Online Shopping

SAKAMITSU CO.,LTD.

偽サイトにご注意ください 商品の保証につきまして

【至福のソファ】 VIALE (ヴィアーレ)カウチ

【至福のソファ】 VIALE (ヴィアーレ) カウチソファ

【L】 W2920 * D1795 * H790 * SH400 ¥906,500

【M】W2620 * D1695 * H790 * SH400  ¥798,500

(※ 写真は、【M】タイプです)

【S】 W2170 * D1545 * H790 * SH400 ¥711,500

本革:【L】¥1,315,000【M】¥1,159,500

         【S】¥1,033,000           (税別)

サカミツ家具では、

【至福のソファ】 VIALE (ヴィアーレ) カウチタイプが、デビューしましたnote

 

【至福のソファ】 VIALE (ヴィアーレ)は、

ウッドフレームタイプで、一番人気のソファです。

このたび、待望のカウチタイプがデビューしました。

 

以前から、お客様に、

「ウッドフレームのソファで、カウチタイプはないですか?」

とご質問をいただいていました。

 

今回は、そのお客様の声をもとに、デビューしました。

座り心地、仕様は、もちろん、【至福のソファ】 VIALE (ヴィアーレ)と同様です。

 

【至福のソファ】 の新しい世界を、ぜひ、ご堪能くださいませ

 

VIALEカウチ 046.JPG

↑ 【至福のソファ】 VIALE (ヴィアーレ) カウチタイプです。

 

足を伸ばして、くつろいでいただけますnote

 

とても、座り心地のいいソファです。

上質なソファって、やはり、こんな感じの座り心地だなあ

と感じさせてくれます。

 

座ると、す~っと、身体に馴染んでくれます。

柔らかすぎないで、硬すぎないです。

 

座面にも、クッションにも、上質で、ベストな素材を使っています。

ですので、座り心地がいいです。

 

座面は、

・高級羽毛布団にも使われる、ハンガリー産マザーグーススモールフェザー

・新幹線のグリーン車にも使われている50キロ/㎥の、高密度ウレタン

・世界最高クラスと言われています、イタリア インテス社ウェービングテープ

の三層構造になっています。

最高級の仕様と申し上げていいかと思います。

 

座っていると、

あるいは、カウチソファに足をのばして、のべ~っとしていますと、

のんびりとした気分になってきます。

 

ふぅ~っと、息を吐く感じ

いい気持ちだなあ~ って感じます。

 

なんだか、温泉にでもつかっているみたい

気持ち良くて、眠くなってきます。

このまま、眠ってしまおうか ・・

 

なんで、こんな気持ちいいんだろう

考えてみました

 

たぶん、身体を、ほどよい状態で、面でひろってくれてるからです

 

太ももには 凹凸があります。

その太ももの凹凸と同じカーブで、

ソファは、じわ~っと沈んでいますので、

太ももと、ソファの間に、スキマがないですheart

 

VIALEカウチ 027.JPG

 

足に力を入れなくていいんです

腰も、そう

腰とソファの間に、スキマがないから、痛くないんです。

 

お尻もそう

お尻と座面の間に、スキマがないです

じわ~っと沈んで、

ソファの座面は、ちょうど、お尻と同じ形になっているんです。

 

スキマなく、お尻を面で支えてくれています。

圧迫は感じないです。

心地よく沈んでいますheart

 

背骨もそう

背骨のS字カーブを、スキマなくひろってくれます。

 

無重力

って、こんな感じでしょう  sleepy

 

このまま、眠りについてしまいたいです ・・

 

VIALEカウチ 021.JPG

 

後ろから見た姿です

 

ブラックウォルナットの無垢材で製作しています。

同じブラックウォルナットの中でも、最上級の木を厳選しています。

 

すべて、ウォルナットの一枚板です。

色は、まったく付けていません。

化粧しないで、ブラックウォルナットそのままの自然な色です。

 

色をつけないウォルナットだけで作ったソファというのは、

今の家具市場では、ほとんどありません。

 

そのウォルナットに、自然なオイルで仕上げています。

木の感触が、心地いいですheart

 

世界三大銘木と言われる、

ブラックウォルナット

 

手で触っているだけでも、

年々、どんどん深みをまして、

いい味わいになってきます

 

VIALEカウチ 023.JPG

VIALE (ヴィアーレ)は、日本国内の、とても優れた家具工房で製作しています。

 

背板は、途中から、斜めになっています。

ブラックウォルナットの一枚板を切断して、

フィンガージョイントという技法を用いて、斜めに接合しています。

VIALEカウチ 1014.JPG

この斜めの角度が、座り心地の良さにつながっています。

 

今、日本の、あるいは、世界の家具市場におきまして、

ウォルナットのフレームを、このような形で、斜めに加工したソファは稀有です。

 

一般的には、

ウッドフレームのソファは、水平、垂直の形状だけで構成されているタイプが多いです。

 

【至福のソファ】 VIALE (ヴィアーレ)では、

とても、高度な木工技術を使っています。

寺社仏閣の建築などで使う、〈ホゾ組み〉 など、木と木で接合させる技術です。

 

至極の木工技術を駆使して、熟達の家具職人が、一品づつ丁寧に作り上げています。

 

世界に誇る、日本発のソファと申し上げていいかと思いますdiamond

 

VIALEカウチ 014.JPG

お部屋の真ん中に置かれるのも、いいです。

 

いろんな角度から見て、ステキなソファです

ウォルナットのテレビボードや、

ダイニングにも合いますnotes

 

末永く、心地よく、お使いいただけるソファです

 

 

ぜひ、サカミツ家具で、ご覧くださいませxmas

 

VIALEカウチ 021.JPG

 

前のページヘ戻る