納入事例|坂光家具株式会社

カテゴリー

≪ 一覧に戻る

広島市西区 Y様邸

2020.12.2

至福のソファ  MARE (マーレ) 

広島市西区 Y様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。
ご納品させていただきました家具は 、

<至福のソファ> MARE (マーレ) 3P W1980 * D870 * H800 * SH400
ファブリックは、グリーンです。


ご納品写真

↓ M様から、お送りいただきました、ご納品写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品説明

MARE (マーレ) は、【至福のソファ】 の中でも、人気のあるソファの一つです。

人気の理由には、いくつかあります。
でも、一番の理由は、
“とにかく、座りやすい” ことです。

【至福のソファ】 MARE (マーレ) に、座られますと、
ほとんどの、お客様が、「これ、座りやすいね」 とおっしゃられます。
3時間とか、4時間とか、長時間、心地よく、お座りいただくことができます。

写真のファブリックは、テラコッタ です。
テラコッタは、イタリアから直輸入しているファブリックです。

 

 

 

1MARE2015 0121.jpg

 

 

 

テラコッタとは、イタリア語で、「焼いた土」 という意味があるそうです。
茶色がかったオレンジ色です。
オレンジですが、少し深みがあって、落ち着いた感じの色あいです。
この色が、ウォールナットの木とも、とても合うようです。

 

 

 

1MARE2015 003.jpg

 

 

 

【至福のソファ】 MARE (マーレ) の木部は、すべて、
ブラックウォールナットの一枚板です。
ブラックウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、
良質な部分を厳選して、お作りしています。

 

 

 

1MARE2015 007.jpg

 

 

 

アームはもちろん、足元に使っている木なども、すべて、
ブラックウォールナットの一枚板です。
お使いになるうちに、深みと味わいが増してきます。
また、合板を貼っているタイプのように、木口などが、
はがれたりすることもありません。

 

 

 

1MARE2015 012.jpg

 

 

 

【至福のソファ】 MARE (マーレ) の大きな特徴は、
幅広の一枚板でお作りしている、アームです。
アームの、前板と、天板を、日本古来から伝わる伝統的技法、
“組み継ぎ” で、接合しています。

 

 

 

1MARE2015 008.jpg

 

 

 

アームの前面にも、ブラックウォールナットの一枚板を、お使いしています。
世界三大銘木と言われます、ウォールナットの流れるような木目が、美しいです。

 

 

 

MARE2015 014.JPG

 

 

 

アームの上の部分も、ウォールナットの一枚板です。
約14センチの幅がありますので、サイドテーブルのようにして、
コップなどを置いていただくこともできます。

 

 

 

1MARE2015 013.jpg

 

 

 

↑ 背中と、座面と、ピロークッションの中には、
ハンガリー産マザーグース スモールフェザーが、たっぷりと入っています。
(上の写真は、背中のクッションカバーを、取り外した状態です。)
座った瞬間は、ハンガリー産マザーグース スモールフェザーに、
ふんわりと包み込まれるようで、とても心地いいです。

自然素材ですので、身体の凹凸にそって、じわ~っと沈みます。
フェザーを、つぶしながら座る感じです。

 

 

 

1MARE2015 019.jpg

 

 

 

ハンガリー産マザーグース スモールフェザーは、
高級な羽毛布団にも使われています。
一般的には、ソファのクッション内部に、ハンガリー産マザーグース スモールフェザーが、使われることはあまりありません。
通常のソファでは、アヒルの羽根や、
ポリエステル綿などの化学製品が使われることが多いようです。

ただ、アヒルの羽根は、匂いがありますので、沢山は使えません。
【至福のソファ】 の中に入っている、
ハンガリー産マザーグース スモールフェザーは、無臭です。
ですので、ソファ一台あたり、10キロ前後の、スモールフェザーを、
使っています。

 

 

 

1画像 014.jpg

 

 

 

↑ 【至福のソファ】 の中に入っている、
ハンガリー産マザーグース スモールフェザー です。

【至福のソファ】 MARE (マーレ) の、座り心地は、ひたすら、
柔らかいだけではありません。

ハンガリー産マザーグース スモールフェザーの下には、50キロ/㎥ 以上の、高密度ウレタンを、お使いしています。
この、高密度ウレタンが、しっかりと身体の形状と、重さをサポートします。
座った瞬間は、ふんわりとしていますが、その下の、高密度ウレタンが、
しっかりとサポートしますので、沈み込みすぎることがありません。

 

 

 

ウレタン75キロ手押し 010.JPG

 

 

 

↑ 【至福のソファ】 の中に入っている、50キロ/㎥ 以上の、
高密度ウレタン です。
この高密度ウレタンは、新幹線グリーン車に使われているタイプと
同じグレードです。
ですので、10年経っても、ほとんどヘタリがみられません。
よく座る場所だけがヘタルということがありませんので、
座り心地の良さが、続いていきます。

そして、さらに、【至福のソファ】 MARE (マーレ) の、
座り心地の良さを決定づけている、”座り心地の、要” があります。

それは、インテス社ウェービングテープです。
座面クッションの下に、このウェービングテープが、
30本以上張り巡らされています。

 

 

 

1MARE2015 033.jpg

 

 

 

↑ 上の写真の、グレー色に見える箇所の中に、
インテス社ウェービングテープが、張り巡らされています。

 

 

 

DSC_0538.jpg

 

 

 

↑ インテス社ウェービングテープです。
このウェービングテープは、世界最高ランクの、耐久性と、
座り心地と言われています。
イタリアのブランドソファなどにも使われているようです。
このウェービングテープが、ハンモックのような働きをして、
身体を心地よく受け止めてくれます。
ですので、座面に底付き感がなく、長時間、座っていても、
お尻など身体の一部が痛くなることがありません。

3時間でも、4時間でも、ソファの上で、心地よく、
お過ごしいただくことができます。

一般的に、ウッドフレームのソファは、座面クッションの下が、
“木の板” であったりして、座り心地に関しては、?の場合もあるようです。

【至福のソファ】 MARE (マーレ)は、木の味わいが豊かで、さらに、
座り心地も抜群に良いソファです。

 

 

 

1MARE2015 048.jpg

 

 

 

【至福のソファ】 MARE (マーレ) のファブリックはすべて、
カバーリングタイプになっています。
カバーを外して、クリーニングしていただくことができます。
違う種類のカバーに着せ替えていただくこともできます。

 

 

 

1MARE2015 015.jpg

 

 

 

【至福のソファ】 MARE (マーレ) は、とても、お座りやすいソファです。
座面と、背中のクッションの、サイズ感、座り心地がとてもいいです。
長時間、心地よく、お座りいただくことができます。

 

 

 

1MARE2015 009.jpg

 

 

 

【至福のソファ】 MARE (マーレ) は、優秀なプロの、
ソファデザイナーがデザインしています。
製作は、日本国内の、大変優れた技術をもつ、ソファ専門工房で、
一品づつ受注生産しています。
末長く、心地よく、お座りいただけるソファです。

M様、この度は、素敵なご納品写真をお送りいただきまして
ありがとうございました。
どうぞ末長くご愛用下さいませ。

 

【至福のソファ】 MARE (マーレ)
につきまして、詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ ↓

 

 

 

 

↑ページトップ