広島にある、インテリアショップの女性スタッフがつぶやく、家具選びのコツ Vol.3<無垢家具編>

広島にある、インテリアショップの女性スタッフがつぶやく、家具選びのコツ Vol.3<無垢家具編>

「無垢の木の家具」、ってみかけますよね。でも意味がわからない、
っていう方も多いのではないでしょうか。
実は、私も坂光家具で販売に関わるようになってから知りました、本当の意味を。

無垢家具って?

無垢材について

無垢材というのは、天然木そのものをいい、天然乾燥、人工乾燥をしています。
人工的な加工を施さず、一本の原木から直接切り出した板や角材のことです。
強度が高く、使うごとに味わいや風合いが増します。

合板について

一方、無垢の木ではない家具は何で作られているのでしょう?
よく見聞きするのは、合板ですね。合板にも種類があります。

天然木化粧合板(ツキ板)は、家具用木材の無垢材の中の見栄えのいいところを
薄いシート状に切り、合板の表面に張りつけたものです。

ポリエステル樹脂化粧合板は、合板そのものに木目などを印刷したチタン紙、
また色原紙を貼り、その上にポリエステル樹脂を塗装したものです。

プリント紙化粧合板は、合板に木目などを印刷したシート(紙)を貼り、
その上に、主にアルミルキド樹脂系の仕上げ塗装を施したものです。

メラミン樹脂化粧合板は、表面の化粧紙にメラミン樹脂、芯材層の丈夫な紙に
フェノール樹脂をしみ込ませ、これらを何枚も重ねて圧着させた、
積層プラスチック板です。

集成材は、細い棒状の無垢材を接着材でつなぎあわせ、
板状にしたものをいいます。

以上が家具、または家具の表面に使われる材です。
内部に使われるものをあげますね。

パーティクルボードは、木材を砕いて小片とし、乾燥して熱を加え、
熱圧で成形した板状のものです。

スターウッド中質繊維板は木質繊維を成形したもので、
パーティクルボードと同様、廃材や建築解体材などのリサイクル資源を
使っています。

まとめ

家具に使われる材をざっとあげてみましたが、
多種多様であることがわかります。
これが価格や耐久性、品質、見た目などに反映してきます。

木の家具が何でできているか、少しおわかりいただけたでしょうか。
家具を選ぶ時の参考にしてくださいね。 
長くお使いいただくものですから、見た目だけではなく構造的なものも、
お店の人に聞いてみるといいかもしれません。

坂光家具では、無垢の木のものを扱っています。
何年かしたら角がはがれてきた、とか、
傷をつけてしまったら中の色と違う、ということはありません。
日がたつにつれ劣化していく、というのは残念ですよね。

無垢の木の家具はむしろ、経年変化で味わいや重厚感がかもし出されてきます。
愛着ももてますし、家族の歴史とともに家具があるって、素敵ですよね。
きっと良質な家具との出会いがあります。
ぜひお越しくださいね。
お待ちしております。

次回は家具のサイズ、についてです。

オンラインショップ キャビネット
ウォールナット無垢の家具

フェイスブック、インスタグラムも始めました。
こちらも是非、ご覧くださいませ。

▼facebook
https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

▼instagram
https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいです😊

※土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。
みなさまの、お越しをお待ちしています。

スタッフ坂光です。
末長く、使える、いい家具をご提案させていただきます。
お気軽に、お問い合わせくださいませ。
サカミツ家具
電話/082-278-7788
営業時間/10:00~19:00

ウォルナット家具の専門店
サカミツ家具

名称サカミツ家具
所在地〒733-0833 広島市西区商工センター3丁目3-18
連絡先TEL:082-278-7788    FAX:082-278-2020
E-mailinfo@sakamitsu.jp
HPhttp://www.sakamitsu.jp/
営業時間10:00 – 19:00
定休日月・火曜日
※月・火曜日が祝日の場合は営業いたします。
facebookhttps://www.facebook.com/sakamitsu.interior/
instagramhttps://www.instagram.com/sakamitsu.interior/
メールフォームでのお問い合わせはこちら