Online Shopping

SAKAMITSU CO.,LTD.

偽サイトにご注意ください 商品の保証につきまして

ギャッベ専門店 《エスファハーン》 (サカミツ家具 2F)

ギャッベ専門店 《エスファハーン》では、

一年を通して、数多くのギャッベを、常設で展示しています。

 

ぜひ、ご覧くださいませ ♡

esfahan.jpg

 

サカミツ家具2Fの、

ギャッベ専門店 Esfahān《エスファハーン》では、ギャッベを、「常設」 で、たくさん展示しています。

これだけの枚数を、常設で、展示している、ギャッベ専門店は、国内でも、少ないかもしれません。

大きなサイズから、座布団サイズまで、たくさんご覧いただけます。

1ギャッベ2階展示 004.jpg

↑ ギャッベ専門店 《エスファハーン》 (サカミツ家具 2F) です。 

 

ギャッベは、積み重ねないで、一枚一枚、平置きしています。

ですので、直接、踏んだり、座ったりしていただけます。

 

ギャッベは、踏んでみると、とくに、その違いがよくわかります。

スリッパを脱いで、どんどん踏んでみてくださいませ ♡

 

1ギャッベ2階展示 001.jpg

↑ いろいろなサイズのギャッベを展示しています。 

 

1ギャッベ2階展示 016.jpg

↑ こちらのコーナーには、200×150センチくらいの、人気のラグサイズを中心として、いろんなタイプのギャッベを展示しています。

 

ギャッベは、すべて手織りで、それぞれ世界に一枚しかありません。

色や、柄、デザイン、踏み心地など、すべて違います。

 

ギャッベ専門店 《エスファハーン》 では、玄関マットサイズの、ギャッベも、たくさん展示しています。

1ギャッベ2階展示 019.jpg

 

玄関マットも、いろんな色や、柄、サイズのものがあります。

1ギャベ

 

ギャッベ専門店 《エスファハーン》 (サカミツ家具 2F) の、ギャッベは、

草木染めの、「ナチュラルギャッベ」 です。

草木染めですので、花びらなどの植物を原料としています。

 

↓ ザクロの実です。

ざくろ.jpg

 

↓ イランで、草木を原料として、糸を染めています。

some.JPG

 

ギャッべを見ていると、お花畑にいるみたいな気分になってくることがあります。

hns0036-012.jpg 

↑ 逆に、お花畑を見ていると、私は、個人的に、ギャッベを思い出してしまいます。

 

さて、ここで、ギャッベについて、少しだけお話しさせていただきます。

「ギャッベ」 という商品は、日本で、本格的に使われ始めてから、まだ、あまり時間が経っていません。

この10年くらいで、だんだん、広まってきた感じではないでしょうか ?

 

ですので、ギャッベについては、一般の消費者の方が、知らないことも、意外に、たくさんあるようです。

 

今、日本に流通しているギャッベには、大きく2つのタイプがあると思います。

 

① 草木染めの糸を使い、イランの遊牧民族が、手織りをしているギャッベ

② 主として、化学染料で染めた糸を使い、イランの大規模工場で生産しているギャッベ

の2タイプです。

 

一般の消費者の方には、①と、②を見分けるのは簡単でないかもしれません。

②の、化学染料で染めたギャッベも、草木染めとして販売されているケースもあるようです。

 

化学染料は、絵の具や、ペンキと同じですので、どんな色でも、作ることができます。

絵の具で描いた、風景画のようなギャッベを作ることもできます。

ただ、化学染料は、石油などを原料としているので、直接、肌に触れ続けていると、骨のカルシウム量などに影響があると言う人もいます。

 

①と、②の見分け方は、一つあります。

①の、草木染めは、植物から染料を作りますので、自然な色をしています。

②の、化学染料のタイプでは、明らかに、自然界には無いような、濃いピンクや、紫、オレンジなどの色があります。

「こんな色が、草木染めでできるの?」

と思わず、思ってしまうような色です。

 

余談が長くなってしまいました。

 

ギャッベ専門店 《エスファハーン》 (サカミツ家具 2F) では、

草木染めの、「ナチュラルギャッベ」 を展示しています。

 

ナチュラルギャッベは、自然素材だけでできていますので、気持ちいいです。

安心して、ご家庭で、お使いいただくことができます。

 

ここで、羊毛の、お話しです。

ギャッベは、イランに暮らす、羊の毛を100%使って、作っています。

ですので、自然素材で、心地いいです。

 

↓ イランの羊さんたちです。

Sheep.jpg

白や、黒、茶色などいろんな色の毛の羊がいます。

いろんな毛を組み合わせて、ギャッベを織り上げます。

 

ただ ・・

この羊毛にも、じつは、いろいろなタイプがあります。

良いエサを食べて、夜は、小屋に入れられ、丁寧に育てられた羊もいますし、

その逆のタイプの羊もいます。

(段ボールを食べて、育てられる羊も、いるそうです ・・)

その結果、フサフサした、柔らかい羊毛もありますし、

水分が少なくて、ガサガサした羊毛もあります。

 

毛足が長く、フカフカしたギャッベは、

柔らかい、上質な羊毛からできるようです。 

 

Cut-2.JPG

↑ 純毛タイプのギャッベの、シャーリング (散髪のように、毛を切る作業です) をしている写真です。

 

ギャッベ専門店 《エスファハーン》 に展示している純毛タイプのギャッベです。 ↓

1ギャベ

↑ フカフカして、気持ちいいギャッべです。

 

座ると、フカフカしていて気持ちいいです。

1ギャベ

 

↓ 手で触ると、指先が埋もれてしまうくらいフカフカしています

1ギャベ

 

↓ 手を移動した後にも、指先のアトが残っているのが見えます。

1ギャベ

これだけ、毛足の長いギャッベは、上質な羊毛からしかできません。

 

羊の毛の中でも、お腹まわりの部分 (陽が直接当たらず、上質と言われています) を厳選して使っているようです。

 

また、ギャッベの良し悪しは、持ち上げると分かると言われています。 

良いギャッべは、重いです。

それだけ羊毛が、ぎっしりと使われているということのようです。

1ギャベ

↑ 写真のギャッべも、重いです。

一人では、持ち上げるのも大変なくらいです。

 

ここで、また脱線します ・・

 

現在、日本で流通しているギャッベについて、

もう一つ、別の角度から見て、大きく2つのタイプがあります。

 

① 良い羊毛をたくさん使っていて、厚みのあるギャッベ

② 厚みが、薄いギャッベ

の、2タイプです。

 

①と、②は、ちょっと意識してみれば、どなたでも分かる違いと思います。

例えば、座ると分かります。

①の、厚みがあって、フカフカしたギャッベは、フカフカしているので、座り心地がいいです。

座布団みたいです。

②の、薄いタイプは、正直言って、座ると、ちょっと痛いです。

薄いのですから、当たり前のことです。

 

本題に戻ります。

ギャッベ専門店 《エスファハーン》 (サカミツ家具 2F) では、

いろんなタイプの、草木染めの、「ナチュラルギャッベ」 を展示しています。

 

1ギャベ

↑ 300×201センチの、大きなサイズのギャッベです。

染めていない羊の純毛だけで、織り上げています。

昨今、《エスファハーン》 では、純毛タイプが人気です。

これだけの大きさの、純毛タイプのギャッベは、なかなかありません。

 

茶色い毛の羊や、白い毛の羊などから作った糸を、一本一本、丁寧に織り交ぜて、仕上げています。

グラデーションの美しさには、思わず、息を飲んでしまいます ・・

手で触っていても、とても気持ちいいです。

 

1ギャベ

↑ オレンジ系の、ステキなギャッベです。

このギャッベも、250センチ以上ある、ゆったりサイズです。

 

ご家族みなさまで、この上で、お寛ぎいただけそうです ・・

 

1ギャベ

↑ 赤は、茜(アカネ)で染めています。

きれいな赤が、印象的です。

 

自然界の赤ですので、バラや、チューリップみたいです。

いろんな空間に、すっと馴染んでくれたりするようです。

 

1ギャベ

↑ 外側は藍染め、それから、赤は茜で染めています。

グリーン色は、イランの草原に育つ、ジャシールの葉を原料としています。

ヨーロッパの庭園にでもいるかのような気分になります ・・

 

1ギャベ

↑ ギャッベらしい文様が可愛いです。

 

幸せを運んでくれる、幸せの窓、

ご家族の繁栄を祈り織られる、動物たち、

健康長寿を願う、生命の木 ・・

イランの遊牧民族の織り子さんが、一枚一枚に祈りをこめて、丁寧に織り上げています。

 

この、サイズのギャッベも、可愛いです。 ↓ 

1ギャベ

↑ 60×40センチのサイズです。

玄関マットにしたり、ベンチや、ソファの上に敷いたりもできます。

 

右のギャッベは、小さいですけど、しっかりとしたデザインで、文様もたくさん入っています。

このくらいのサイズのギャッベも、実は、作り手の人の技術などによって、いろんなタイプがあります。

 

ギャッベ専門店 《エスファハーン》 では、イランに現地スタッフがいて、遊牧民族から直接、買い付けています。

現地の遊牧民族の方でも、近所で評判なくらい腕のいい方とか、いろいろおられるそうです。

まだ、糸が刈り取られていない原型の状態で、買い付けします。

現地のディーラーなどを経由していませんので、コストパフォーマンスに優れています。

 

《エスファハーン》 では、このくらいのサイズのギャッベや、座布団ギャッベなどでも、

いいギャッベを厳選して、買い付けています。

 

思わず、写真に撮りたくなるような、ステキなギャッベたちです。 ↓

1ギャベ

自然な色あいで、優しい感じです。

そして、美しいです。

小さなギャッベですが、一枚一枚、織りの確かな、いいギャッベです。

薄ピンクに、赤に、黄色 ・・

それぞれ、自然な色で、まさに、お花畑みたいです。

 

↓ 人気の、座布団ギャッベもあります。

1ギャベ

座布団ギャッベも、小さいサイズですが、たしかな品質のギャッベを選んで、展示しています。

どれでも、お好きなギャッベを、お選びくださいませ。

 

ギャッベは、イラン、カシュガイ族の遊牧民族が、一枚一枚手織りしています。

Gabbeh-ori-2.JPG

 2メートル幅くらいのギャッベを、織り上げるのに、5ヶ月くらいかかるそうです。 

 

 

ギャッベ専門店 《エスファハーン》  は、以前、中国新聞さんにも、取材していただきました。

CCI20170120.jpg

 

ギャッベは、一枚一枚手織りです。

それぞれ世界に一枚しかありません。

そして、とても頑丈で、耐久性に優れていますので、

生涯を通して、あるいは世代を超えてお使いいただくことができます。

 

ぜひ、お気に入りの一枚を見つけてくださいませ。

 

みなさまのお越しをお待ちしています。

1ギャッベ2階展示 011.jpg

 

ギャッベにつきまして、詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

前のページヘ戻る