、柾目だけでお作りします。

一般的には、家具材として使われる場合、オークは板目が多いです。

(柾目、板目では、木材の切り出し方が、異なります。)

ただ、オークの板目は、割れや反りが生じる可能性があります。

PADOVA (パドヴァ)で、ホワイトオークの場合、すべて柾目の無垢材でお作りします。

最高ランクFASクラスの、ホワイトオーク柾目の無垢材テーブルというのは、大変稀少のようです。 

 

ウォールナット無垢アームチェアは、一言で表現しますと、

"名作チェア"と言えると思います。

 

美しいデザインと、実用性としての軽量化、

そして、長時間、心地いい、"至福の座り心地" を実現しています。

 

無駄をそぎ落として極限まで、薄く細く削りだして製作しています。

これだけのデザインを可能にする木工技術は、ほかに類がないと言えるかもしれません。

↓ 流れるような曲線デザインが美しいチェアです。

vero.JPG

そして、ただ美しいだけではなく、その曲線が作り出す丸みが、

心地よく身体を包み込んでくれます。

 

アームが、少し外側に傾斜しています。

この傾斜角度が絶妙で、腕のおさまり具合がしっくりきます。

 

椅子は、毎日、毎日使うものです。

座る、動かす、あるいは、動かして掃除するなど、ご家庭では、

女性がかかわることが多い家具と言えそうです。

ですからこそ、座り心地の良さと、耐久性、そして軽さを追求しました。

軽くて、強く、座り心地のいい椅子です。

1イト~1.JPG

座面が広めで、アームが心地よく、ゆったりと座っていただけます。

1イト~2.JPG

↑ このあたりの角度から見た姿も素敵です。

 

家具にも、色々あります。

たとえば、収納家具でしたら、とりあえず前と横と上が綺麗なら良いかもしれませんが、

椅子は違います。

椅子は、全方位から見えてしまいますので、どこから見ても美しいのが理想です。

しかし、そんな椅子はなかなかありません。

ウォールナット無垢アームチェアは、ぜひ、全方位から、お楽しみくださいませ。 

1イト~4.JPG

↑ 後ろから見た姿も素敵です。

 

アームから、背中にかけてのラインには、息をのむほどの、美と芸術性、

そして、これを作った職人の心意気を感じてしまいます。

わたくしどもは、家具のお店ですので、いわゆる名作椅子と称されるものを含めて

国内外のあらゆる椅子をみてきました。

しかし、これほど完成度の高い椅子は、見たことがありません。 

1イト~3.JPG

↑ 近くでみますと、このような形状になっています。

 

脚と、アームと、背中に流れるような曲線を描いています。

そして、この曲線が身体を絶妙に心地よく包み込んでくれます。

 

BARINI(バリーニ) アームレスチェアは、木材をギリギリまで削り出し、細さと薄さを追求しています。

ほとんどの接合部は、途切れることなく繋がっていて、木地出しならではの、

美しいフォルムを作り出しています。

 

そして、その繊細な造形とは裏腹に、座ると、ゆったりと身体を受け止めてくれます。

使いこむほどに、無垢材ならではの風合いが一層引き立ちます。

末永く、心地よく、お使いいただける、究極的に、優れた椅子です。

bari-ni.JPG

↑ ウォールナット無垢アームレスBARINI(バリーニ) です。

 

座面が広く、ゆったりとして、とても座り心地がいい椅子です。

座面のワイドは、575ミリあります。

一般的なアームレスチェアに比べて、ワイドのサイズが大きいです。

 

サカミツ家具に展示していますが、

この椅子に座られますと、みなさま座った瞬間に、「ああ、これいいね」「これ座りやすいね」

と言われ、ちょっと、感動された感じになります。

 

座った瞬間、広めの座面が、ちょうど身体の形状に合わせて、じわ~っと沈んでいきます。

座面が広めですので、ストロークがあると言いますか、

ちょっと沈むというよりも、ぐーっと沈むという感じです。

 

お尻に、まったく底つき感がありません。

おそらく、初めての座り心地という感じかと思います。

 

椅子というより、ハイグレードなソファに近い座り心地です。

bari-ni2.JPG

プロのデザイナーがデザインしている、デザイナーズブランドです。

 

北欧モダンのイメージで、美しいデザインの椅子です。

バリー~1.JPG

とても、座り心地がいいです。

 

座面はゆったりしていて、底付き感がありません。

背板の、背あたりもいいです。

 

木部は、すべてブラックウォールナット無垢材です。

 

一口にブラックウォールナットと言いましても、ランクがあります。

お魚のマグロに、赤身や、大トロ、中トロなどがあるのと同じです。

 

ウォールナットには、大きく分けて、下記の3等級があります。

1. FASクラス・・節や欠点がほとんど無いです。

2. ワンコモンクラス・・節や欠点があります。

3. ツーコモンクラス・・ワンコモンクラスより、さらに節や欠点があります。

 

BARINI(バリーニ) は、

同じウォールナットの中でも、最高クラス<FASクラス>の木で製作しています。

現在、日本の家具市場におきまして、<FASクラス>の木で製作している椅子は、とても少ないです。

 

そして、BARINI(バリーニ) では、

さらに、最高クラス<FASクラス>の中から、

日本人向けに、特別に厳選した[ジャパンプレミアムグレード] のウォールナットを使用しています。

 

他にも、ブラックチェリーや、オーク材でもご製作できます。

ばりーに3.JPG

薄く、細くできる部分は、極限まで薄く、細く、削り出しています。

デザインが美しいです。

 

また、座面が広めの、無垢の椅子ですが、重量が軽いです。

片手で、持ち運んでいただけるくらいです。

お掃除なども、しやすいです。

bari-ni1.JPG

北欧モダンな印象の椅子です。

 

BARINI(バリーニ) は、日本国内の、とても優れた家具工房で製作しています。

 

硬くて曲げにくい、ブラックウォルナットの無垢の木で、これだけのフォルムを作り出すことは、

至難の技のようです。

一脚づつ、熟練の椅子職人が、削りだし、磨き上げて、丁寧に作り上げています。

1バリ~2.JPG

身体をゆったりと受け止めるように、椅子全体が、ゆるやかなカーブ曲線を描いています。

どこか一点だけがカーブしているのではありません。

 

後ろ脚から、その上の背板にかけて、流れるようなカーブ曲線を描いています。

ななめ45度後ろから見てこれほど完成度の高い椅子は、稀有です。

そして、この曲線が、類稀な、抜群の心地よさを生み出しています。

ばりーに5.JPG

背板は、広めです。

この広い背板で、背中を包み込んでくれます。

とても、座り心地がいいです。

 

ちょっとソファのような感じで、長時間、お寛ぎいただける椅子です。

 

BARINI (バリーニ) の大きな特徴の一つは、背板の広さです。

背板が、ゆったりとして、大きめです。

大きめですので、背中を、心地よく包み込んでくれます。

 

そして、ただ大きいだけではなく、身体の形状にそうように、ゆるやかなカーブ曲線を描いています。

BARINI (バリーニ) は、とても背あたりがいい椅子です。

 

余談ですが、椅子の座り心地の良さを決める生命線は、じつは、背板にあります。

どんなにカッコイイ椅子とかがあったとしても、

座ったときに、背中、とくに背骨が痛いと感じられるタイプは、長時間座るには厳しいです。

そして、この背あたりこそは、椅子作りにおきまして、簡単そうで、

ハードルの高い永遠のテーマかと思います。

なぜハードルが高いかと申しますと、人間の身体は凹凸があって、複雑な形をしているからです。

また、いろんな体型の人がいます。

 

いろんな人が座って背あたりがいい・・

これが理想です。

その点で、BARINI (バリーニ) は、ほんとに背あたりがいい椅子です。

 

座っていると、背中が、心地よく、包み込まれるようです。

バリー~2.JPG

座面は、ハイグレードな仕様となっています。

タフネットとウレタンのダブルクッションになっていて、

座った時に、底付き感がありません。

長時間、座っていても、お尻が痛くならないです。

座ると、ググッと沈み込む感じで、ちょうど身体の重さと形状にそってくます。

座った瞬間、ほどよくググッと包み込まれる感じがあって、

みなさま、初めての座り心地と言われます。

硬すぎず、柔らかすぎない、しっとりとした上質な座り心地です。

ずっと座っていたくなります。

ばりーに6.JPG

座面には、ハンモックのようなタフネットが入っています。

裏から手で押すと、じんわり沈んでいきます。

 

座った瞬間の、座面の感触は、おそらく、これまで味わったことのない感じかと思います。

じわ~っと沈んで、広めの座席が、しっとりと心地よく受け止めてくれます。

とにかく座りやすいです。

ばりーに7.JPG

張地は、カバーリングタイプです。(上の写真は、セミアームタイプです。)

レザーのカバーも、カバーリングですので、取り外すことができます。

 

季節ごとに、違う色や、素材のカバーに着せ替えたりもできます。

お部屋の、模様替えもできて、楽しいです。

1バリ~4.JPG

背板は、身体に合わせて、カーブ曲線を描いています。

上質なブラックウォルナットで製作してます。

ウォルナット無垢材を削りだし、特殊な接合をして、オリジナルな形状を作り出しています。

 

BARINI (バリーニ) は、

ほんとに、とても座りやすい椅子です。

 

座り心地のいい椅子が一脚あると、

大げさな表現かもしれませんが、人生が変わるって、思います。

 

先日も、お客様が来店されて、こ言われました。

・ 毎日、毎日、忙しくて、あっという間に時間が過ぎてしまう。

・ いい椅子があれば、そこで、ゆっくり新聞を読んだり、落ち着いた時間が過ごせそう・・

たしかに、そうだと思います。

 

<至福のソファ> GRADO (グラード) は、座面が広いソファです。

ソファ本体の奥行サイズが、110センチあります。

ソファの上で、胡坐をかかれたり、横になられたりして、ゆったりとお過ごしいただけます。

 

ソファは、もともと西欧の家具です。

靴を履いて、くつろぐ場所として作られました。

たしかに、椅子に座るようにきちんと座るのもいいですが、

日本人は、家で靴は履きません。

日本人は、リラックスの仕方として、畳の上や床に直接座って、ゴロゴロしたり、

あぐらをかいたり、横座りしたり、色々な姿勢でくつろぎます。

 

<至福のソファ> GRADO (グラード)では、座面の上で、それができます。

【ハンガリーフェザー】+【高密度ウレタン】+【ウェービングテープ】

の構造になっていますので、長時間お座りいただいても、

腰やお尻など身体の一部が痛くなる、ということがほとんどありません。

 

<至福のソファ> GRADO (グラード) は、ほどよく、体圧分散します。

硬すぎず、柔らか過ぎない、しっとりとした上質なお座り心地です。

座面には、

インテス社ウェービングテープ + 55キロ/㎥ のハイグレードウレタン

+ ハンガリー産マザーグーススモールフェザー   を使用しています。

h_kouzou.jpg

<至福のソファ>に使われるウレタンは、50キロ/m3以上の高密度ウレタンです。

新幹線グリーン車と同じグレードのウレタンです。

グリーン車では、通常シート以上の、座り心地の良さが求められます。

新幹線グリーン車では、ウレタンを15年ごとに交換するそうです。

不特定多数の人が、入れ替わり立ち代わり座るグリーン車で、15年ですので、

ご家庭では、とても長くお使いいただけます。

 8~10万回の耐久テスト (JIS基準) を実施し、それでもへたりません。

つまり、10年座っても、ほとんどへたらないのです。

 

ウレタンは、比重が低いものほどへたりやすい性質があります。

一般的なソファで20~25キロ/m3くらいです。

3万円代くらいのコストバリューなソファでは、15キロ/m3

イタリアなどのブランドソファでも、30~35キロ/m3くらいのようです。

(ソファをご購入の際には、このウレタンの比重を確認されるとよいかもしれません。)

<至福のソファ>は、経年で、へたってしまっても、一枚ずつの交換が可能です。

 

イタリア インテス社製 最高級 ウエービングテープを採用。

一般的なソファに、多く使用されるSバネやコイルの「線」で支える座り心地と違い

「面で支える」 しっとりとした優しい座り心地を作ります。

(耐久性も抜群、一般的なウェービングテープより、かなり耐久性に優れています。)

<至福のソファ> では、イタリアから、生産技術を導入して商品開発をしています。

イタリアの、トップブランドのソファメーカーから技術を導入しました。 

イタリアのトップブランドメーカーのソファには、

【インテス社製ウェービングテープ】 が採用されています。

 

【インテス社製ウェービングテープ】 は、世界最高ランクの耐久性と、

座り心地と言われています。

とてもしっかりとしていて、生涯を通してお使いいただけるくらいの、耐久性があります。

 

その、【インテス社製ウェービングテープ】 の中でも、

<至福のソファ> に採用している、6センチ幅グリーンタイプは、最上クラスのテープです。

日本で、このテープを採用しているのは、<至福のソファ> だけです。

 

フェザーは、ハンガリー産のマザーグーススモールフェザーを、

一台あたり10キロ以上使用しています。

スモールフェザーは、自然素材ですので、とても心地いいです。

 

ちなみに、フェザーにもいろいろな種類があるようです。

一般的には、ソファに使われるフェザーは、中国産ダックの羽根などのようです。

それですと、羽軸などの匂いがきつくて、たくさん使うことはできません。

ですので、ソファに、自然素材でありますスモールフェザーを使うことは少ないです。

通常のソファですと、ウレタンチップや、ポリエステル綿に、少量のフェザーなどが多いようです。

 

<至福のソファ>には、高級な羽毛布団に使うタイプと同じ、

ハンガリー産マザーグーススモールフェザーをお使いしています。

スモールフェザーは、自然素材ですので、身体に心地よく馴染んでくれます。

スモールフェザーを、身体の形状や重さに合わせて、つぶしながらお座りいただく感じです。

1画像フェザー 014.jpg

<至福のソファ> GRADO (グラード)は、本体、座面などのクッション全てが

カバーリングです。汚れが気になりましたら、クリーニングに出せます。

ファブリックは、イタリアから直輸入したもので、綿、麻、ウールなど

自然素材を含んだ上質なものです。

その中から、お客様のお好きなものを選んでいただきます。

お好みのカラーコーディネイトで、心地よさがますますプラスされます。

季節や気分によって、着せ替えされるお客様もいらっしゃいます。

 

↓ サカミツ家具ショップ内の、ソファファブリックコーナーです。

ファブリック.JPG

これだけの素材を使用したソファは、

日本国内にも、あるいは世界的に見ましても、他には無いと言えると思います。

<至福のソファ> GRADO (グラード)は、

1P・ワイド1P・2P・2.5P・3P・ワンアームカウチ(W950)・ワンアームカウチ(W1050)

タイプがあります。オットマンもSS~Lまでございますので、サイズについては、

お気軽にお尋ねくださいませ。

 

<至福のソファ> GRADO (グラード)は、カウチタイプ W2690 もございます。

ぜひ、サカミツ家具のショップ内で、ご覧になってみてくださいませ。 ↓

1GRADO 269 015.jpg

↓ <至福のソファ> GRADO (グラード) 2.5P です。

2.5P.JPG

 ウォールナット無垢テレビボード  MODENA (モデナ)は、前板にガラスなどが無く、

すっきりとしていて、スタイリッシュな印象のテレビボードです。  

ブラックウォールナットの木目がとても美しいです。

展示のタイプは、オイル仕上げです。

ブラウン色などで、着色はしていません。

ブラックウォールナットの、自然そのままの色です。 

1001a.jpg

天板と、引出しの前板を、ブラックウォールナットの無垢材で製作しています。 

ブラックウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、

最高ランク 《FASクラス》 の木を厳選しています。 

 

ブラックウォールナットは、北米五大湖、アパラチア山脈近辺で産出され、

世界三大銘木と称されています。

木目がとても美しいですので、世界的にも人気の高い木のようです。

高級クルーザーやヨットの内装や、大富豪の方の家のフローリングなどにも、

ブラックウォールナットが使われているそうです。 

1モデナTV1800 004.jpg

前面には、横格子状のデザインを施しています。 

日本国内でも、指折りの卓越した技術をもつ家具工房で、一品づつ受注生産しています。

この家具工房では、一台100万円くらいするような総桐箪笥も製作しています。  

1004a.jpg

↑ 引出しを開けた状態です。

 

引出しの内部は、桐の無垢材で製作しています。

桐の中でも、桐箪笥に使うタイプと同じハイグレードな木を使用しています。 

1039a.jpg

引出しの前板は、ブラックウォールナットの無垢材、引出しの内部は、

桐の無垢材で製作しています。

その無垢材を使って、確かな技術をもつ職人が、一品づつ、組み立て、丁寧に仕上げています。

 

自然の味わいが豊かに感じられる、本格的なオーダー家具です。  

1009a.jpg

↑ 引出しの前板には、ライン状のミゾがあります。 

このミゾから、リモコンの電波が通ります。

引出しを閉めたままで、リモコンの操作ができます。  

1014a.jpg

↑ ミゾは、内部では、広く掘り込んであります。

色んな角度から、リモコンの電波が通りやすい構造となっています。  

1038a.jpg

↑ 引き出し内部の接合には、「アリ組み」 という技法を用いています。

 (↑ 上の写真の、引き出し右側で、台形に見える部分です)

「アリ組み」 は、蟻の口のように角度が付いていますので、

力が加わる方向に引っ張ってもはずれません。

 

そして、MODENA (モデナ) では、同じ 「アリ組み」 の中でも、「大アリ組み」 で製作しています。

「大アリ組み」 は、通常のアリ組みよりも、一つ一つのブロックが大きいです。

ですので、大きな力が加わっても、さらに壊れにくくなっています。

見た目にも美しい仕口です。

現在の家具業界の中で、

この 「大アリ組み」 という技法を施している家具も、大変、希少のようです。 

 

内部の接合には、「ほぞ組み」 という強度、耐久性に優れた高度な技法を用いています。

(一般的な家具の接合は、「ダボ組み」 です。 ダボ組みとは、丸い突起物で、

  家具を接合する方法です。)

ホゾ (2).jpg
↑ 「ダボ組み」 です。


「ほぞ組み」 では、接合する部分に、凹凸の形状を作り、しっかりとはめ込みます。

家具の構造が頑強となりますので、末永く、安心して、お使いいただけます。

ホゾ (1).jpg

↑ 「ほぞ組み」 です。

「ほぞ組み」 は、もともと桐タンスで使われる技法です。

しかしながら、桐タンスや、婚礼タンスの産地にあっても、昨今、「ほぞ組み」で、

家具を製作している工場は、非常に少ないです。

機械で、大量に生産できる、「ダボ組み」がほとんどのようです。

MODENA (モデナ) では、ノミやカンナを使える、熟練の家具職人が、

一品づつ丁寧に製作をしています。

外からは見えない部分ですが、内部も、大変優れた構造となっています。 

1モデナTV1800 016.jpg

↑ 天板は、ブラックウォールナットの無垢材で製作しています。  

MODENA (モデナ) は、上質なブラックウォールナットの無垢材を使用して製作しています。

一口に、ブラックウォールナット無垢材と言いましても、いろいろな種類やランクがあります。

 

節や欠点が少なく、最高ランクと言われる材が、⦅FASクラス⦆ です。

次が、節や欠点のあるタイプで、⦅ワンコモンクラス⦆。

その次が、節、欠点が、もう少し多い ⦅ツーコモンクラス⦆ などです。

 

MODENA (モデナ)では、最高ランクの、⦅FASクラス⦆ のブラックウォールナット材を

使用しています。  

1020a.jpg

↑ 左側の引き出しの内部です。 

引き出し内部が広めですので、大きなサイズの物なども収納できそうです。

仕切り板は取り外しや、取り付け位置の変更ができます。 

1021a.jpg

↑ 引き出し内部の仕切り板を、取り外すことができます。

仕切り板を取り外しますと、より大きなサイズの物を収納できます。 

1034a.jpg

↑ 引出しには、3段スライドレールを使用しています。

ですので、フルオープンします。 

奥に収納した物も、取り出しやすいです。 

1030a.jpg

↑ 右側の引き出しを開けた状態です。 

引き出しの内部は、上質な桐の無垢材で製作しています。

桐には、調湿効果、防虫効果などがあって、

大切なものを安心して収納していただくことができます。 

1モデナTV1800 019.jpg

↑ 右の引き出しを開けた状態です。

本体の内部に、機器類を収納することができます。 

1049a.jpg

↑ テレビボードの裏側の状態です。 

天板に、配線用の欠き込みがあります。(欠き込みを無しにすることもできます。) 

1050a.jpg

↑ 上部に置いたテレビと、テレビボード内の機器類の配線がしやすい設計、

構造となっています。  

1047a.jpg

↑ 機器類を収納する場所の背面は、オープンになっています。

 

MODENA (モデナ) は、ブラックウォールナット 以外の樹種でも製作できます。

製作できます樹種は、

1、ブラックチェリー材

2、ホワイトオーク材  柾目

3、ハードメープル材

4、ホワイトアッシュ材 です。 

すべて、北米産の銘木です。

そして、上記の 1~4の木の場合も、

すべて、最高ランク ⦅FASクラス⦆ の、無垢材 で製作いたします。 

 

仕上げ塗装は、ウレタンと、オイルでお選びいただけます。

ウレタンの場合は、 <150%ツヤ消し> という特殊な仕上げです。

<150%ツヤ消し> 仕上げですと、

まるで、オイル仕上げのような、自然な仕上がりです。

 

それぞれの樹種の、サンプル材の画像を撮ってみました。

1モデナTV1800 014.jpg

↑ 上の写真は、オイル仕上げです。 

左上が、ハードメープル、右上が、ホワイトアッシュ

左下が、ホワイトオーク、右下が、ブラックチェリーです。 

サンプル材も、良い素材でできていて、とても美しいです。

 

↓ 年輪もご覧いただけましたらと、思わず、立ててみました。 (ドミノみたいです ・・)

クオ中 木サンプル 019.JPG

ホワイトオークのサンプル材です。 ↑ 

ホワイトオークは、柾目だけでお作りします。

一般的には、家具材として使われる場合、オークは板目が多いです。

ただ、オークの板目は、割れや反りが生じる可能性があります。

 

MODENA (モデナ) では、

ホワイトオークの場合、すべて、柾目の無垢材でお作りします。

ブレシアTVオーク 003.JPG

↑ ホワイトオーク柾目材タイプの、テレビボードと、サイドキャビネットです。

(上の写真は、MODENA (モデナ)ではありませんが、

MODENA (モデナ)のホワイトオーク材タイプも同様の仕上げとなります。)

最高ランク ⦅FASクラス⦆ の、

ホワイトオーク柾目の無垢材を使用した家具というのは、大変希少のようです。 

1001a.jpg

MODENA (モデナ) は、

・お客様の、ご要望通りに、1センチ単位でフルオーダーができるテレビボードです。

・形やデザインにつきましても、お客様の希望に応じて、自由自在に製作ができます。

・素材は、最高ランク ⦅FASクラス⦆ の木だけを厳選しています。

・製作は、日本国内でも、指折りの卓越した技術をもつ家具工房で、

  熟練の職人が一台づつ丁寧に行います。

末長く、安心してお使いいただける、テレビボードです。

 

実際にお使いになられたご感想は、

「使いやすくスタイリッシュで、部屋全体の雰囲気にもマッチしていて

 大満足です♡」

 

T様に、ご満足いただけ、たいへん嬉しいです。

 

T様に、家具のご満足度5点をいただきました。

 

T様、この度は、アンケートのお便りをお送りいただきまして、ありがとうございます。

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢変形テーブル  PADOVA (パドヴァ) 

 につきまして詳しくは、こちらをご覧くださいませ。  ↓

ffafaaa.jpg 

BARINI(バリーニ) アームレスチェア につきまして詳しくは、こちらをご覧くださいませ。  ↓

FFさ~1.JPG

<至福のソファ> GRADO (グラード)  につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓fadad.jpg

MODENA (モデナ)につきまして、詳しくはこちらのページをご覧くださいませ。 ↓

1004a.jpg

GRVAボタン.jpg

<ウォルナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しています)

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

026_s.jpg

 

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.sakamitsu.jp/mt/mt-tb.cgi/1631
Listed below are links to weblogs that reference
〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢変形テーブル・他> (357) 広島市西区 T様 「使いやすくスタイリッシュで、大満足です♡」 from 広島・坂光家具のブログ

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> MODENA テレビボード > | BARINI チェア > | お客様からのレター > | 無垢変形テーブル PADOVA > | <至福のソファ> GRADO > 〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢変形テーブル・他> (357) 広島市西区 T様 「使いやすくスタイリッシュで、大満足です♡」

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top