【納品事例】 <ウォールナット無垢テレビボード> (253) 三重県松阪市 M様  CERUTTI (チェルッティ) テレビボード

【納品事例】 <ウォールナット無垢テレビボード> (253) 三重県松阪市 M様  CERUTTI (チェルッティ) テレビボード

こんにちは
このたび、三重県松阪市 M様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。
ご納品させていただきました家具は、

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テレビボード  
 CERUTTI (チェルッティ)   W1800D450H447    です。

↓ M様から、お送りいただきました、ご納品写真です。

M様は、メールも送ってくださいました。 ↓

「 こんにちは。
 先日ローボードを購入させていただきました、三重県のM(様)です。
 無事、納品され、お部屋の雰囲気ともバッチリでしたので、
 とても気に入っております。  
 主人も気に入ったようで、安心しました。
 また友人からも必ずと言っていいほど、褒められます。
 購入の際はお電話にてご丁寧に説明いただきありがとうございました。
 また機会がございましたら、ぜひよろしくお願い致します。」

CERUTTI (チェルッティ)は、サカミツ家具が、オリジナルで商品開発をした、
テレビボードです。

11ブレ~1.JPG

↑ ”サカミツ家具オリジナル” CERUTTI (チェルッティ) テレビボードです。

11ブレ~2.JPG

↑ 真ん中は、フラップダウン扉となっていて、手前に開きます。

1ブレ~1.JPG

引出しの前板には、<FASクラス> の、ブラックウォールナットの無垢材を使用しています。
<FASクラス> は、ブラックウォールナットの木の等級としては、最高グレードです。
節や、欠点のない厳選された、美しい部分です。
他にも、ホワイトオーク、ブラックチェリー、メープル、ホワイトアッシュ材で製作できます。
それぞれ、美しい <FASクラス> の木でお作りしています。

ちぇるってっぃ.png

日本国内でも、指折りの優れた技術をもつ家具工房で、一品づつオーダー生産しています。
木の素材、製造技術ともに、ハイグレードです。

ちぇるってぃ1.png

モダンで、スタイリッシュな印象のデザインです。
周りの枠には、45度のトメ加工を施しています。
ただ、すっきりとしたデザインというだけでなく、確かな技術の裏打ちがある、優れた家具です。

cheruttexi2.png

↑  CERUTTI (チェルッティ) 特徴は、コーナーの45度トメ加工です。
天板と側板を、それぞれ45度の斜めに加工して、綺麗に合わせていく作り方は、
とても難易度が高いようです。

ちぇるってぃ3.png

ここにも匠の技が使われています。

1ブレ~4.JPG

外観、内観とも、すべて、ブラックウォールナットの天然木で仕上げています。
近くで見ていると、いい意味で、自然な木のもつ迫力が感じられます。
今の日本の家具市場におきまして、
これだけ厳選したウォールナット材で、作り上げたテレビボードは少ないと思います。

ちぇるってぃ4.png

風格・・と言ってもいいような雰囲気があります。
お店に展示した瞬間、「このテレビボードは、いいな」と感じました。
CERUTTI (チェルッティ) テレビボードは、サカミツ家具で、オリジナル開発した商品です。
お客様の声をお聞きしながら、商品開発をしました。

昨今の、お客様の声・・
・前面は、板扉みたいなウォールナットだけがいい
・扉は閉めたまま、リモコン操作したい
・脚のあるデザインの物はありませんか?
・機械を、4台くらい持っていて、収めたいんです
そんな、お声をもとに、商品開発しました。

ちぇるってぃ5.png

とても美しいテレビボードです。
何と言いますか、一言で言いますと、品がある家具・・と思います。
余談ですが、先日テレビ番組で、興味深いことが言われていました。
それは、
「意識の、連鎖」 
テレビの結論として言いますと、
《モノも、いい人が作れば、いいモノができる》 ということです。
作る人の意識が、モノに連鎖していく・・
この言葉は、なんだか、とってもよくわかります。
いい加減な感じの人が作ると、なぜだか家具も、いい加減な感じでできあがります。
人格者みたいな人が作ると、なぜだか、家具も、人格者みたいな感じでできあがるのです。
長い経験から、それは肌感覚で感じています。
ですので、
昨今、サカミツ家具では、それを大事にしています。
家具は、ただ作ればいい、というものでもないと思うのです。
どんな人が作るのか、それが家具に、連鎖していくようです・・

1ブレ~3.JPG

側面も、ブラックウォールナットの天然木で、綺麗に仕上げています。

ちぇるってぃ6.png

↑ 側面も、一枚板のブラックウォールナット天然木突板材で仕上げています。

ちぇるってぃ7.png

側面から、天板にかけての流れが美しい家具です。

1ブレ~2.JPG

↑ 引出しの前板、その周りの枠を、ブラックウォールナットの無垢材で仕上げています。
こんなにアップで撮影しても、綺麗な表情です。

CERUTTI (チェルッティ) は、
節や欠点の少ない最高グレード<FASクラス>の、ブラックウォールナット材だけで
製作しています。 
それも、幅の広い、ゆったりとした材を、贅沢に使用しています。
木目は、横につながっています。
240センチのタイプでも、木目は横に通します。
つまり、240センチの場合は、240センチ近くの長さのウォールナット材を使用します。
さらに、濃淡が少なく、美しい表情です。
熟練の家具職人によります、高度な木取り技術によって、木が厳選されています。

また、余談なのですが、
昨今の日本の家具業界におきましては、
本当の意味での、【ウォールナット無垢のテレビボード】は、とても少ないと思います。

ウォールナットの木には、等級があります。
1、最高グレードは<FASクラス>
2、次のグレードは、節や欠点のある、ワンコモン、
3、さらに次のグレードは、ツーコモンです。

さらに、その次もありますが、ここでは割愛します。
一般的な、【ウォールナット無垢テレビボード】では、
ほとんどの商品で、節があるのではないでしょうか?
商品によっては、節の穴があいたまま、というケースもあるようです。
また、無垢材と言いましても、4~5センチくらいの幅の、集成材みたいな木を使っていたり、
さらに、長さも、30センチくらいの材を使って、庚午に配置し、
ブロック風デザインと称していたり・・

そして、それにこげ茶色の濃い目の塗装をして、節や、濃淡を消して・・
それでも、値段を見ると、20~30万円していて、国産家具と書かれていたりします。
いろいろ書き過ぎかもしれませんが、
テレビボードという商品自体、一般の消費者の方は、一生のうち、何回買うのでしょう?
多い人で、4~5回、
普通は、せいぜい2~3回くらいじゃないでしょうか。
ですから、なかなか商品価値と、プライスの関係などがわかりづらいと思います。
ただ、名前を聞いたことがあるメーカーであるというだけで、
リーズナブルとは、反対の商品を買っている場合があるのではないかな?
なんて思うこともあります・・

cheruttesi.JPG

↑ フラップダウンの扉の前には、スリット穴があります。
このスリット穴から、リモコンの電波が通りますので、閉めたままで操作ができます。

チェるってぃ8.JPG

↑ スリット穴から、リモコンの電波が通ります。

あふぁ~2.JPG

扉は、プッシュ式です。押していただくと、開きます。

ちぇるってぃ9.JPG

ソフトダウンステーですので、ゆっくりと開きます。

だああ~1.JPG

↑ 開いた状態です。
家具の内部も、ブラックウォールナット天然木突板で仕上げています。
機械が4台以上入ります。
棚は、可動棚ですので、高さを調節していただけます。
高さの高い機械でしたら、棚を取り外して収納していただくこともできます。
棚の高さを変えても、スリット穴が、タテに5段ありますので、リモコン操作がしやすいです。

チェるってし9.JPG

↑ スリット穴は、内部では、広がっています。
タテに5段、計10個のスリット穴があります。
高度な技術で製作しています。

ちぇるってぃ10.png

↑ 内部の状態です。

棚の奥(背面)には、配線用の穴を設けています。

ちぇるってぃ11.png

↑ 引出しは、桐の無垢材です。
桐箪笥と同じ仕様の、ハイグレードな桐の引出しです。
これも余談なのですが、
一般的なテレビボードでは、外観はまずまずでも、
引出しなどが、すごく簡略な作りの場合もあるかもしれません。
CERUTTI (チェルッティ)では、本格的な、桐無垢材の引出しで製作しています。

ちぇるってぃ12.png

↑ 引出しは、フルオープンしますので、奥の物も取り出しやすいです。
引出しには、桐箪笥に使うタイプと同じ、上質な桐材を使用しています。
とても綺麗ですし、手触りもいいです。
桐の木には、調湿効果、防虫効果などがあります。
大切な物も、安心して収納していただけそうです。
引出しには、仕切り板がついています。
仕切り版の位置を変えることもできます。

ちぇるってぃ13.png

↑ 右側の引出しです。
引出しの前板は、最高グレードのブラックウォールナットの無垢材、
内部は、上質な桐の無垢材です。

これだけハイグレードな作りのテレビボードは、なかなか無いと思います。 
そして、ハイグレードなのは、材料だけではありません。
これを製作している家具職人は、日本国内でも指折りと言ってもいい優れた技術をもっています。

CERUTTI (チェルッティ) は、桐箪笥職人が製作しています。
桐箪笥は、桐無垢材を削りだして作り上げる、とても難易度の高い家具です。

ちぇるってぃ14.png

↑ 裏側の状態です。
裏側も、きれいに仕上げています。
また、配線がしやすい構造となっています。

ちぇるってぃ15.png

↑ 天板と、地板に、配線用の欠きこみ加工を施しています。

ちぇるってぃ16.png

CERUTTI (チェルッティ) は、モダンで、スタイリッシュな、無垢のテレビボードです。
ほどよい存在感があって、末長く、心地よくお使いいただけます。

ちぇるってぃ17.png

CERUTTI (チェルッティ) は、
最高級の素材を用いて、熟練の職人が確かな技術で作り上げる、テレビボードです。
収納力、操作性、そしてデザイン、耐久性・・
と何拍子も揃った、ステキな家具と思います。

ウォールナットで統一されていらっしゃるM様邸に
CERUTTI (チェルッティ)テレビボードがぴったり合っていて素敵です。
M様、この度は素敵なご納品写真とメールを、お送りいただきましてありがとうございました。 
どうぞ末長くご愛用下さいませ。

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テレビボード  
CERUTTI (チェルッティ) につきまして、詳しくは、
こちらをご覧くださいませ。 ↓

オンラインショップ キャビネット
ウォールナット無垢の家具

フェイスブック、インスタグラムも始めました。
こちらも是非、ご覧くださいませ。

▼facebook
https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

▼instagram
https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいです😊

※土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。
みなさまの、お越しをお待ちしています。

スタッフ坂光です。
末長く、使える、いい家具をご提案させていただきます。
お気軽に、お問い合わせくださいませ。
サカミツ家具
電話/082-278-7788
営業時間/10:00~19:00

ウォルナット家具の専門店
サカミツ家具

名称サカミツ家具
所在地〒733-0833 広島市西区商工センター3丁目3-18
連絡先TEL:082-278-7788    FAX:082-278-2020
E-mailinfo@sakamitsu.jp
HPhttp://www.sakamitsu.jp/
営業時間10:00 – 19:00
定休日月・火曜日
※月・火曜日が祝日の場合は営業いたします。
facebookhttps://www.facebook.com/sakamitsu.interior/
instagramhttps://www.instagram.com/sakamitsu.interior/
メールフォームでのお問い合わせはこちら