Home

広島・坂光家具のブログ

〖お客様からのレター〗<無垢収納> LDボード (347) 広島市佐伯区 S様 「サイズもピッタリ、素材の質感も良くすばらしいです。」

こんにちは

 

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

  <無垢収納> LDボード  W 804 * D 400 * H 1750 棚板   です。

 

↓ 広島市佐伯区 S様からいただきました、お便りです。

img294.jpg

↓  <無垢収納> LDボード です。

fdaf.jpg

「以前に、購入したことがある」 

S様は、以前サカミツ家具で<無垢収納> LDボードをご購入くださいました。

ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

S様のように、一度サカミツ家具でご購入いただき、

再度ご購入してくださるお客様が、たいへん多いです。

サカミツ家具は、良質な家具を、皆様にお届けしたい、と思い続け、

創業以来60年間、日々、努力をかさねております。

これからも、皆さまのご愛顧にお応えできるよう、頑張ってまいりますので、

どうぞ、よろしくお願いします。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めて

「棚板を増やしたかったから

 

<無垢収納> LDボードは、食器棚としてはもちろん、本棚や飾り棚など、

いろんなご用途でお使いいただけます。

 

<無垢収納>の基本コンセプトは、フルオーダーが可能であることです。

ですので、高さや、ワイドの寸法、あるいは扉や引出しの個数なども、

ご要望通りに、製作ができます。

fdaf.jpg

写真のように、サイドボードと並べて設置するなど、お部屋に合わせて、

トータルコーディネイト製作が可能です。

 

<無垢収納>は、サカミツ家具で、企画・デザイン製作をしている、オリジナル家具です。

<無垢収納>には、大きく 「4つの特徴」 があります。

 

1. 天板、引出し、扉など、木そのままの、「無垢素材」でお作りしている点です。

2. ブラックウォールナットの木の中でも、節や欠点のほとんど無い、最高グレードの木で

   お作りしている点です。(ブラックチェリー・ホワイトオーク・ホワイトバーチでも製作可能)

3. 日本国内でも、最高グレードの卓越した技術をもつ、工房でお作りしている点です。 

4. すべて受注生産ですので、お客様のご要望通りで、

   1センチ単位のフルオーダー生産ができる点です。

 

製作は、熟練の職人さんが、一品づつ手をかけて、お作りしています。

木は、良い木(節や欠点のない)をきちんと選別します。

 

また、オイル仕上げなのですが、オイルを3回塗り重ねています。

オイルを塗って、研磨して、という作業を3回繰り返し、最後は、「施盤」という

機械で、最終仕上げをします。

この丁寧な作業によって、オイルが木の奥深くまで浸透し、硬化していきます。

結果、植物オイルらしい、しっとりした、いい感触となります。

 

製作の方法、構造は、生涯お使いいただくことのできる、

「婚礼たんす」と同じグレードです。

経年変化で、年々味わい深くなって、末永くお使いいただける家具です。

 

LDbo-do4.JPG

↑ 扉は、観音扉で、内部は、可動棚です。

棚を移動できますので、大きなものも、小さな物も、いろいろと収納できます。

S様のように、棚板を追加注文することも可能です。

内部も、扉も、すべて、ブラックウォールナットの天然木で仕上げています。

LDbo-do2.JPG

↑ 扉、天板、引出しの前板が、すべて最上級ブラックウォールナットの無垢の木です。

↓ コーナーは、 「トメ加工」 が、施されています。

LDbo-do5.JPG

「トメ加工」によって、扉を開けたときも、板どうしのつなぎ目が見えなくて美しいです。

また、45度のラインが、アクセントとなっていて綺麗です。

LDbo-do3.JPG

↑ 額縁の途中から内側に、少し傾斜がついています。

この傾斜が、デザインのアクセントになっていて、陰影が美しいです。

 

下部収納の扉も、ブラックウォールナットの無垢材でお作りしています。

無垢材とは、イコール"木そのまま"の状態です。

木は、家具になっても生きていますので、湿度の状態によって、伸縮します。

扉の無垢材が。伸縮しても良いように、「アリ組」という高度な技法を用いています。 ↓

1983D~1.JPG

上の写真の台形状になっている木にそって、伸縮できるようになっています。

 

<無垢収納>の仕上げは、透明な植物性オイルです。

ですので、ウォールナットの木そのままの色です。

5年、10年、20年とお使いになられるうちに、深く、よい味わいへと変化していきます。

それこそが、世界三大銘木と言われます、ブラックウォールナットの魅力といえそうです。

 

実際にお使いになられたご感想は、

「サイズもピッタリ、素材の質感も良くすばらしいです

 

S様に、気に入っていただけ、嬉しいです。

 

S様に、家具のご満足度5点をいただきました

 

S様、この度は、アンケートのお便りをお送りいただきまして、ありがとうございます。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。 

 

<無垢収納> LDボード につきまして、詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ。 ↓

Ldbo-do.JPG

 

<ウォルナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しています)

 

 ※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

026_s.jpg

 

〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢テレビボード> VALENTI(ヴァレンティ) (346) 広島県呉市 K様 「イメージ通りでよかった。」

こんにちは

 

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

 ウォールナット無垢テレビボード VALENTI(ヴァレンティ)

     W 1600 * D 448 * H 350          です。

 

↓ 広島県呉市 K様からいただきました、お便りです。

img293.jpg

↓ VALENTI(ヴァレンティ) テレビボードです。

1VALENTIテレビ 005.jpg

「ネット・ホームページをみて」

K様は、サカミツ家具のホームページをインターネットでご覧になって、

ご来店、ご購入くださいました。

最近は、K様のように、ホームページをご覧になったことが、きっかけで、

ご購入くださるお客様が、とても多いです。

お客様のご要望に応えられるような商品と、お役にたてる情報を、

ホームページやSNSにてお知らせできるよう努めてまいりたいと思います。

引き続き、末長いご愛顧をお願い申し上げます。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めては

「オーダーできたこと。」

 

引出しの前板を、最高ランク 《FASクラス》 の、ブラックウォルナット無垢材で製作しています。

240センチの長さで、横方向に、木目が綺麗につながっています。

 

節などが、ほとんど無い、最高ランクのブラックウォルナット材です。

1VALENTIテレビ 005.jpg

すっきりとしていて、モダンでスタイリッシュな印象です。

 

日本国内の、大変優れた家具工房で、匠の技術をもつ熟練の職人が、

一品づつ丁寧にお作りしています。

1VALENTIテレビ 013.jpg

天板も、最高ランク 《FASクラス》 の、ブラックウォルナットの無垢材で製作しています。

 

無垢材ですので、頑丈です。

また、自然な木そのものですので、お使いになればなるほど、

とてもいい味わいがでてくるようです。

 

ブラックウォルナットは、マホガニー、チークと並んで、世界三大銘木と称されています。

1VALENTIテレビ 006.jpg

↑ テレビボードと、シェルフの組み合わせです。

 

テレビボードと、シェルフという別々の家具ですが、先ほどの写真のように、

前板の木目が綺麗につながっています。

 

最高級の材を用いて、最高クラスの家具工房で製作しています。

末永くお使いいただける、本格的なオーダーメイド家具です。

1VALENTIテレビ 010.jpg

↑ 引出しの前板には、スリット穴があります。

 

このスリット穴から、リモコンの電波が通りますので、引出しを閉めたまま、

内部の機器の操作ができます。

引出しの前板は、ほんとうに美しいブラックウォルナット無垢材です。

1VALENTIテレビ 008.jpg

↑ 引出しの内部は、桐の無垢材で製作しています。

 

VALENTI(ヴァレンティ) テレビボードは、桐箪笥を作る家具工房で、製作しています。

桐箪笥は、現在の、日本の家具業界で、収納家具として最高クラスの構造、

仕様の商品と言ってよいかと思います。

 

VALENTI(ヴァレンティ)は、桐箪笥職人が、オーダーメイドで作り上げるテレビボードです。

 

実際にお使いになられたご感想は、

「イメージ通りでよかった。」

 

K様に、気に入っていただけたようで、大変嬉しいです。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。

 

K様、このたびは、アンケートのお便りをお送りいただきまして、

ありがとうざいます。

 

VALENTI(ヴァレンティ) テレビボードにつきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓ 

1VALENTIテレビ 005.jpg

 

<ウォルナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しいます)

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

 

026_s.jpg

【NEWモデル】ウォルナット無垢チェア デビューしました♪  座面が3D加工されていて、かつてない、画期的な座り心地です♡

こんにちは

この度、サカミツ家具では、【NEWモデル】ウォルナット無垢チェア

GENTILONI(ジェンティローニ) がデビューしました♫

 

座面が、3D加工されていて、身体をスキマなく包み込んでくれます。

座面と、背板が、ちょうど身体にジャストフィットして、とても座り心地がいいです♡

かつてない、画期的な座り心地です。

 

1ジェンティローニ 071.jpg

GENTILONI(ジェンティローニ) チェアです。

 

座り心地の良さだけを考えて、徹底的に、座り心地の良さにこだわっています。

サイズ感がよく、わたしたち、日本人に、ジャストフィットします。

 

1ジェンティローニ 054.jpg

ブラックウォルナット無垢材を使っていて、デザインも軽快感があってステキです。

 

 

1ジェンティローニ 022.jpg

座面と、背板の角度は、もっとも座り心地が良くなるように考えて製作しています。

 

身体全体を、スキマなく、きれいに面でひろってくれます。

面で、ひろってくれますので、身体に、ほとんど力を入れなくていいです。

足も、背中も、とても楽です。

 

長時間も、ゆったりと座れます。

 

1ジェンティローニ 020.jpg

↑ 座面は、3D加工しています。

 

前のほうが足に合わせて、少し下がっています。

お尻の部分も、少し傾斜しています。

 

日本国内の、卓越した技術をもつ、椅子の専門工房で、オーダーメイドしています。

座面の、3D加工は、とても難易度が高く、製作できる工房は、稀有です。

椅子を愛する、熟練の職人が、一品づつ丁寧に仕上げています。

 

1ジェンティローニ 046.jpg

↑ 座面の左右も、座りやすいように、R曲線を描いています。

 

座面の、前後と、左右に曲線をつける、3D加工です。

 

1ジェンティローニ 053.jpg

座面が、とても座りやすい形状となっています。

 

1ジェンティローニ 069.jpg

後ろ姿です。

GENTILONI(ジェンティローニ) の、もう一つの特筆すべき点が、この後ろ姿の美しさです。

かつて、これほどまでに、後ろ姿の美しさに、こだわり抜いた椅子は存在しましたでしょうか?

 

細部に至るまで、美デザインを追求しています。

 

1ジェンティローニ 040.jpg

背板は、上質なブラックウォルナットの突板材です。

 

その背板を、上質なブラックウォルナット無垢材の脚で支えています。

 

ブラックウォルナット材には、着色をしていません。

スッピン状態です。

ウォルナット本来の色です。

 

お使いになればなるほど、経年変化で魅力が増してくるようです。

 

1ジェンティローニ 045.jpg

ブラックウォルナットの表情が、素敵です。

ウォルナットの好きな方には、たまらない魅力があります。

 

背板と脚は、木と木の接合により、ネジのような部品が、外側には見えません。

それも、こだわりの一つです。

 

背中の無垢材は、取っ手のようになっていて、手でつかむことができます。

椅子の出し入れや、持ち運びに便利です。

 

GENTILONI(ジェンティローニ) は、

座り心地が良く、

そして、頑丈です。

構造的にも、とても強く作られています。

 

日本国内でも、最高クラスの、椅子専門工房で、お作りしています。

 

末永く、お使いいただけます。

ダイニング用でもいいですし、書斎用にもいいです。

奥様の家事ルームに置かれてもいいと思います。

 

比較的、軽くて、持ち運びがしやすいですので、

あらゆるシーンで、さっと使うことができます。

 

こんな椅子が1台あると、

毎日のワンシーンが、

さらに、ステキに、快適に、なりそうな予感 ・・

 

強くて、優秀な相棒として、

末永く、おつきあいいただけましたら、と思います。

 

ぜひ、サカミツ家具で、一度、お座りになってみてくださいませ♬

 

GENTILONI(ジェンティローニ)につきまして、詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1ジェンティローニ 058.jpg

 

商品は、オンラインショッピングページでご覧くださいませ ↓

◆天然温泉spaに入ってると、幸せな気分になります

私たち サカミツ家具は

天然 無垢の家具clover

みなさまが ほんの少しでも

“幸せな気持ちになれる”heart

お手伝いが できましたら

と思っています ・・notes

 

<ウォルナット家具の専門店>

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

〔TEL〕 082-278-7788

〔E-mail〕 info@sakamitsu.jp

〔HPアドレス〕 http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00~19:00

〔定休日〕 月・火曜日

(※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しています)

 

フェイスブック、インスタグラムも始めましたnote

こちらも、ぜひ、ご覧くださいませribbon

1yjimage[5] (2).jpg 【フェイスブック】 はコチラです ↓

https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

1yjimage[5] (1).jpg 【インスタグラム】 はコチラです ↓

https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいですnotes

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

みなさまの、お越しをお待ちしていますtulip

プロフィール写真 052.JPG

スタッフ 坂光です。

末長く、使える、いい家具をご提案させていただきますclover

お気軽に、お問い合わせくださいませnotes

 

サカミツ家具 【TEL】 082-278-7788   〔OPEN〕 10:00~19:00

 

サカミツ家具の、ホームページは、コチラです ↓

026_s.jpg

【納品事例】 <至福のソファ> (227) 広島県廿日市市 M様 VIALE (ヴィアーレ)

こんにちは

 

このたび、広島市安佐南区K 様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。

 

ご納品させていただきました家具は、

 

<至福のソファ> VIALE (ヴィアーレ) 2P ウォールナット材

     W 1500 * D 845 * H 790 * SH 400   ファブリックは、グリーンです。         

 

↓ M様から、お送りいただきました、ご納品写真です。

20180924_095748.jpg

20180924_100013.jpg

20180924_095021.jpg

M様は、メールも送ってくださいました。 ↓

「写真を送ります❗
居心地よく使っています‼
後ろもいいですね。」

<至福のソファ> VIALE (ヴィアーレ)  は、日本国内でも、

指折りの技術をもつ、至極の工房で、一品一品受注生産しています。

ウォールナットの中でも、節や欠点がほとんどない最高グレードの木を使っています。

背中部分は、たて格子のデザインが、とても美しいです。 

洋室にも、和室にもマッチし、品の良い立ち姿は、見とれてしまうほどです。↓

biare.jpg

<至福のソファ> VIALE (ヴィアーレ) は、座り心地の良さを追求し、

内部構造が大変優れています。 

 

ソファ本体と、座面クッションの内部には、

① イタリア インテス社製ウエービングテープ

② 55キロ/㎥  の高密度ウレタン

③ ハンガリー産マザーグース スモールフェザー

をお使いしていて、至福の座り心地です。

h_kouzou.jpg 

<至福のソファ> VIALE (ヴィアーレ)の座面は、

【イタリア インテス社製ウェービングテープ】が使用されています。 

そして、この ウェービングテープこそは、<至福のソファ>  の座り心地の良さの、

一番のポイントなのです。

 

ウェービングテープが、身体の形状と重さにしたがって、

ハンモックのようにそのまま自然に沈んでいきます。

ひたすら沈むのではなく、ほどよくサポートしてくれます。

ですので、底付き感がありません。

 

ウェービングテープは、ゴムのようにしなやかに伸縮します。

バネのように、押したら押し返すというような性質はありませんので、

下からの圧迫感を感じません。

長い時間座っていても、お尻が痛くなりません。

 

一般的に、日本製のウッドフレームソファは、ベンチのような構造が多いです。

板の上に、ウレタンだけというような感じです。

ウッドフレームタイプのソファは、木を使ったデザインは良いのですが、

座り心地のよろしくないソファが多いようです。

 

<至福のソファ> では、イタリアから、生産技術を導入して商品開発をしています。

イタリアの、トップブランドのソファメーカーから技術を導入しました。

 

ソファは、もともと西欧で生まれました。

靴を履いて暮らす生活ですので、西欧では、ソファやベッドは不可欠のようです。

 

イタリアのトップブランドメーカーのソファには、

【インテス社製ウェービングテープ】 が採用されています。

 

【インテス社製ウェービングテープ】 は、世界最高ランクの耐久性と、

座り心地と言われています。

とてもしっかりとしていて、生涯を通してお使いいただけるくらいの、耐久性があります。

 

<至福のソファ>に使われるウレタンは、50キロ/m3以上の高密度ウレタンです。

 8~10万回の耐久テスト (JIS基準) を実施し、それでもへたりません。

つまり、10年座っても、へたらないのです。

 

ウレタンは、比重が低いものほどへたりやすい性質があります。

一般的なソファで20~25キロ/m3くらいです。

3万円代くらいのコストバリューなソファでは、15キロ/m3

イタリアなどのブランドソファでも、30~35キロ/m3くらいのようです。

(ソファをご購入の際には、このウレタンの比重を確認されるとよいかもしれません。)

 

フェザーは、ハンガリー産のマザーグーススモールフェザーを、

一台あたり10キロ以上使用しています。

スモールフェザーは、自然素材ですので、とても心地いいです。

1画像フェザー 014.jpg 

<至福のソファ> では、ファブリックは、すべてイタリアから直輸入しています。

イタリアのファブリックの中でも、ハイグレードなタイプです。

イタリアのトップブランドのソファメーカーで使用しているファブリックと同等もしくは、

それ以上のグレードのタイプもあります。

ファブリックの種類は、200種類以上あります。 

 

↓ サカミツ家具ショップ内の、ソファファブリックコーナーで、

そのすべてのファブリックをご覧いただけます。

040_sファブリック.jpg

ロールで輸入しますので、大変な量のファブリックを国内に保有しています。

 

日本国内で、これだけの種類とグレードで、

イタリア直輸入のファブリックをお選びいただけるソファは、他にはありません。 

<至福のソファ>は、全てカバーリングですので、着せ替えを楽しんでいただけます。

ファブリックを替えると、ガラッと雰囲気がかわります。

 

これだけの素材を使用したソファは、

日本国内にも、あるいは世界的に見ましても、他には無いと言えると思います。

 

M様邸に、ぴったり合っていてとても素敵です。

M様、この度は、素敵なご納品写真とメールをお送りいただきましてありがとうございました。

 

<至福のソファ> VIALE (ヴィアーレ) につきまして詳しくは、こちらをご覧くださいませ。↓

ヴぃあーれ.jpg

 

<ウォルナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 

10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しいます)

 

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

 

026_s.jpg

〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢テーブル>・<至福のソファ> (345) 広島市佐伯区 S様 「♡最高にうれしいです♡」

こんにちは

 

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

1. <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GRAZIAⅡ(グラッツィアⅡ) 

    W 1500 * D 850 * H 700

2. <至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ)3P ウォールナット材  です。

 

↓ 広島市佐伯区 S様からいただきました、お便りです。

img292.jpg

S様は、ご納品写真も送ってくださいました。 ↓

IMG_5467.jpg

IMG_5468.jpg

IMG_5471.jpg

↓ <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) です。

1GRAZ~4.JPG

↓ <至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) です。 

fdasfada.jpg

「たまたま通りかかった」

「いろいろな家具屋さんを回っていて、みつけたので」

S様は、サカミツ家具の前を、たまたまお通りになってご来店くださいました。

S様のように、偶然通りかかってご購入されるお客様も多いです。

引き続き末永いご愛顧を、よろしくお願い申し上げます。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めては

「至福のソファは、座り心地が最高で、

  ていねいにつくられていて、夫婦2人の意見が一致して

 「これだ!!」って思ったからです。」

 

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)は、世界三大銘木、ブラックウォールナットの中でも、

厳選された美しい材を使用しています。

北米アパラチアン山脈から切り出されたウォールナットの木を丸太の状態で輸入し、

節や欠点の少ない部分を選んでお作りしています。 ↓

10B41~1.JPG

熟練の家具職人が、一枚一枚のテーブルごとに、長年の経験にもとづいて

使う気を選別し、丁寧に木取りを行い、製作しています。

 

一口に、"ウォールナットの無垢テーブル" と言いましても、実は色々なタイプがあるようです。

天然素材という点で、例えばお寿司などと似ています。

お寿司屋さんに行きますと、マグロの中には、赤身もあればトロもあります。

また、同じお寿司でも、回転すし、スーパーのお弁当、あるいは、

板前さんが握るタイプのものがあります。 

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)に使われているウォールナットは、

まぐろで言いますと、トロの部分といえそうです。

 

昨今の、日本の家具市場では、

ブラックウォールナット無垢テーブルと言いましても、

ホワイトウォールナット(?)と申したくなるような、白っぽい材も増えているようです。

ウォールナット特有の、赤黒い色調の材は、とても希少のようです。 

日本の、一般的な家具メーカーでは、

ウォールナット材を、商社等経由して、ランダムな板の状態で調達しています。 

<サカミツ家具オリジナルテーブル> では、

ブラックウォールナットの丸太材を、独自のルートで調達して、

その丸太材からテーブルを製作しています。

ですので、大変希少な、大トロ、中トロの材を使用することができます。

 

↓ 北海道に入荷してきた、ブラックウォールナットの丸太材です。 IMG3900.jpg

ウォールナットは、世界的に人気のある木です。

北米アパラチア山脈で産出されますが、日本に入ってきますのは、全体の3%ほどで、

多くは、アメリカ、中国などの大消費国向けです。

良質なウォールナットの木は、とても少なくなってきました。 

ウォールナットの丸太材の中でも、20%くらいしかとれない綺麗な部分をお使いしています。 ↓

aafasd.jpg

木目が美しいです。

透明なウレタン塗装仕上げなので、ブラックウォールナットそのものの自然な色です。

 

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)は、日本でも指折りの技術力のある、北海道の優れた工房で、

匠の職人が、一品一品丁寧に作り上げていきます。

この工房は、大正時代に創業され、90年近い歴史があり、"坂本九記念館" で、

数字の「9 」 の形をしたテーブルを作るなど、オーダー家具生産を得意としています。

熟練の家具職人が、一品一品、丁寧にお作りしていますので、

製品の精度が高く、強度があり耐久性も抜群です。

 

天板の厚みは、3センチあります。

木口面がストレートで、モダンでスタイリッシュなデザインです。 ↓

17514~1.JPG

脚は、8センチ角の正方形で、ストレート4本脚です。

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)は、GRAZIA (グラッツィア)より、

脚が外側に取り付けられています。

ですので、足元が、広々としていて、脚と脚の間にサイドチェアが3脚、横に並んで入ります。

 

Y様邸の他の家具や、床と同系色で統一感があって、とても素敵です。

ぐらっついあ2.JPG

脚と天板は、天板の裏に金属板が埋め込まれ、その金属板と、

金属ビスで頑丈に接合されています。 ↓

gurattuia3.JPG

天板の木口とほぼ同じラインで、外側に取り付けていますので、足元が広いです。 ↓

1GRAZ~1.JPG

天板と脚の接合部も、しっかりとしています。

 

天板にも脚にも、すべて2ミリのR(丸み)をつけています。

あまりめだたない点ですが、熟練の家具職人が、一品一品手作業で

丹精込めてお作りしています。

 

<サカミツ家具オリジナルテーブル>の共通仕様としまして、

天板の下に、金属製の反り止めを埋め込んでいます。

ですから、幕板や反り止め材など、出っ張った木がありませんので、

ゆったりと足組みができます。 ↓

1GRAZI~1s.JPG

また、アームチェアも、天板下に収めていただけます。 ↓

グラッツィア05e.jpg

そして、すっきりとした印象のデザインになっています。 

 

" 無垢ソファ" の最高峰、<至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ)は、

ホワイトオーク・ブラックウォールナット・チェッリーの中でも最高峰の木を使い、

また、座り心地がとてもいいソファです。 

 

無垢の木を使っていて、同時に、座り心地も良いソファは稀有なようです。

fdasfada.jpg

↑  <至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) 本革タイプです。(ウォールナット材)

 

本革のカバーは、ファブリックタイプと同様にカバーリングですので、着脱できます。

また、革は、厚みのある革で、高級乗用車のシートと同じグレードの、上質なタイプです。

DIVAN~2.JPG

木部には、一枚板を使用しています。

節や欠点の少ない、最高峰と言われる部分を厳選しています。

 

無垢の木を使った、男性的な力強さとともに、女性的で繊細な美しさが感じられるソファです。

DIVAN~3.JPG

↑ アームには、45度の 「トメ加工」 を施しています。

 

ソファのアームに、45度の 「トメ加工」 を施すことは、

政策面での難易度が高いようです。

45度の 「トメ加工」 により、接合面積が増えて、強度が増します。

また、ソファを正面から見た時に、一枚板が、際立って美しい表情となります。

DIVAN~4.JPG

<至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) は、

家具作りにおいて、日本でも指折りの技術をもつ、

大変優れた家具工房でお作りしています。

 

細かい部分の仕口、仕上げが丁寧で、美しく、手でさわっていても心地いいいです。

木は、もともと植物で自然素材です。

自然素材の良さ、優しさがそのまま伝わってくるようです。

1DIVAN~2.JPG

<至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) の、大きな特徴は、" 座り心地の良さ " です。

座面は、少し広めで、ゆったりとリラックスできます。

 

ウッドフレームのソファは、一般的には、床板が板であったり、

ベンチのような座り心地のタイプが多いです。

その点で、<至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) は、

座面や、背中が <至福のソファ>の標準仕様になっていて、

長時間、心地よくお座りいただけます。

 

座面は、

 【インテス社ウエービングテープ】

【55キロ/㎡の高密度ウレタン】

+

【ハンガリー産マザーグーススモールフェザー】

の構造で、底つき感がありません。

長時間座っていても、腰や背中、お尻など、身体の一部が痛くなったりせず、心地よいです。

 

また、ソファ全体が、少し後ろに傾斜しています。

サイズとデザインwp機密に計算し、座り心地の良さを追求しています。

わたしたち、日本人にサイズ感がぴったりで、とても座りやすいソファです。

DIVAN1.JPG 

↑  <至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) は、後ろから見た姿も素敵なソファです。

 

一枚板が横に続く、水平的なラインが美しいです。

 

木部は、すべて最上級の一枚板です。

1D642B~1.JPG

↑ 縦ラインの木には、

稀少な、8 / 4 インチ(約5センチ)の無垢材をお使いしています。

 

背中の上の段の、背板の断面は、5角形になっています。

木部のあらゆる面で、微妙あな角度をたつけ、座り心地の良さを追求しています。

 

水平、直角だけのデザインでない点では、"職人泣かせ"のソファでもあります。

1DIVAN~1.JPG 

↑ サカミツ家具に展示しているタイプは、本革のカバーリングタイプです。

本革タイプのクッションは、上の写真のように空気孔がありますので、

座った時に自然に空気が抜けます。

1DIVAN~3.JPG

↑ クッションは、すべてカバーリングタイプです。

ファスナーを開けて、中身を取り出すことができます。

 

上の写真は、ピロークッションで、中身は、

すべて【ハンガリー産マザーグーススモールフェザー】です。

【ハンガリー産マザーグーススモールフェザー】は、羽毛布団と同じで、自然素材です。

 

自然素材ですので、よりかかったりしても自然な形で沈んでくれて、とっても気持ちいいです。

DIVAN~5.JPG

↑ 背中や、座面のクッションもカバーリングタイプです。

カバーを開けて、中身のウレタンだけを交換することもできます。

1DIVAN~4.JPG

↑ クッションは、置き型ですので、取り外すことができます。

 

上の写真は、クッションを取り外した状態です。

床板の、グレー色に見える部分の中には、

【インテス社ウエービングテープ】が張り巡らされています。

ハンモックのような働きをして、体圧を分散します。

 

【インテス社ウエービングテープ】は、主として、イタリアのソファメーカーで使用され、

世界最高ランクの品質です。

耐久性が抜群で、通常の使用状態でしたら、生涯を通してお使いいただくことができます。

でぃヴぁーの.JPG

↑  【インテス社ウエービングテープ】です。

(上の写真は、<至福のソファ> GRADO (グラード) の内部構造です。)

でぃヴぁーの1.JPG

↑  【インテス社ウエービングテープ】 の上に、直接座っても、

ハンモックのように耐圧分散され、心地いいです。

 

このウェービングテープが、

<至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) の、座り心地の良さの"要"の働きをしています。

DSC_0537-thumb-600x903-5636.jpg

↑ 【インテス社ウエービングテープ】 部分だけを取り外すこともできます。

 

<至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ)は、

1. 最高の無垢材をつかって

2. 最高の家具工房でお作りし、

3. ウッドフレームソファとして、最高の座り心地のソファです。

 

座り心地につきましては、<至福のソファ>  の共通仕様であります。

【インテス社ウエービングテープ】 + 【55キロ/㎡の高密度ウレタン】 + 

【ハンガリー産マザーグーススモールフェザー】 で、長時間、心地よくお座りいただけます。 ↓

ディヴァーの3.JPG

ソファカバーは、カバーリングで、中身のウレタンも交換可能です。

部材をチェンジしながら、生涯を通して、心地よく、お座りいただけるソファです。

 

実際にお使いになられたご感想は、

「とても気にいってます。

 毎日、このソファに座るのが楽しみです♡

 最高にうれしいです♡まさに至福のソファです。

 テーブルも、ウォールナッツの色で、形もシンプルで

 飽きもこなくずっと使っていきたいです。」

 

S様に、気に入っていただけ、大変嬉しいです。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。

 

S様に、家具のご満足度5点をいただきました。

 

S様、このたびは、アンケートのお便りをお送りいただきまして、

ありがとうざいます。

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) 

 につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓  

1GRAZ~4.JPG

<至福のソファ>  DIVANO (ディヴァーノ) につきまして、詳しくは、

 こちらのページをご覧くださいませ。 ↓

fdasfada.jpg 

 

<ウォルナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

〔OPEN〕 

10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しています)

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

026_s.jpg

 

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top