Home> VALENTINA サイドチェアアーカイブ

【VALENTINA サイドチェア】のカテゴリ

〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢テーブル・チェア・ベンチ> (303) 宮城県仙台市 Y様 「どれをとっても最高です。」

こんにちは

 

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

1. <サカミツ家具オリジナル>  ウォールナット無垢テーブル VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)

    W 1600 * D 8500 * H 650 

   2. <ウォールナット無垢チェア>  VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア   2脚 

   3.  VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ3P ウォールナット材 W1610       です。

 

↓  宮城県仙台市 Y様 からいただきました、お便りです。

yayayayayaya.jpg

Y様は、ご納品写真も送ってくださいました。 ↓

やにゃ.JPG

DSC_0760.JPG

↓ <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル  VILLAⅡ (ヴィッラⅡ) です。

1VILLAⅡ 001.jpg

↓ VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア です。

1コーモド a-mu 017.jpg

↓ VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ です。1VALLETTIアーム 055.jpg

「ネット・ホームページをみて」

Y様は、サカミツ家具のホームページをインターネットでご覧になって、

ご購入くださいました。

最近は、Y様のように、インターネットをご覧になったことが、きっかけで、

ご購入くださるお客様が、とても多いです。

お客様のご要望に応えられるような商品と、お役にたてる情報を、

ホームページにてお知らせできるよう努めてまいりたいと思います。

引き続き、末長いご愛顧をお願い申し上げます。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めては

「デザインの繊細さ、素材へのこだわり

 丁寧で親切な応対」

 

<サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  の天板は、

3センチ厚の、ウォールナットの無垢の木で作られています。

ウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、ハイグレードの木が使われています。

北海道にある大変優れた工房で、熟練の家具職人が、一品づつ丁寧に、お作りしています。

 

VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  の最大の特徴は、天板外側の木口部分です。

自然なラインでカーブしている、デザインになっています。

そして、このカーブの曲線は、機械で作った、人工的なカーブではありません。

ウォールナットの丸太材の樹皮をとった状態の、「 自然そのままのカーブ曲線 」 なのです。

 1VILLAⅡ 040.jpg

↑ 大自然が作り出した、天然のカーブ曲線です。

見ていても、さわっていても、木の優しさ、味わいが感じられるようです ・・・ 

 

VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  は、

ウォールナットの無垢天板に、自立式の 「T型脚」 を組み合わせています。

1VILLAⅡ 015.jpg

脚の取り付け位置は、「外から内へ」 3段階にチェンジできます。

ですから、ワイド方向の足元を広くしたり、あるいは、奥行方向から座るスペースを広くしたりと、

使い勝手に合わせて変更できます。

T型脚の取り付け位置を変更するときには、

テーブルを裏返して、六角レンチで脚の取り付けネジを取り外し、

希望の場所に付け替えるだけで簡単にできます。

 

また、T型脚の足元には、幅広の12センチの、「ウォールナット一枚板」 を使っています。

足元も美しいテーブルです。

1VILLAⅡ 045.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。) 

1コーモド a-mu 017.jpg

美しいデザインの、椅子です。

 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 069.jpg

↑ 座面は、ほどよいR曲線を描いています。

包み込まれるようで、とても座りやすいです。 

1コーモド a-mu 018.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインで作ることで、軽さを実現しました。 

1コーモド a-mu 019.jpg

↑ 脚から、背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

とくに、背中の3次元的な、オリジナルのカーブ曲線が素敵です。

座り心地の良さを追求して、身体の曲線に合わせて作り上げています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。

 

注目すべきは、座面と背中の木との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

座面と背中の木が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 045.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、

ほどよくフィットしてくれます。長時間座っていても、心地いいです。 

1コーモド a-mu 078.jpg

背中には、「削りだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。  

1コーモド a-mu 020.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 021.jpg

↑ 横から見た姿です。

繊細ともいえる、細くデリケートなラインで構成されています。

 

脚と脚の間には、ヌキ材などの木は、なにもありません。

座面と、脚と、背板というシンプルな構造です。

シンプルですから、重量は軽く、そして、美しいです。 

1コーモド a-mu 023.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 024.jpg

後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチは、すっきりとしていて、

モダンでスタイリッシュなデザインです。

そして、何よりの特徴は、座り心地です。

とても、座り心地のいい、ベンチです。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチの木部は、無垢材です。

ウォールナット、ブラックチェリー材、オーク材で、ご製作ができます。  

日本国内でも、有数の優れた技術をもつ家具工房で、一品づつ丁寧に製作しています。 

1VALLETTIアーム 053.jpg

 VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチの座面は、

ゆったりとしていて、丸みを帯びたR曲線を描いています。

1VALLETTIアーム 054.jpg

背中も、同じように、ゆったりとしていて、丸みを帯びた曲線を描いています。

 

座面も、背中もソフトレザー仕上げです。

ソフトレザーですので、水などこぼしても、拭き取っていただけます。

本革や、ファブリック仕上げでも、ご製作できます。 

1VALLETTIアーム 055.jpg

座面と、背中が、丸みを帯びていて、包み込まれるようで、とても座り心地がいいです。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチは、

本革張りソファの製造などにも、高度な技術をもつ家具工房で製作しています。

ですので、本革や、ソフトレザーの縫製が綺麗です。

 

そして、ベンチですが、ソファのような座り心地を実現できました。

1ヴァレッティ3点 035.jpg

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチは、

ベンチですが、ちょっとソファのような感じです。

 

今、家具の市場では、

背付きベンチで、背中もクッション性のあるタイプは、意外に少ないです。

それで、よくお客様は、

「ダイニングテーブルに、ソファのようなベンチを合わせたい」

とおっしゃられます。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ では、

背中にもクッション性がありますので、もたれかかった時に、心地いいです。 

1VALLETTIアーム 056.jpg

↑ レザーと、無垢材で構成されていて、ステキなデザインです。

 ベンチ単独で置いていても、絵になりそうです ・・ 

1VALLETTIアーム 057.jpg

VALLETTI (ヴァッレッティ) は、とても、座りやすいベンチです。

 

アームはスリムですので、座る部分が広いです。

座面には、厚みのある、高密度ウレタンが入っていますので、

ほどよく体圧分散されて、お尻などが痛くないです。

 

サカミツ家具のショップ内に、VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ を展示しています。

展示して間もないのですが、ベンチを選び始めると、

多くのお客様が、「このベンチがいい」 と言われます。

 

座ったときに、なんだか、しっくりくると言いますか、

なんとなく、そこに、(だらだらと ・・)いたくなってしまうようなベンチなのです。

その点では、ソファみたいなのですが、

ただ、ソファとは、良さが違います。

 

ベンチとしての、座面の高さがありますので、

寛ぎながら、お食事もできますし、テーブルの上で、本や新聞を読んだり、

なにか書いたりもできます。

 

大人の方にはもちろんですが、お子様たちにも、人気です。

「ぼく (わたし) これがいい」

と言ってくれたりします。

(スタッフとしては、すごく嬉しい言葉です ♡ ) 

1VALLETTIアーム 058.jpg

↑ デザインと、座り心地のポイントは、ハーフアームです。

ちょっと肘を置いていただけるように、ハーフアームが付いています。

 

ベンチで、ハーフアームが付いているタイプというのも、希少です。

ちょっと可愛いデザインでもあります ・・

 

後ろ脚と、ハーフアームが一体になっていて、流れるような美しいラインを描いています。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) は、大変、優れた技術をもつ家具工房で、一品づつ製作しています。 

1VALLETTIアーム 072.jpg

↑ ハーフアームは、とても美しいです。

(思わず、アップで撮ってしまいました)

これだけアップで撮っても美しい家具は、でも、意外に少ないかもしれません ・・

 

後ろ脚と、ハーフアームは、<もちだし工法> という高度な技法を用いて、接合しています。

ハーフアームの下が、下方向に延びて、後ろ脚と接合されています。

 

また、接合部分には、<さすり工法> という技法を用いています。

<さすり工法> とは、手でさすっても段差が感じられない程、滑らかに表面を仕上げる技法です。

最後は、職人が一品づつ、手仕事でさすって仕上げていきます。

 

これだけの高度な技法を用いて製作したベンチも、少ないと思います。

ハーフアームは、無垢材で製作しています。

木のもつ何とも言えない、いい味わいが感じられます ・・

 

↓ ハーフアームに、ちょっと肘を置いていただけます。

1VALLETTIアーム 077.jpg

ちょっと肘を置けますので、楽です。

 

長時間、心地よくお座りいただけます。  

1VALLETTIアーム 085.jpg

↑ 後ろ姿も素敵です。

 

木部は、すべて、無垢材で製作しています。

ベンチは、普段、後ろ姿を見ることも多いと思います。

お部屋の真ん中に配置されても、素敵かもしれません ・・ 

1VALLETTIアーム 082.jpg

ベンチの大きさのタイプには、3種類あります。

2P(W1165)、2,5P(W1410)、3P(W1610)です。

2,5Pと、3Pタイプには、背中の真ん中に二本の木 (↑上の写真です) が

取り付けられています。(2Pタイプには、ありません) 

1VALLETTIアーム 083.jpg

↑ 真後ろから見た姿です。

 

座面が、大きめの円弧を描いているのがよくわかります。

丸みがあって、ゆったりとお座りいただけます。

 

無垢材のもつ良い味わいが、豊かに感じられる家具です。 

1VALLETTIアーム 080.jpg

↑ 背中には、移動しやすいように、手掛けが、2か所に掘り込んであります。 

1ヴァレッティ3点 001.jpg

↑ 手掛けをもって、移動することができます。

ベンチを引くときに、かなり便利です。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ は、

とても、座り心地がいいです。

ソファみたいにして、お寛ぎいただけます。

 

日本国内の、大変優れた家具工房で製作していて、

細かい部分に至るまで、綺麗に仕上げています。

末永く、お使いいただける、本格的なベンチです。

 

実際にお使いになられたご感想は、

「 デザイン・質感・使い心地・・・

 どれをとっても最高です。

 探し求めていた家具にようやく出逢えた感じです。

 居心地のよいテーブル・椅子を中心に、

 家族でゆっくり過ごす時間が増えました。

 ありがとうございました!!」 

 

Y様に、気に入っていただけたようで、大変嬉しいです。

 

Y様に、家具のご満足度5点をいただきました。

 

Y様、このたびは、アンケートのお便りをお送りいただきまして、ありがとうざいます。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)   

 につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓  

1VILLAⅡ 001.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 017.jpg

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチにつきまして、詳しくは、こちらのページをご覧ください ↓

1VALLETTIアーム 053.jpg

 

<ウォルナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しています)

  

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

026_s.jpg

【納品事例】 <ウォールナット無垢テーブル・チェア・ベンチ> (211) 宮城県仙台市 Y様 VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)

こんにちは

 

このたび、宮城県仙台市 Y様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。

 

ご納品させていただきました家具は、

 

 1. <サカミツ家具オリジナル>  ウォールナット無垢テーブル VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)

    W 1600 * D 8500 * H 650 

   2. <ウォールナット無垢チェア>  VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア   2脚 

   3.  VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ3P ウォールナット材 W1610

 

↓ Y様から、お送りいただきました、ご納品写真です。 

やにゃ.JPG

DSC_0760.JPG

↓ Y様は、メールも送ってくださいました。

「おはようございます。


3月29日に納品していただきました仙台市のYです。


遅くなりましたが、納品写真を送付いたします。


商品決定前は、細々とした質問にも丁寧にご対応いただき

ありがとうございました。


親身になって一緒に考えてくださったことで、

現物を見ないでの購入に抱いていた不安も消え、

安心して納得のいく買い物ができました。


テーブルもベンチも椅子も、本当にどれも素敵で、

毎日見るたびウキウキした気持ちになります。


座り心地も、少し心配していたテーブルや椅子の高さ等もとてもしっくりきて、

食事の時間以外でもベンチに座ってくつろぐことが多くなりました。


本当に良い買い物ができました。


ありがとうございました!!」

 

Y様に喜んでいただけ、たいへん嬉しく思います。

Y様は、テーブルの高さを65センチにされ、チェアやベンチのシートハイも低くされました。

ナチュラルな色合いのY様邸に、ウォールナットの家具がはえて、とても素敵です。

 

<サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  の天板は、

3センチ厚の、ウォールナットの無垢の木で作られています。

ウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、ハイグレードの木が使われています。

北海道にある大変優れた工房で、熟練の家具職人が、一品づつ丁寧に、お作りしています。

 

VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  の最大の特徴は、天板外側の木口部分です。

自然なラインでカーブしている、デザインになっています。

そして、このカーブの曲線は、機械で作った、人工的なカーブではありません。

ウォールナットの丸太材の樹皮をとった状態の、「 自然そのままのカーブ曲線 」 なのです。

 1VILLAⅡ 040.jpg

↑ 大自然が作り出した、天然のカーブ曲線です。

見ていても、さわっていても、木の優しさ、味わいが感じられるようです ・・・ 

 

VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  は、

ウォールナットの無垢天板に、自立式の 「T型脚」 を組み合わせています。

1VILLAⅡ 015.jpg

脚の取り付け位置は、「外から内へ」 3段階にチェンジできます。

ですから、ワイド方向の足元を広くしたり、あるいは、奥行方向から座るスペースを広くしたりと、

使い勝手に合わせて変更できます。

T型脚の取り付け位置を変更するときには、

テーブルを裏返して、六角レンチで脚の取り付けネジを取り外し、

希望の場所に付け替えるだけで簡単にできます。

 

また、T型脚の足元には、幅広の12センチの、「ウォールナット一枚板」 を使っています。

足元も美しいテーブルです。

1VILLAⅡ 045.jpg

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。) 

1コーモド a-mu 017.jpg

美しいデザインの、椅子です。

 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 069.jpg

↑ 座面は、ほどよいR曲線を描いています。

包み込まれるようで、とても座りやすいです。 

1コーモド a-mu 018.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインで作ることで、軽さを実現しました。 

1コーモド a-mu 019.jpg

↑ 脚から、背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

とくに、背中の3次元的な、オリジナルのカーブ曲線が素敵です。

座り心地の良さを追求して、身体の曲線に合わせて作り上げています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。

 

注目すべきは、座面と背中の木との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

座面と背中の木が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 045.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、

ほどよくフィットしてくれます。長時間座っていても、心地いいです。 

1コーモド a-mu 078.jpg

背中には、「削りだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。  

1コーモド a-mu 020.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 021.jpg

↑ 横から見た姿です。

繊細ともいえる、細くデリケートなラインで構成されています。

 

脚と脚の間には、ヌキ材などの木は、なにもありません。

座面と、脚と、背板というシンプルな構造です。

シンプルですから、重量は軽く、そして、美しいです。 

1コーモド a-mu 023.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 024.jpg

後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチは、すっきりとしていて、

モダンでスタイリッシュなデザインです。

そして、何よりの特徴は、座り心地です。

とても、座り心地のいい、ベンチです。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチの木部は、無垢材です。

ウォールナット、ブラックチェリー材、オーク材で、ご製作ができます。  

日本国内でも、有数の優れた技術をもつ家具工房で、一品づつ丁寧に製作しています。 

1VALLETTIアーム 053.jpg

 VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチの座面は、

ゆったりとしていて、丸みを帯びたR曲線を描いています。

1VALLETTIアーム 054.jpg

背中も、同じように、ゆったりとしていて、丸みを帯びた曲線を描いています。

 

座面も、背中もソフトレザー仕上げです。

ソフトレザーですので、水などこぼしても、拭き取っていただけます。

本革や、ファブリック仕上げでも、ご製作できます。 

1VALLETTIアーム 055.jpg

座面と、背中が、丸みを帯びていて、包み込まれるようで、とても座り心地がいいです。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチは、

本革張りソファの製造などにも、高度な技術をもつ家具工房で製作しています。

ですので、本革や、ソフトレザーの縫製が綺麗です。

 

そして、ベンチですが、ソファのような座り心地を実現できました。

1ヴァレッティ3点 035.jpg

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチは、

ベンチですが、ちょっとソファのような感じです。

 

今、家具の市場では、

背付きベンチで、背中もクッション性のあるタイプは、意外に少ないです。

それで、よくお客様は、

「ダイニングテーブルに、ソファのようなベンチを合わせたい」

とおっしゃられます。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ では、

背中にもクッション性がありますので、もたれかかった時に、心地いいです。 

1VALLETTIアーム 056.jpg

↑ レザーと、無垢材で構成されていて、ステキなデザインです。

 ベンチ単独で置いていても、絵になりそうです ・・ 

1VALLETTIアーム 057.jpg

VALLETTI (ヴァッレッティ) は、とても、座りやすいベンチです。

 

アームはスリムですので、座る部分が広いです。

座面には、厚みのある、高密度ウレタンが入っていますので、

ほどよく体圧分散されて、お尻などが痛くないです。

 

サカミツ家具のショップ内に、VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ を展示しています。

展示して間もないのですが、ベンチを選び始めると、

多くのお客様が、「このベンチがいい」 と言われます。

 

座ったときに、なんだか、しっくりくると言いますか、

なんとなく、そこに、(だらだらと ・・)いたくなってしまうようなベンチなのです。

その点では、ソファみたいなのですが、

ただ、ソファとは、良さが違います。

 

ベンチとしての、座面の高さがありますので、

寛ぎながら、お食事もできますし、テーブルの上で、本や新聞を読んだり、

なにか書いたりもできます。

 

大人の方にはもちろんですが、お子様たちにも、人気です。

「ぼく (わたし) これがいい」

と言ってくれたりします。

(スタッフとしては、すごく嬉しい言葉です ♡ ) 

1VALLETTIアーム 058.jpg

↑ デザインと、座り心地のポイントは、ハーフアームです。

ちょっと肘を置いていただけるように、ハーフアームが付いています。

 

ベンチで、ハーフアームが付いているタイプというのも、希少です。

ちょっと可愛いデザインでもあります ・・

 

後ろ脚と、ハーフアームが一体になっていて、流れるような美しいラインを描いています。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) は、大変、優れた技術をもつ家具工房で、一品づつ製作しています。 

1VALLETTIアーム 072.jpg

↑ ハーフアームは、とても美しいです。

(思わず、アップで撮ってしまいました)

これだけアップで撮っても美しい家具は、でも、意外に少ないかもしれません ・・

 

後ろ脚と、ハーフアームは、<もちだし工法> という高度な技法を用いて、接合しています。

ハーフアームの下が、下方向に延びて、後ろ脚と接合されています。

 

また、接合部分には、<さすり工法> という技法を用いています。

<さすり工法> とは、手でさすっても段差が感じられない程、滑らかに表面を仕上げる技法です。

最後は、職人が一品づつ、手仕事でさすって仕上げていきます。

 

これだけの高度な技法を用いて製作したベンチも、少ないと思います。

ハーフアームは、無垢材で製作しています。

木のもつ何とも言えない、いい味わいが感じられます ・・

 

↓ ハーフアームに、ちょっと肘を置いていただけます。

1VALLETTIアーム 077.jpg

ちょっと肘を置けますので、楽です。

 

長時間、心地よくお座りいただけます。  

1VALLETTIアーム 085.jpg

↑ 後ろ姿も素敵です。

 

木部は、すべて、無垢材で製作しています。

ベンチは、普段、後ろ姿を見ることも多いと思います。

お部屋の真ん中に配置されても、素敵かもしれません ・・ 

1VALLETTIアーム 082.jpg

ベンチの大きさのタイプには、3種類あります。

2P(W1165)、2,5P(W1410)、3P(W1610)です。

2,5Pと、3Pタイプには、背中の真ん中に二本の木 (↑上の写真です) が

取り付けられています。(2Pタイプには、ありません) 

1VALLETTIアーム 083.jpg

↑ 真後ろから見た姿です。

 

座面が、大きめの円弧を描いているのがよくわかります。

丸みがあって、ゆったりとお座りいただけます。

 

無垢材のもつ良い味わいが、豊かに感じられる家具です。 

1VALLETTIアーム 080.jpg

↑ 背中には、移動しやすいように、手掛けが、2か所に掘り込んであります。 

1ヴァレッティ3点 001.jpg

↑ 手掛けをもって、移動することができます。

ベンチを引くときに、かなり便利です。

 

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチ は、

とても、座り心地がいいです。

ソファみたいにして、お寛ぎいただけます。

 

日本国内の、大変優れた家具工房で製作していて、

細かい部分に至るまで、綺麗に仕上げています。

末永く、お使いいただける、本格的なベンチです。

 

Y様、この度は素敵なご納品写真とメールを、お送りいただきましてありがとうございました。

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)   

 につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓  

1VILLAⅡ 001.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 017.jpg

VALLETTI (ヴァッレッティ) 背付きベンチにつきまして、詳しくは、こちらのページをご覧ください ↓

1VALLETTIアーム 053.jpg

 

<ウォールナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しています)

 

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

 

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

 

026_s.jpg

【納品事例】 <ウォールナット無垢テーブル・チェア・TVボード・ギャッベ> (206) 広島市安佐南区 M様 MONTARE (モンターレ)

こんにちは

 

このたび、広島市安佐南区 M様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。

 

ご納品させていただきました家具は、 

 

 1. <サカミツ家具オリジナル>  ウォールナット無垢テーブル MONTARE (モンターレ)

    W 1500 * D 850 * H 700 

   2. ウォールナット無垢チェア   VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア   

    座面は、ソフトレザーオリーブ色     2脚

   3. PRIMA (プリマ) スツール         2台

 4. ウォールナット無垢テレビボード  MODENA (モデナ)  W 1800 * D 470 * H 428

 5. ギャッベ                     2枚 ①W2380D1800 ②W97D67   

 

↓ M様から、お送りいただきました、ご納品写真です。 

m.jpeg

M様は、メールも送ってくださいました。 ↓

「この度はありがとうございました。

 大きさも丁度良かったです。」

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル MONTARE (モンターレ)は、

世界三大銘木、ブラックウォールナットの中でも、厳選された美しい材を使用しています。

北米アパラチアン山脈から切り出されたウォールナットの木を丸太の状態で輸入し、

節や欠点の少ない良い部分を選んで、お作りしています。

モンタ~2.JPG

熟練の家具職人が、一枚一枚のテーブルごとに、長年の経験にもとづいて使う木を選別し、

丁寧に木取りを行い、製作しています。

 

MONTARE (モンターレ)は、日本でも指折りの技術力のある、

北海道の優れた工房で、匠の職人が、一品一品、丁寧に作り上げていきます。

この工房は、大正時代に創業され、90年近い歴史があり、

"坂本九記念館" で、数字の「9」の形をしたテーブルを作るなど、

オーダー家具生産を得意としています。

 

天板の厚みは、3センチあります。

天板のコーナーに丸みがあって、優しい印象です。

 

その丸みと同じR曲線をもつ、丸テーパー脚が取り付けられています。

とても美しいデザインです。 ↓

モンタ~4.JPG

脚と天板は、しっかりと頑丈に接合しています。

天板の裏に金属板が埋め込まれ、その金属板と、金属ビスで頑強に接合されています。

モンタ~3.JPG

↑ また、天板の下には、金属の反り止めが埋め込まれていますので、

出っ張った木や幕板がありません。

ですので、足元が広々していて、ゆったりと足組みができます。

 

作りがしっかりしていること、幕板がなくすっきりしていることが、使いやすい、

と感じていただける点かもしれません。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。) 

1コーモド a-mu 017.jpg

美しいデザインの、椅子です。

 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 069.jpg

↑ 座面は、ほどよいR曲線を描いています。

包み込まれるようで、とても座りやすいです。 

1コーモド a-mu 018.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインで作ることで、軽さを実現しました。 

1コーモド a-mu 019.jpg

↑ 脚から、背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

とくに、背中の3次元的な、オリジナルのカーブ曲線が素敵です。

座り心地の良さを追求して、身体の曲線に合わせて作り上げています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。

 

注目すべきは、座面と背中の木との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

座面と背中の木が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 045.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、

ほどよくフィットしてくれます。長時間座っていても、心地いいです。 

1コーモド a-mu 078.jpg

背中には、「削りだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。  

1コーモド a-mu 020.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 021.jpg

↑ 横から見た姿です。

繊細ともいえる、細くデリケートなラインで構成されています。

 

脚と脚の間には、ヌキ材などの木は、なにもありません。

座面と、脚と、背板というシンプルな構造です。

シンプルですから、重量は軽く、そして、美しいです。 

1コーモド a-mu 023.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 024.jpg

後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

これから、日本製の 《名作椅子》 になっていくと思います。

 

PRIMA (プリマ) スツールは、座面のカーブが、身体を優しくホールドしてくれます。

とても、お座りやすいスツールです。

ツート~2.JPG

素材は、ウォールナットの他に、ビーチ、レッドオーク、アルダー、ハードメープル、

ブラックチェリーがあります。 

座面、背面はソフトレザー、ファブリックの中から、お好きな色を選んでいただけます。

ぷりま.JPG

 

ウォールナット無垢テレビボード  MODENA (モデナ)は、前板にガラスなどが無く、

すっきりとしていて、スタイリッシュな印象のテレビボードです。  

ブラックウォールナットの木目がとても美しいです。

展示のタイプは、オイル仕上げです。

ブラウン色などで、着色はしていません。

ブラックウォールナットの、自然そのままの色です。 

1001a.jpg

天板と、引出しの前板を、ブラックウォールナットの無垢材で製作しています。 

ブラックウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、

最高ランク 《FASクラス》 の木を厳選しています。 

 

ブラックウォールナットは、北米五大湖、アパラチア山脈近辺で産出され、

世界三大銘木と称されています。

木目がとても美しいですので、世界的にも人気の高い木のようです。

高級クルーザーやヨットの内装や、大富豪の方の家のフローリングなどにも、

ブラックウォールナットが使われているそうです。 

1モデナTV1800 004.jpg

前面には、横格子状のデザインを施しています。 

日本国内でも、指折りの卓越した技術をもつ家具工房で、一品づつ受注生産しています。

この家具工房では、一台100万円くらいするような総桐箪笥も製作しています。  

1004a.jpg

↑ 引出しを開けた状態です。

 

引出しの内部は、桐の無垢材で製作しています。

桐の中でも、桐箪笥に使うタイプと同じハイグレードな木を使用しています。 

1039a.jpg

引出しの前板は、ブラックウォールナットの無垢材、引出しの内部は、

桐の無垢材で製作しています。

その無垢材を使って、確かな技術をもつ職人が、一品づつ、組み立て、丁寧に仕上げています。

 

自然の味わいが豊かに感じられる、本格的なオーダー家具です。  

1009a.jpg

↑ 引出しの前板には、ライン状のミゾがあります。 

このミゾから、リモコンの電波が通ります。

引出しを閉めたままで、リモコンの操作ができます。  

1014a.jpg

↑ ミゾは、内部では、広く掘り込んであります。

色んな角度から、リモコンの電波が通りやすい構造となっています。  

1038a.jpg

↑ 引き出し内部の接合には、「アリ組み」 という技法を用いています。

 (↑ 上の写真の、引き出し右側で、台形に見える部分です)

「アリ組み」 は、蟻の口のように角度が付いていますので、

力が加わる方向に引っ張ってもはずれません。

 

そして、MODENA (モデナ) では、同じ 「アリ組み」 の中でも、「大アリ組み」 で製作しています。

「大アリ組み」 は、通常のアリ組みよりも、一つ一つのブロックが大きいです。

ですので、大きな力が加わっても、さらに壊れにくくなっています。

見た目にも美しい仕口です。

現在の家具業界の中で、

この 「大アリ組み」 という技法を施している家具も、大変、希少のようです。 

 

内部の接合には、「ほぞ組み」 という強度、耐久性に優れた高度な技法を用いています。

(一般的な家具の接合は、「ダボ組み」 です。 ダボ組みとは、丸い突起物で、

  家具を接合する方法です。)

ホゾ (2).jpg
↑ 「ダボ組み」 です。


「ほぞ組み」 では、接合する部分に、凹凸の形状を作り、しっかりとはめ込みます。

家具の構造が頑強となりますので、末永く、安心して、お使いいただけます。

ホゾ (1).jpg

↑ 「ほぞ組み」 です。

「ほぞ組み」 は、もともと桐タンスで使われる技法です。

しかしながら、桐タンスや、婚礼タンスの産地にあっても、昨今、「ほぞ組み」で、

家具を製作している工場は、非常に少ないです。

機械で、大量に生産できる、「ダボ組み」がほとんどのようです。

MODENA (モデナ) では、ノミやカンナを使える、熟練の家具職人が、

一品づつ丁寧に製作をしています。

外からは見えない部分ですが、内部も、大変優れた構造となっています。 

1モデナTV1800 016.jpg

↑ 天板は、ブラックウォールナットの無垢材で製作しています。  

MODENA (モデナ) は、上質なブラックウォールナットの無垢材を使用して製作しています。

一口に、ブラックウォールナット無垢材と言いましても、いろいろな種類やランクがあります。

 

節や欠点が少なく、最高ランクと言われる材が、⦅FASクラス⦆ です。

次が、節や欠点のあるタイプで、⦅ワンコモンクラス⦆。

その次が、節、欠点が、もう少し多い ⦅ツーコモンクラス⦆ などです。

 

MODENA (モデナ)では、最高ランクの、⦅FASクラス⦆ のブラックウォールナット材を

使用しています。  

1020a.jpg

↑ 左側の引き出しの内部です。 

引き出し内部が広めですので、大きなサイズの物なども収納できそうです。

仕切り板は取り外しや、取り付け位置の変更ができます。 

1021a.jpg

↑ 引き出し内部の仕切り板を、取り外すことができます。

仕切り板を取り外しますと、より大きなサイズの物を収納できます。 

1034a.jpg

↑ 引出しには、3段スライドレールを使用しています。

ですので、フルオープンします。 

奥に収納した物も、取り出しやすいです。 

1030a.jpg

↑ 右側の引き出しを開けた状態です。 

引き出しの内部は、上質な桐の無垢材で製作しています。

桐には、調湿効果、防虫効果などがあって、

大切なものを安心して収納していただくことができます。 

1モデナTV1800 019.jpg

↑ 右の引き出しを開けた状態です。

本体の内部に、機器類を収納することができます。 

1049a.jpg

↑ テレビボードの裏側の状態です。 

天板に、配線用の欠き込みがあります。(欠き込みを無しにすることもできます。) 

1050a.jpg

↑ 上部に置いたテレビと、テレビボード内の機器類の配線がしやすい設計、

構造となっています。  

1047a.jpg

↑ 機器類を収納する場所の背面は、オープンになっています。

 

MODENA (モデナ) は、ブラックウォールナット 以外の樹種でも製作できます。

製作できます樹種は、

1、ブラックチェリー材

2、ホワイトオーク材  柾目

3、ハードメープル材

4、ホワイトアッシュ材 です。 

すべて、北米産の銘木です。

そして、上記の 1~4の木の場合も、

すべて、最高ランク ⦅FASクラス⦆ の、無垢材 で製作いたします。 

 

仕上げ塗装は、ウレタンと、オイルでお選びいただけます。

ウレタンの場合は、 <150%ツヤ消し> という特殊な仕上げです。

<150%ツヤ消し> 仕上げですと、

まるで、オイル仕上げのような、自然な仕上がりです。

 

それぞれの樹種の、サンプル材の画像を撮ってみました。

1モデナTV1800 014.jpg

↑ 上の写真は、オイル仕上げです。 

左上が、ハードメープル、右上が、ホワイトアッシュ

左下が、ホワイトオーク、右下が、ブラックチェリーです。 

サンプル材も、良い素材でできていて、とても美しいです。

 

↓ 年輪もご覧いただけましたらと、思わず、立ててみました。 (ドミノみたいです ・・)

クオ中 木サンプル 019.JPG

ホワイトオークのサンプル材です。 ↑ 

ホワイトオークは、柾目だけでお作りします。

一般的には、家具材として使われる場合、オークは板目が多いです。

ただ、オークの板目は、割れや反りが生じる可能性があります。

 

MODENA (モデナ) では、

ホワイトオークの場合、すべて、柾目の無垢材でお作りします。

ブレシアTVオーク 003.JPG

↑ ホワイトオーク柾目材タイプの、テレビボードと、サイドキャビネットです。

(上の写真は、MODENA (モデナ)ではありませんが、

MODENA (モデナ)のホワイトオーク材タイプも同様の仕上げとなります。)

最高ランク ⦅FASクラス⦆ の、

ホワイトオーク柾目の無垢材を使用した家具というのは、大変希少のようです。 

1001a.jpg

MODENA (モデナ) は、

・お客様の、ご要望通りに、1センチ単位でフルオーダーができるテレビボードです。

・形やデザインにつきましても、お客様の希望に応じて、自由自在に製作ができます。

・素材は、最高ランク ⦅FASクラス⦆ の木だけを厳選しています。

・製作は、日本国内でも、指折りの卓越した技術をもつ家具工房で、

  熟練の職人が一台づつ丁寧に行います。

末長く、安心してお使いいただける、テレビボードです。

 

ギャッベは、羊毛100%です。

一般的なメリノウールとは異なり、山間部に住む羊の毛で、

ラノリンという良質な油分を含んでいます。

ですので、汚れや水分をはじいてくれるので、お手入れが楽です。

イランのジャシール地方山間部は、一日の寒暖差が40℃にもなる過酷な環境ですが、

ラノリンを含む高密度な毛で、羊たちはうまく体温調節をして生き抜いています。

 

↓ 高地の羊たち。

羊.JPG

ですから、ギャッベは、さらっとしていて気持ちいいですし、放熱性・保温性にすぐれているので、

夏涼しくて冬はあたたかいです。

日本の気候にも適していますので、一年中ひっきぱなしでも大丈夫です。

他にも、調湿効果があったり、空気をきれいにしてくれたり、と嬉しい働きもしてくれます。

 

手織りですので、耐久性があり、50年ぐらいお使いになれます。

機織りの絨毯だと、15年ぐらいだそうです。

また、草木染めなので、染色液も天然です。

化学染料のものより、安心ですね。

 

ギャッベには、紋様が描かれています。

紋様にも、様々な意味があり、興味深いです。

鹿(家庭円満)・木(健康・長寿)など、祈りをこめながら、

一本一本、ギャッベは織られているので、味わい深く愛らしいです。

そして、図面や下絵などがなく、織り子さんのインスピレーションで織られているので、

世界に一枚だけです。

 

欧米では、美しい紋様や風景画が描かれているギャッベを、アートギャッベと呼ぶそうです。

そして、現地で30年ぐらい使用されたオールドや、アンティークをコレクションする

コレクターがたくさんいるそうです。

c01.jpg

サカミツ家具では、2F全面(フロアーが広くなりました)に平置きにて

ギャッベ(キリムやペルシャ絨毯)を展示しております。

最近たくさんのギャッベが入荷いたしましたので、是非ご来店くださいませ。

 

M様、この度は素敵なご納品写真を、お送りいただきましてありがとうございました。 

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル MONTARE (モンターレ)  

につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ ↓

モンターレjpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 017.jpg

PRIMA (プリマ) スツール につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ ↓

ぷりますつーる.JPG

MODENA (モデナ)につきまして、

詳しくはこちらのページをご覧くださいませ。 ↓

1004a.jpg

↓ ギャッベ につきまして、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 

<ウォールナット家具の、専門店

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 月・火曜日   ( ※ 祝日の場合、月・火曜日も営業しています)

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【商品等につきましての、お問い合わせは、下記のボタンからお願いします】 ↓

 

026_s.jpg    

〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢テーブル他> (262) 島根県浜田市 S様 「ウォールナットの自然な曲線がとても気に入りました」

こんにちは

 

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

1. <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GIOVANNI (ジョヴァンニ)

     W 1600 * D 850 * H 700 

2. <ウォールナット無垢 ソファベンチ>  PALERMO (パレルモ) 2P 

     W1450 * D830 * H950 (木部H870) * SH430       

3. VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア   座面は、ソフトレザーパープル

4. VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア  座面は、ソフトレザーオリーブ   です。

 

島根県浜田市 S様 からいただきました、お便りです。 ↓

sasa.jpg

 ↓ <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GIOVANNI (ジョヴァンニ) です。

fafdsaa.jpg

↓  <ウォールナット無垢 ソファベンチ>  PALERMO (パレルモ) です。

1ガ ソファベンチ 003.jpg

↓ VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア です。

1コーモド a-mu 017.jpg

↓ VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア です。

1コーモド a-mu 007.jpg

「ネット・ホームページをみて」

S様は、サカミツ家具のホームページをインターネットでご覧になって、ご来店、

ご購入くださいました。

S様のように、ホームページをご覧になったことが、きっかけで、

ご購入くださるお客様が、とても多いです。

お客様のご要望に応えられるような商品と、お役にたてる情報を、

ホームページやFacebook にてお知らせできるよう努めてまいりたいと思います。

引き続き、末長いご愛顧をお願い申し上げます。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めては

「 決め手は見た目です。

  テーブルの脚がアイアンな所と、ウォールナットの自然な曲線が

 とても気に入りました!!

 ソファベンチのうしろ姿がとても魅力的です☺♡」

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GIOVANNI (ジョヴァンニ)は、

ブラックウォールナットの自然な味わいが感じられ、

またモダンなデザインが素敵なテーブルです。

fafdsaa.jpg 

北海道にあります、大変優れた家具工房で、一品づつお作りしています。

この工房は、大正時代に創業し、90年近い歴史があり、

「坂本九記念館」で、数字の9という形のテーブルを製作したこともあります。

大変、高度な技術のある工房です。

熟練の家具職人が、テーブルを一品づつ丁寧にお作りしています。

 jobannni.JPG

天板は、3センチ厚の、ブラックウォールナットの無垢の木で製作しています。

自然な味わいがあって、かつモダンでスタイリッシュな印象のテーブルです。

脚部は、アイアン脚のブラック塗装仕上げです。

アイアン脚の取り付け位置は、外側、内側と、2段階に変更ができます。

(↑ 上の写真では、内側に取り付けしています。)

取り付け位置の変更は、テーブルを裏返していただきますと、ご家庭でも簡単にできます。

jobannni2.JPG

天板の外側部分は、自然な耳でお作りしています。

jobannni3.JPG

ブラックウォールナットの中でも、大きな節や割れなど欠点の少ない良質な木を厳選しています。

 

ブラックウォールナットは、チーク、マホガニーと並んで、世界三大銘木と称されています。

ブラックウォールナットらしいグラデーションのある木目が、とても美しいテーブルです。

jobannni4.JPG 

↑ 天板の外側の木口部分は、自然なカーブを描いています。

 

ですので、それぞれ世界に一枚しかありません。

13セ~3.JPG

↑ 大自然が作り出した、自然なカーブです。

 

天板の角や、端の部分は、全て面取り加工をしていますので、丸みがあります。

優しい作りと、仕上げになっています。

13セ~2.JPG

↑ <サカミツ家具オリジナルテーブル>の共通仕様としまして、

天板の下に、幕板や反り止めなど、出っ張った木材はありません。

ですので、足元が広く、ゆったりと足組みをしていただくことができます。

jobannni1.JPG 

↑ 天板下も、すっきりとしています。

 

GIOVANNI (ジョヴァンニ)の脚部の展示タイプは、アイアン脚をブラック色で塗装しています。

お客様のお好みで、シルバーや、レッドなどの色でお作りすることもできます。

13セ~1.JPG

↑ アイアン脚にも、<サカミツ家具オリジナルテーブル>ならではの特徴があります。

 

一般的には、金属脚は大量生産をしますので、色やサイズ、形状は何種類かに限られています。

GIOVANNI (ジョヴァンニ)では、アイアン脚を、オーダー生産しています。

ですので、お客様だけのオリジナルな脚を製作することもできます。

 

また、一般的な金属脚では、表面をこすると、色が剥げてしまうケースがあるようです。

GIOVANNI (ジョヴァンニ)は、アイアンと塗料の間に、密着性を上げる塗料を用いていて、

剥がれにくくなっています。

 

PALERMO (パレルモ)の、座面の高さは、

ダイニングチェアと同じ43センチです。

ですので、ダイニングテーブルに合わせていただくことができます。

 

サカミツ家具に、お越しのお客様のなかで、ときどき

「ダイニングテーブルに、ソファを合わせたい」

と言われる方がおられます。

 

従来では、

《 ソファのように寛げて、ダイニングテーブルに合わせられる 》

という商品が、意外にありませんでした。 

PALERMO (パレルモ) は、ダイニングテーブルに合わせていただくことができます。 ↓

PALERMO+テーブル 010.JPG

 

PALERMO+テーブル 007.JPG 

これまでは、寛ぐならソファ、

テーブルに合わせるのは、ベンチでした。

 

PALERMO (パレルモ) は、そのどちらでもない、

<ソファベンチ>

という、新たなカテゴリー名をつけさせていただきました。 

1ガ ソファベンチ 001.jpg

PALERMO (パレルモ) は、まさに、<ソファベンチ> です。

ソファとしてもお使いいただけますし、ダイニングテーブルのベンチとしても、お使いいただけます。 

1ガ ソファベンチ 005.jpg

 ハイバックになっていますので、肩まで、ゆったりと包み込まれるようで、リラックスできます。

また、座面の奥行きが深めで、ゆったりとしています。

ソファベンチに座って、ごゆっくりと、お寛ぎいただけます。 

1ガ ソファベンチ 006.jpg

デザインはすっきりとしていて、スタイリッシュです。

脚や、背中は、ブラックウォールナットの無垢の木でお作りしています。

 

ブラックウォールナットのテーブルに合わせても、ステキです ♡ 

1ガ ソファベンチ 007.jpg

座面と、背中が座りやすい角度となっています。

 

座面が、少し深めですので、膝の裏のあたりまで、足がゆったりとホールドされます。 ↓

長時間も、心地よくお座りいただけます。

1ガ ソファベンチ 016.jpg

背中は、ハイバックになっていて、ちょうど背骨のラインにそっていますので、

とても座り心地がいいです。

 

サカミツ家具のショップ内に展示していますので、何人かのお客様が、お座りになられました。

みなさま、

「これ、座りやすいね」

「これ、いいね」

と言われます。

 

椅子や、ベンチという商品は、座った瞬間に答がでます。

座りやすいか、否かがです。

その点で、

PALERMO (パレルモ) ソファベンチは、座られた瞬間の評価が高いです。

とっても、座りやすいです。

 

背中は、ブラックウォールナットの無垢の木で製作しています。

1ガ ソファベンチ 021.jpg

背中のブラックウォールナットの板は3枚あって、座りやすい形状を描いています。

さりげない形ですが、このカーブが、座り心地の良さにつながっているようです。 

1ガ ソファベンチ 022.jpg

背中と、脚に、ブラックウォールナットの無垢の木を贅沢にお使いしています。

デザインも素敵です。

お部屋の真ん中とか、背中が見える場所に置かれてもいいようです。 

1ガ ソファベンチ 023.jpg

しっかりとした無垢の木で、構成されています。

耐久性、強度も抜群で、末長くお使いいただけます。 

1ガ ソファベンチ 028.jpg

背中のクッションは、置き型ですので、取り外すことができます。 ↓

1ガ ソファベンチ 026.jpg

背中のクッションは、マジックテープで固定しています。 ↓

1ガ ソファベンチ 030.jpg

背中のクッションは、置き型となっています。 ↓

1ガ ソファベンチ 031.jpg

PALERMO (パレルモ) は、とても座りやすい、ソファベンチです。

1ガ ソファベンチ 033.jpg

座面と、背中がゆったりとしたサイズとなっています。

このソファベンチの上で、

お食事をされるのはもちろん、

お食事のあとも、テレビをご覧になられたり、

みなさまで、ご歓談をされたりできそうです。

 

ソファとしても、お使いいただけます。

 

製作は、日本国内の大変優れた工房でおこなっています。

この家具工房では、使用する材料は、

F☆☆☆☆(エフフォースター)という最高ランクのものを厳選していて、

シックハウス対策も万全です。

健康面からも、ご安心してお使いいただけます。

 

サイズは、2P (W1450) と 2.5P (W1650) です。

材種は、 ウォールナット以外に、レッドオークがございます。

座面は、ソフトレザー(6色)とファブリック(多数)からお選びいただけます。

ファブリックの場合、カバーリングですので汚れたら洗えます。

ソフトレザーは、張り込み式ですが、背クッション(マジックテープで固定)も、

座面も(ビスで固定)、取りはずすことができます。

日頃のお掃除や、メンテナンスもお楽です。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。) 

1コーモド a-mu 017.jpg

美しいデザインの、椅子です。

 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 069.jpg

↑ 座面は、ほどよいR曲線を描いています。

包み込まれるようで、とても座りやすいです。 

1コーモド a-mu 018.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインで作ることで、軽さを実現しました。 

1コーモド a-mu 019.jpg

↑ 脚から、背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

とくに、背中の3次元的な、オリジナルのカーブ曲線が素敵です。

座り心地の良さを追求して、身体の曲線に合わせて作り上げています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。

 

注目すべきは、座面と背中の木との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

座面と背中の木が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 045.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、

ほどよくフィットしてくれます。長時間座っていても、心地いいです。 

1コーモド a-mu 078.jpg

背中には、「削りだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。  

1コーモド a-mu 020.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 021.jpg

↑ 横から見た姿です。

繊細ともいえる、細くデリケートなラインで構成されています。

 

脚と脚の間には、ヌキ材などの木は、なにもありません。

座面と、脚と、背板というシンプルな構造です。

シンプルですから、重量は軽く、そして、美しいです。 

1コーモド a-mu 023.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 024.jpg 

後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

これから、日本製の 《名作椅子》 になっていくと思います。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア は、 

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。)

1コーモド a-mu 007.jpg

美しいデザインの、椅子です。 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 008.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインでつくることで、軽さを実現しました。

1コーモド a-mu 009.jpg

↑ 脚から、アーム、アームから背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。 

1コーモド a-mu 073.jpg

↑ アームは、とても綺麗な曲線を描いています。

 

注目すべきは、アームと、脚との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

アームと、脚が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 049.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、ほどよくフィットしてくれます。

長時間座っていても、心地いいです。

アームに手を置いて、ゆったりとしていただけます。

1コーモド a-mu 077.jpg

アームと、背中の接合にも、「もちだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 014.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 015.jpg 

真後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

これから、日本製の 《名作椅子》 になっていくと思います。

 

実際にお使いになられたご感想は、

「 ソファベンチは座り心地抜群で、

 ゆったりとTVをみることができました。

  椅子などもとても軽く、

 毎日ストレスを感じることなく生活しています!!」

 

S様に、気に入っていただけ、たいへん嬉しいです。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。

 

S様に、家具のご満足度5点をいただきました。

 

S様、このたびは、アンケートのお便りをお送りいただきまして、ありがとうございます。

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GIOVANNI (ジョヴァンニ) 

 につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓  

fafdsaa.jpg

<ウォールナット無垢 ソファベンチ> PALERMO (パレルモ) につきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ。 ↓

1ガ ソファベンチ 006.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 017.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 007.jpg

<本当に、いい家具だけを、お客様に・・

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 火曜日   ( ※ 祝日の場合、火曜日も営業しています)

 

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

026_s.jpg

〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢テーブル・チェア> (252) 広島市西区 O様 「部屋の雰囲気に合い、満足しています。」

こんにちは

 

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、

お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

ご購入いただきました商品は、

 

 1. <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GENTEⅡ (ジェンテⅡ) 

      W1600 * D 850 * H 700

 2. VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア    2脚

 3. VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア   2脚 

   2.3 ともに座面のファブリックは、シルバーグレー       です。

 

広島市西区 OY様 からいただきました、お便りです。 ↓

oooooo.jpg

↓ <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GENTEⅡ (ジェンテⅡ) です。

j5.JPG

↓ VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア です。

1コーモド a-mu 017.jpg

↓ VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア です。

1コーモド a-mu 007.jpg

「ネット・ホームページをみて」

O様は、サカミツ家具のホームページをインターネットでご覧になって、

ご来店、ご購入くださいました。

最近は、O様のように、ホームページをご覧になったことが、きっかけで、

ご購入くださるお客様が、とても多いです。

お客様のご要望に応えられるような商品と、お役にたてる情報を、

ホームページやFacebook にてお知らせできるよう努めてまいりたいと思います。

引き続き、末長いご愛顧をお願い申し上げます。

 

今回、家具をお選び頂いた理由・決めては

「キャンペーンで価格が手頃だった。」

 

GENTEⅡ (ジェンテⅡ)は、 世界三大銘木、ブラックウォールナットの中でも、

厳選された美しい材を使用しています。

北米アパラチア山脈から切り出されたウォールナットの木を丸太の状態で輸入し、

節や欠点の少ない良い部分を選んで、お作りしています。

日本でも指折りの技術力のある、北海道の優れた工房で、匠の職人が、

一品一品、丁寧に作りあげています。

 

この工房は、大正時代に創業され、90年近い歴史があり、"坂本九記念館"で、数字の「9 」

の形をしたテーブルを作るなど、オーダー家具生産を得意としています。

 

天板の厚みが、35ミリあります。 ↓

1ジェ~2.JPG

側面は、自然な耳です。機械で加工したカーブではなく、

自然なカーブを描いていて、とても味わい深いです。

自然な状態ですので、それぞれ世界に一枚しかありません。

天然の耳の部分をさわっているだけで、心地よく癒されるようです。

 

↓ 脚は、角テーパー4本脚をお使いしています。

1ジェ2.JPG

天板の下には、金属の反り止めが埋め込まれていますので、出っ張った木や幕板がありません。

ですので、足元が広々していて、ゆったりと脚組みができます。

 

GENTEⅡ (ジェンテⅡ)は、ウォールナットの中でも、節や欠点の少ない無垢材を使用

していて、とても美しいテーブルです。

1ジェ~2.JPG

ウォールナットは、"耐久性""耐水性"に優れています。

日本のように、四季があり、梅雨など湿度の高い季節があっても、

反りやくるいの少ない木のようです。

美しさと、実用性を兼ね備えた"ウォールナットの木" は、

チーク、マホガニーとともに、世界三大銘木と称されています。

 

熟練の家具職人が、研磨と仕上げを、何度も繰り返していますので、

テーブルの天板を手でさわっていただきましても、滑らかで手触りがいいです。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。) 

1コーモド a-mu 017.jpg

美しいデザインの、椅子です。

 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 069.jpg

↑ 座面は、ほどよいR曲線を描いています。

包み込まれるようで、とても座りやすいです。 

1コーモド a-mu 018.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインで作ることで、軽さを実現しました。 

1コーモド a-mu 019.jpg

↑ 脚から、背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

とくに、背中の3次元的な、オリジナルのカーブ曲線が素敵です。

座り心地の良さを追求して、身体の曲線に合わせて作り上げています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。

 

注目すべきは、座面と背中の木との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

座面と背中の木が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 045.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、

ほどよくフィットしてくれます。長時間座っていても、心地いいです。 

1コーモド a-mu 078.jpg

背中には、「削りだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。  

1コーモド a-mu 020.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 021.jpg

↑ 横から見た姿です。

繊細ともいえる、細くデリケートなラインで構成されています。

 

脚と脚の間には、ヌキ材などの木は、なにもありません。

座面と、脚と、背板というシンプルな構造です。

シンプルですから、重量は軽く、そして、美しいです。 

1コーモド a-mu 023.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 024.jpg 

後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

これから、日本製の 《名作椅子》 になっていくと思います。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア は、 

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。)

1コーモド a-mu 007.jpg

美しいデザインの、椅子です。 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 008.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインでつくることで、軽さを実現しました。

1コーモド a-mu 009.jpg

↑ 脚から、アーム、アームから背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。 

1コーモド a-mu 073.jpg

↑ アームは、とても綺麗な曲線を描いています。

 

注目すべきは、アームと、脚との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

アームと、脚が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 049.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、ほどよくフィットしてくれます。

長時間座っていても、心地いいです。

アームに手を置いて、ゆったりとしていただけます。

1コーモド a-mu 077.jpg

アームと、背中の接合にも、「もちだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 014.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 015.jpg 

真後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

これから、日本製の 《名作椅子》 になっていくと思います。

 

実際にお使いになられたご感想は、

「 椅子が軽く とても使い易い。

 部屋の雰囲気に合い、満足しています。」

 

O様に、ご満足いただけ、大変嬉しいです。

 

O様に、家具のご満足度5点をいただきました。

 

O様、この度は、アンケートのお便りをお送りいただきまして、ありがとうございます。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。  

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GENTEⅡ (ジェンテⅡ) 

につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓

j5.JPG

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 017.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) アームチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 007.jpg

<本当に、いい家具だけを、お客様に・・

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 火曜日   ( ※ 祝日の場合、火曜日も営業しています)

 

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

026_s.jpg

【納品事例】 <ウォールナット無垢テーブル・チェア>(180) 千葉県白井市 Y様 GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) 

こんにちは

 

このたび、千葉県白井市 Y様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。

 

ご納品させていただきました家具は、

 

 

  1. <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) 

    W 1800 * D 900 * H 700

  2. VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア    6脚        です。

  

↓ Y様から、お送りいただきました、ご納品写真です。  

やぎさま.JPG

また、Y様はメールも送ってくださいました。 ↓ 

 

「サカミツ家具 御中

○月○日に届けて頂いたダイニングテーブルといすの写真を添付致します。

現物を見ていなかったので、少々心配でしたが、期待以上で大変気に入りました。

手触りも良く、座り心地も良いです。

娘2人もとても気に入り、いつも宿題を広げています。大事に使って行きたいです。」

 

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)は、世界三大銘木、ブラックウォールナットの中でも、

厳選された美しい材を使用しています。

北米アパラチアン山脈から切り出されたウォールナットの木を丸太の状態で輸入し、

節や欠点の少ない部分を選んでお作りしています。 ↓

10B41~1.JPG

熟練の家具職人が、一枚一枚のテーブルごとに、長年の経験にもとづいて

使う気を選別し、丁寧に木取りを行い、製作しています。

 

一口に、"ウォールナットの無垢テーブル" と言いましても、実は色々なタイプがあるようです。

天然素材という点で、例えばお寿司などと似ています。

お寿司屋さんに行きますと、マグロの中には、赤身もあればトロもあります。

また、同じお寿司でも、回転すし、スーパーのお弁当、あるいは、

板前さんが握るタイプのものがあります。 

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)に使われているウォールナットは、

まぐろで言いますと、トロの部分といえそうです。

 

昨今の、日本の家具市場では、

ブラックウォールナット無垢テーブルと言いましても、

ホワイトウォールナット(?)と申したくなるような、白っぽい材も増えているようです。

ウォールナット特有の、赤黒い色調の材は、とても希少のようです。 

日本の、一般的な家具メーカーでは、

ウォールナット材を、商社等経由して、ランダムな板の状態で調達しています。 

<サカミツ家具オリジナルテーブル> では、

ブラックウォールナットの丸太材を、独自のルートで調達して、

その丸太材からテーブルを製作しています。

ですので、大変希少な、大トロ、中トロの材を使用することができます。

 

↓ 北海道に入荷してきた、ブラックウォールナットの丸太材です。 IMG3900.jpg

ウォールナットは、世界的に人気のある木です。

北米アパラチア山脈で産出されますが、日本に入ってきますのは、全体の3%ほどで、

多くは、アメリカ、中国などの大消費国向けです。

良質なウォールナットの木は、とても少なくなってきました。 

ウォールナットの丸太材の中でも、20%くらいしかとれない綺麗な部分をお使いしています。 ↓

aafasd.jpg

木目が美しいです。

透明なウレタン塗装仕上げなので、ブラックウォールナットそのものの自然な色です。

 

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)は、日本でも指折りの技術力のある、北海道の優れた工房で、

匠の職人が、一品一品丁寧に作り上げていきます。

この工房は、大正時代に創業され、90年近い歴史があり、"坂本九記念館" で、

数字の「9 」 の形をしたテーブルを作るなど、オーダー家具生産を得意としています。

熟練の家具職人が、一品一品、丁寧にお作りしていますので、

製品の精度が高く、強度があり耐久性も抜群です。

 

天板の厚みは、3センチあります。

木口面がストレートで、モダンでスタイリッシュなデザインです。 ↓

17514~1.JPG 

脚は、8センチ角の正方形で、ストレート4本脚です。

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)は、GRAZIA (グラッツィア)より、脚が外側に取り付けられています。

ですので、足元が、広々としていて、脚と脚の間にサイドチェアが3脚、横に並んで入ります。

 

Y様邸の他の家具や、床と同系色で統一感があって、とても素敵です。

ぐらっついあ2.JPG 

脚と天板は、天板の裏に金属板が埋め込まれ、その金属板と、

金属ビスで頑丈に接合されています。 ↓

gurattuia3.JPG 

天板の木口とほぼ同じラインで、外側に取り付けていますので、足元が広いです。 ↓

1GRAZ~1.JPG

天板と脚の接合部も、しっかりとしています。

 

天板にも脚にも、すべて2ミリのR(丸み)をつけています。

あまりめだたない点ですが、熟練の家具職人が、一品一品手作業で

丹精込めてお作りしています。

 

<サカミツ家具オリジナルテーブル>の共通仕様としまして、

天板の下に、金属製の反り止めを埋め込んでいます。

ですから、幕板や反り止め材など、出っ張った木がありませんので、

ゆったりと足組みができます。 ↓

1GRAZI~1s.JPG 

また、アームチェアも、天板下に収めていただけます。 ↓

グラッツィア05e.jpg

そして、すっきりとした印象のデザインになっています。 

 

↓ VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア です。

1コーモド a-mu 016.jpg

上質な、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。

座面は、ソフトレザー ブラック色です。

(ソフトレザーの他の色、ファブリックや、本革仕様にもできます。) 

1コーモド a-mu 017.jpg

美しいデザインの、椅子です。

 

日本国内の、大変優れた技術をもつ椅子専門工房で、一品づつオーダーメイドしています。

 

座面が広めで、ゆったりとお座りいただけます。

1コーモド a-mu 069.jpg

↑ 座面は、ほどよいR曲線を描いています。

包み込まれるようで、とても座りやすいです。 

1コーモド a-mu 018.jpg

全体的に、細いラインで構成しています。

 

細くて、美しく、そして頑丈な構造となっています。

細いラインで作ることで、軽さを実現しました。 

1コーモド a-mu 019.jpg

↑ 脚から、背中にかけて、流れるような曲線ラインで製作しています。

とくに、背中の3次元的な、オリジナルのカーブ曲線が素敵です。

座り心地の良さを追求して、身体の曲線に合わせて作り上げています。

 

これだけのフォルムで、椅子を製作できる工房は、日本国内にも、ほとんどありません。

高度な技術をもつ工房で、熟練の椅子職人が、一品づつ丁寧に仕上げていきます。

 

注目すべきは、座面と背中の木との接合部分です。

「もちだし工法」 という高度な技法を用いています。

座面と背中の木が、ホゾ組みで頑強に接合されています。

 

さらに、特殊な工法 により、接合部分の段差を無くしています。

家具は、段差から壊れます。

段差を無くすことで、強度が増しますし、手触りがいいです。

丸みがあって、やさしく、とても美しい仕上がりとなっています。 

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、とても座り心地のいい椅子です。

1コーモド a-mu 045.jpg

座面から、背中にかけての角度、サイズ感が絶妙で、ちょうど身体に、

ほどよくフィットしてくれます。長時間座っていても、心地いいです。 

1コーモド a-mu 078.jpg

背中には、「削りだし工法」 など特殊な工法  を用いています。

流れるようなラインとなっています。

そして、頑丈な強度を実現しています。

 

現在の、日本の家具市場におきまして、

このように、特殊な工法 を用いた椅子は、なかなかありません。

デンマークなど、北欧の、いわゆる "名作椅子" と言われるタイプにときどきあるようです。

ただ、とても、高価です。  

1コーモド a-mu 020.jpg

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェア は、

日本人のデザイナーがデザインして、

わたしたち、日本人が座りやすいサイズ感で、製作しています。 

1コーモド a-mu 021.jpg

↑ 横から見た姿です。

繊細ともいえる、細くデリケートなラインで構成されています。

 

脚と脚の間には、ヌキ材などの木は、なにもありません。

座面と、脚と、背板というシンプルな構造です。

シンプルですから、重量は軽く、そして、美しいです。 

1コーモド a-mu 023.jpg

斜め後ろから見た姿です。

いろんな角度から見て、美しい椅子です。 

1コーモド a-mu 024.jpg 

後ろから見ても、ステキです。

前から見ても、後ろから見ても、仕上がりが綺麗です。

とても、完成度の高い椅子です。 

1コーモド a-mu 080.jpg

↑ 座面と、脚の接合部分です。

丸みのある、きれいな仕上がりとなっています。

ここにも、難易度の高い、「もちだし工法」 など特殊な工法 を用いています。

 

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアは、

日本国内の、卓越した技術を有する、椅子専門工房で、

腕のいい椅子職人が、

一品づつ丁寧に製作しています。

とても、座りやすい椅子です。

そして、軽くて、使いやすいです。

構造的にも頑丈で、

末長く安心してお使いいただけます。

 

これから、日本製の 《名作椅子》 になっていくと思います。

 

Y様、この度は素敵なご納品写真を、お送りいただきましてありがとうございました。  

 

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) 

 につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓  

1GRAZ~4.JPG

VALENTINA (ヴァレンティーナ) サイドチェアにつきまして、

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

1コーモド a-mu 017.jpg

<本当に、いい家具だけを、お客様に・・

サカミツ家具

広島市西区商工センター3丁目3番18号

TEL 082-278-7788

E-mail info@sakamitsu.jp

HPアドレス http://www.sakamitsu.jp/

〔OPEN〕 10:00 ~ 19:00

〔定休日〕 火曜日   ( ※ 祝日の場合、火曜日も営業しいます)

 

※ 土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

【 商品に関しましての、お問い合わせは下記のボタンからお願いします 】 ↓

026_s.jpg

Home> VALENTINA サイドチェアアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top