広島にある、インテリアショップの女性スタッフがつぶやく、家具選びのコツ Vol.9<職人の技 ギャッベ編>

広島にある、インテリアショップの女性スタッフがつぶやく、家具選びのコツ Vol.9<職人の技 ギャッベ編>

職人の技シリーズも、いつの間にか9回目になりました。

腕利きの職人さんと良質な素材という両輪がそろって、
はじめてよい家具といえるのですね。

そういうことが、きちんとお話しできたかしら?と思いますが、
どうぞ、ほんの少し、家具選びの参考になさってくださいね。
今日は、ギャッベ編です。

ギャッベも、同じように織子さんと羊毛という両輪があってこそです。

12015424ギャベ店内%20039[1].jpg

実は、私は家具にかかわるようになってはじめて、ギャッベという絨毯を知りました。
そして、知れば知るほど素敵な絨毯だな、と思うようになりましたし、
親近感がわいてくるんです。

それは、日本の女性の感覚と、
とてもよく似た作り手さんによるところが大きいのかもしれません。

ギャッベはペルシャ絨毯の一種です。
イランの遊牧民(カシュガイ族やロリ族)の女性によって、手織りされた絨毯です。

Gabbeh-ori-2.JPG

ペルシャ絨毯というと、シルクで織られたとても高価な絨毯という、
印象を受けます。

一方、ギャッベは羊毛で織られた普段使い、といった印象、
アットホームな印象です。

安価ではありませんが、1枚を織るのに数か月を要し、
1本1本手織りで手間暇かけられたことを考えると、とてもリーズナブルです。

ギャッベの製造工程は、
紡ぐ→染める→織る→バーナーで焼く→洗う→乾燥→刈り込む→最終仕上げ
です。

ギャッベは、図面や下絵があるわけではなく、織子さんの心象風景が、
そのまま絨毯という形に仕上がっていきます。
織子さんの見た風景、家族に対する想い、願い、祈り 。

1ギャ~2.JPG

ギャッベを見たら、驚きます。
これを図面なしで、感覚で織っていくなんて、すごい!

ギャッベを見ていて思い出したことがあります。
私が幼いころ、母が2つ下の妹とおそろいのワンピースを、
かわいい毛糸で編んでくれたことです。
図面を見ずに即興で。
子供ながら、すごいな、と思いました。
母親が思いを込めながら、子供の洋服を手作りする光景は、
一昔前にはよく見られたことですね。

イランの遊牧民(カシュガイ族やロリ族)の女性は、
ギャッベを織れるようになったら一人前の女性とみなされるそうです。
日本でも、裁縫や編み物は、大人の女性のたしなみでしたね。

それから、ギャッベって嫁入り道具でもあるそうです。
現地では、砂の上に直接敷いて、絨毯やベッドとして使います。
ですから、とても丈夫に作られています。

tent.JPG

ずっと長くお使いいただけます。
50年~100年と長く使えるので、
欧米ではアンティークやオールドギャッベのコレクターもいるそうです。

日本でも、着物やたんすを嫁入道具として持っていく習慣がありましたね。
イランと日本の女性、なんだか似ていますね。

こういうことって、万国共通なのでしょうか?!

ギャッベは山岳地帯に生息する羊の毛で織られています。

Sheep.jpg

朝夕の気温差が40度という過酷な環境ですが、
ラノリンという良質な油分を含む毛で、
羊たちはうまく体温調節をして生き抜いているのです。
それを、遊牧民は取り入れ、ともにくらしています。
生活の知恵ですよね。

ギャッベは、さらっとしていて気持ちいいですし、
放熱性・保温性にすぐれているので、夏涼しくて冬はあたたかいです。

他にも、調湿効果があったり、空気をきれいにしてくれたり、
と嬉しい働きもしてくれます。

ギャッベには、動物や樹などの文様が描かれています 。

12014~2.JPG

それら文様には、意味があり、願いがこめられています。
文様が何を意味するか挙げてみますね、おもしろいです。

生命の樹・・・・・・・・・長寿・健康
鹿・・・・・・・・・・・・・・・家庭円満
窓・・・・・・・・・・・・・・・幸福(窓から幸せがはいってきますように)
女の人・・・・・・・・・・・子孫繁栄
ラクダ・・・・・・・・・・・・富・成功
ライオン・・・・・・・・・・深い知恵・富と力
羊・ヤギ・・・・・・・・・・不自由のない暮らし
メダリオン・・・・・・・・・魔除け

日本でも願掛けしますよね。
神社のご利益に似ていませんか?
ギャッベの上に座ったら、なんだか願いがかなうような気がしてきます。

ギャッベは色彩豊かですが、落ち着いた色あいです。
それは、植物(自然)由来の染料を使った、草木染めだからです。

some.JPG

どんな植物から抽出していると思いますか?
その色は、何を表していると思いますか?

緑・・・・・・・・・ジャシール(ザクロス山脈に自生する木)
        夏の草原
青・・・・・・・・・インディゴ(藍)、ナスの皮
        夜空や川
黄・・・・・・・・・ザクロ、ターメリック、サフラン、ウコン、ブドウの葉
        麦畑

ざくろ.jpg

↑ ザクロです 。

赤・・・・・・・・・茜の根
        太陽、夕陽
茶・・・・・・・・・くるみ、樫の木、紅茶
        台地
ナチュラル・・・・・無染色
        砂漠

一般的な絨毯には接着剤が使われています。
織った糸を安定させるためと、裏面に生地を貼るために使われます。
しかし、ギャッベには一切使われていません。

ギャッベの裏面は、大型バーナーで焼き焦がし、ムダ毛を焼き切ります。
そうすることで、遊び毛を減らし、裏面が固くなり耐久性が増します。

ギャッベは、天然素材100%です。
私たちは、化学物質に囲まれて生活しています。
そんな中で、ギャベはホッとできる存在ですね。

フローリングの床に、アクセントとして。
ごろごろしたいスペースに。
ソファ前に。
色々なシーンに、お使いいただけます。

ぜひ、サカミツ家具でご覧になってくださいね。
心よりお待ちしております。

職人の技シリーズは、これで終わりますが、
次回からも、皆さまのご参考になるような家具の話をさせていただきたいと思います。

ギャッベにつきまして、詳しくはコチラをご覧くださいませ ↓

ギャッベ
オンラインショップ ギャッベ

フェイスブック、インスタグラムも始めました。
こちらも是非、ご覧くださいませ。

▼facebook
https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

▼instagram
https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいです😊

※土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。
みなさまの、お越しをお待ちしています。

スタッフ坂光です。
末長く、使える、いい家具をご提案させていただきます。
お気軽に、お問い合わせくださいませ。
サカミツ家具
電話/082-278-7788
営業時間/10:00~19:00

ウォルナット家具の専門店
サカミツ家具

名称サカミツ家具
所在地〒733-0833 広島市西区商工センター3丁目3-18
連絡先TEL:082-278-7788    FAX:082-278-2020
E-mailinfo@sakamitsu.jp
HPhttp://www.sakamitsu.jp/
営業時間10:00 – 19:00
定休日月・火曜日
※月・火曜日が祝日の場合は営業いたします。
facebookhttps://www.facebook.com/sakamitsu.interior/
instagramhttps://www.instagram.com/sakamitsu.interior/
メールフォームでのお問い合わせはこちら