【納品事例】 <ウォールナット無垢テーブル・チェア・ベッド・他> (260) 広島県尾道市 K様  VILLAⅡ・BALDINI・GIOIA・他

【納品事例】 <ウォールナット無垢テーブル・チェア・ベッド・他> (260) 広島県尾道市 K様   VILLAⅡ・BALDINI・GIOIA・他

こんにちは
このたび、広島県廿日市市 N様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。
ご納品させていただきました家具は、

1.<サカミツ家具オリジナル>  ウォールナット無垢テーブル VILLAⅡ
  (ヴィッラⅡ)  W 1600 * D 850 * H 700 
2.BALDINI(バルディーニ)アームチェア ウォールナット材  2脚
3.ウォールナット無垢ベンチ     W1410
4. ウォールナット無垢ベッド GIOIA (ジョイア) クィーンサイズ
       W1620 * D2106 * H720(200)
5. <至福のマットレス>  クィーンサイズ(2枚)
6. GERINI(ジェリーニ)カフェワゴン
7. <至福のソファ> GRADO (グラード) 2Pカウチ 
   W2690*D1100*H800    ファブリックはグレーです。  です。

K様はメールも送って下さいました。 ↓

「 こんにちは
  納品完了しました
ありがとうございました
おかげさまで心地よい生活を送れています
また機会があればよろしくお願いいたします」

ご納品写真

商品説明

サカミツ家具オリジナルテーブル> VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  の天板は、
3センチ厚の、ウォールナットの無垢の木で作られています。

ウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、ハイグレードの木が使われています。
北海道にある大変優れた工房で、熟練の家具職人が、一品づつ丁寧に、お作りしています。

VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  の最大の特徴は、天板外側の木口部分です。
自然なラインでカーブしている、デザインになっています。
そして、このカーブの曲線は、機械で作った、人工的なカーブではありません。
ウォールナットの丸太材の樹皮をとった状態の、
「 自然そのままのカーブ曲線 」なのです。

1VILLAⅡ 040.jpg

↑ 大自然が作り出した、天然のカーブ曲線です。
見ていても、さわっていても、木の優しさ、味わいが感じられるようです ・・・ 

VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)  は、
ウォールナットの無垢天板に、自立式の 「T型脚」 を組み合わせています。

1VILLAⅡ 015.jpg

脚の取り付け位置は、「外から内へ」 3段階にチェンジできます。
ですから、ワイド方向の足元を広くしたり、あるいは、
奥行方向から座るスペースを広くしたりと、
使い勝手に合わせて変更できます。

T型脚の取り付け位置を変更するときには、
テーブルを裏返して、六角レンチで脚の取り付けネジを取り外し、
希望の場所に付け替えるだけで簡単にできます。

また、T型脚の足元には、幅広の12センチの、
「ウォールナット一枚板」 を使っています。
足元も美しいテーブルです。

1VILLAⅡ 045.jpg

世界的にも、ほぼ類の無い究極のワザ ・・・
ウォルナットの一本木を曲げて作った 美チェア
BALDINI(バルディーニ) 

1BALDINIチェア 139.jpg

↑ BALDINI(バルディーニ) です。

木部は、上質なブラックウォルナット無垢材です。
日本国内の、とても優れた家具工房で製作しています。

わたしどもが申すのも僭越ではございますが、
現在の家具業界におきまして、
いろんな点で、〖最高峰の椅子〗と言っても過言ではないと思います。
サカミツ家具は、昨年60周年を迎えました。
椅子などの脚物を中心に取り扱ってきましたので、これまで、
国内外のあらゆる椅子を見てきました。
その中でも、このBALDINI(バルディーニ) ほど、完成度の高い椅子は、
ほとんど見たことがありません。

サカミツ家具が、自信をもって、おすすめできます
名作チェアです。

1BALDINIチェア 140.jpg

ステキなデザインです。
曲線が綺麗です。

このように椅子を、曲線で表現することは、じつは、
極めて難易度が高いようです。
曲げれば曲げるほど、椅子作りは難しくなります。

そして、BALDINI(バルディーニ) では、曲げるだけではなく、
極限まで、薄く、細く、お作りしています。

薄く、細くつくることにより、
〖軽い〗
を実現しました。

一度、BALDINI(バルディーニ) を持ってみてくださいませ。
ウォルナット無垢材で製作していますが、
びっくりするほど、軽いです。
軽いので、お掃除とか、移動も楽々です♡

1BALDINIチェア 142.jpg

↑ BALDINI(バルディーニ) の最大の特徴は、背板と、アームにあります。

なんと、背板とアームを、
〖一枚の、ウォルナット無垢板〗で製作しているのです♫
こんな椅子は、あとにも先にも見たことはありません。
世界的にみても、このような作りの椅子は、ほとんど皆無かと思います。

このBALDINI(バルディーニ) を製作している工場には、
大げさな表現かもしれませんが、図抜けた技術力があります。

ウォルナットの木は、ライフル銃の銃床に使われるなど、
硬くて、曲げにくい木です。
そのウォルナットを、自在に曲げています。
ウォルナットの一枚板を曲げていますので、

・木目が、切れ目なく、美しいです。
・あらゆる角度から見ても、接合部分が存在しません。
 ウォルナット好きには、たまらないです。
 ウォルナットの木目の美しさを堪能できます。
・切れ目がないですので、手触りもいいです。
 ずっと、さわっていたい ・・
・そして強いです。

木は、曲げることにより強度が増すそうです。
生涯を通して、あるいは世代を超えて、受け継いでいける椅子かと思います。
末永く、ご家族の一員のようにして、愛していただきたいと思います。

1BALDINIチェア 146.jpg

↑ 見事なほどの匠のワザ ・・
思わず息をのんでしまいます
ウォルナットの一枚板を曲げています。
繰り返しになりますが、
このような椅子は、ほかには、ほとんど存在しないです ・・

1BALDINIチェア 150.jpg

↑ それと、もうひとつ特筆すべき点があります♡
背板から、アームにかけての部分には、ヒネリのデザイン

ウネリといったほうがいいでしょうか ・・
一枚板だからこそできる、このヒネリがたまりません
わたし (スタッフです) は、この部分が、とっても好きです♡

1BALDINIチェア 151.jpg

↑ ヒネリ(ウネリ)が、素敵です

1BALDINIチェア 154.jpg

↑ こんな感じのヒネリのデザインです。
ウォルナットの一枚板ですので、年輪も、木目も綺麗につながっています。
世界三大銘木と称される、ブラックウォルナットの木の質感が、
心地よく、伝わってきます。
ずっと見ていてもあきません。

1BALDINIチェア 155.jpg

↑ ブラックウォルナットの一枚板だけで製作した、木の造形。
背板から、アームにかけてのラインは、芸術と言ってもいいかもしれません。

日本の、高度な木工技術で現実化できた、
世界のどこにもない、名作チェアといえそうです。

そして、申し上げるのが遅くなりましたが、
座り心地は、抜群にいいです。

とくに、この背板のラインによりまして、
背あたりがとてもいいです♫
座面も、ダイメトロール仕様になっていて、
底付き感がありません。
長時間、ゆったりとお寛ぎいただけます。

1BALDINIチェア 148.jpg

↑ 後ろ姿です。
後ろ姿も、とてもステキです。
当たり前のことですが、
背板からアームにかけてのラインは、
後ろから見ても、ウォルナットの一枚板です。

1BALDINIチェア 161.jpg

↑ 座面は、カバーリング仕様になっています。
(写真のタイプは、ソフトレザーブラックです)
座面のカバーは、取り外して、着せ替えたりできます。

1BALDINIチェア 164.jpg

BALDINI(バルディーニ) は、
軽くて、
丈夫で、
座り心地がいい椅子です。

おこがましいですが、
現在、日本に流通している椅子の中で、
椅子の作りとしては、
NO.1
と申してもよいかとも思います。
それほど、優れた椅子です。
かつて存在しなかった
ウォルナットの一本曲げ木という
画期的な技を、
ぜひ、ご堪能くださいませ ・・

GIOIA (ジョイア)は、 桐箪笥 (タンス) 職人が作る、
上質で堅牢なウォールナット無垢ベッドです。 

1007ジョイア.jpg

↑ 《サカミツ家具オリジナル》 ウォールナット無垢ベッド 
GIOIA (ジョイア) です。

GIOIA (ジョイア) は、ヘッドボード、サイドフレーム、
フットボードのすべてをブラックウォールナットの無垢材でお作りしています。
ウォールナットの中でも、節や白太入りの木を使用しています。
それぞれ世界に一枚だけの、
ウォールナットらしい表情豊かな木目をお楽しみいただけます。  

1005ジョイア.jpg

GIOIA (ジョイア) は、自然の味わいが豊かで、かつ全体的には、
スタイリッシュな印象のベッドです。
GIOIA (ジョイア) のデザインと、ウォールナットは、
とてもよく合っているようです。

GIOIA (ジョイア) は、日本国内の大変優れた家具工房で、
一品づつ丁寧に製作しています。

この家具工房では、桐箪笥や、ウォールナット無垢テーブル、
テレビボードなども製作しています。
家具作りに長い歴史があり、経験、ノウハウが豊富で、
高度な技術を持つ家具工房です。
全般的なお話しですが、
家具というのは、中身が見えにくい商品です。
外観は同じように見えることもありますが、大事なのは、
「中の構造」 かと思います。

また、意外に知られていないことかと思いますが、
どんな人が作っているかによって、家具の完成形は大きく違ってきます。
サカミツ家具で、オリジナル家具を製作する場合には、とくに、
その点を大切に考えています。
当たり前のことのようですが、真面目に、
きちんと家具作りを行うということがポイントです。

《サカミツ家具オリジナル》 ウォールナット無垢ベッド GIOIA (ジョイア) は、
スノコが桐の無垢材でできていて、通気性に優れています。

1ジョイア ベッド 017.jpg

↑ マットレスを取り外した状態です。
スノコは、桐無垢材で製作しています。

GIOIA (ジョイア) は、卓越した技術をもつ桐箪笥(タンス)職人が
製作しています。
桐箪笥を製作する技術で、桐のスノコをお作りしています。 

1ジョイア ベッド 015.jpg

↑ ヘッドボード、サイドフレーム、フットボードは、ブラックウォールナットの無垢材、
スノコは、桐の無垢材です。

GIOIA (ジョイア) は、すべて、木の無垢材でできたベッドフレームです。
このように、無垢材だけでできたベッドフレームは、
今の家具市場では、とても少ないです。
現在、日本の家具店に並んでいるベッドのほとんどは、合板製のようです。
シート合板、プリント合板、ツキ板合板などを貼り付けて作っています。
また、生産国では、アジア諸国、とくに中国製が多いです。
9割くらいは、そのようなベッドではないでしょうか。

GIOIA (ジョイア) は、無垢材で製作していますので、シート貼りや、
テープ貼りの家具のように剥がれたりしません。
無垢材とは、野球で使うバットと同じで、木だけでできています。
使えば使うほど、味わいが増し、愛着も湧いてくるかと思います。 

1ジョイア ベッド 007.jpg

↑ サイドフレーム、フットボードは、
26ミリ厚のブラックウォールナット無垢材で製作しています。
厚みが26ミリと厚く、堅牢な構造になっていますので、強度、
耐久性に優れていて、末長くお使いいただけます。
スノコには、上質な桐無垢材を使用しています。 

1ジョイア ベッド 024.jpg

↑ ヘッドボードの上は、天板のようになっています。
スマホや、時計など置いていただくことができます。 

1ジョイア ベッド 047.jpg

↑ スマホなど置いていただくことができます。 
2口コンセントも付いています。 (合計1500ワットまで、お使いいただけます)
充電などもできそうです。 

1ジョイア ベッド 046.jpg

↑ ヘッドボードの上には、ミゾを、掘り込んでいます。
スマホ置きなどとして、お使いいただけます。 

1ジョイア ベッド 031.jpg

↑ けっこう便利な機能のようです。
ベッドまわりでは、意外に、スマホが行方不明?になるケースもあるようですので、
置き場所があるのはいいかもしれません。 

1ジョイア ベッド 030.jpg

↑ ヘッドボードも、ブラックウォールナットの無垢材で製作しています。
ブラックウォールナットは、チーク、マホガニーとともに、
世界三大銘木と称されています。

ブラックウォールナットの木目が美しいです。
ヘッドボードにも、無垢テーブルの天板に使うのと同じくらいのグレードの
ブラックウォールナット無垢材をお使いしています。
末長く、お使いいただけます。

5年、10年、20年とお使いになられますと、経年変化で、
ウォールナットが、
チョコレート色のような、さらに深みを帯びたいい色になっていくようです・・ 

1ジョイア ベッド 034.jpg
1ジョイア ベッド 068.jpg

↑ 2口コンセントの前には、コード穴を開けています。
配線などもしやすい設計となっています。  

1ジョイア ベッド 041.jpg

↑ ブラックウォールナット無垢材を贅沢に使用しています。
ウォールナットの木は、ライフル銃の銃床にも使われるなど、衝撃に強く、
硬い木です。
シート合板などを貼り付けて作った家具ですと、
長年使ううちに剥がれたりして、劣化しそうです。

GIOIA (ジョイア) は、すべて無垢材 【ALL無垢材】 のベッドですので、
安心して、末長くお使いいただけます。

1ジョイア ベッド 012.jpg

↑ ヘッドボードと、サイドフレームなども、良質な部品でしっかりと接続、
固定しています。
簡略な作りのベッドなどでは、しばらく使用していますと、
接続部分が緩んできたり、ガタガタしてきたりするケースがあるかもしれません。

GIOIA (ジョイア) は、日本国内の大変優れた家具工房で製作しています。
強度、耐久性、構造面が優れていますので、末長く、
心地よくお使いいただくことができます。 

1ジョイア ベッド 082.jpg

↑ 後ろから見た姿です。
ヘッドボードも、補強板も、すべて、ブラックウォールナット無垢材で製作しています。 

1ジョイア ベッド 067.jpg

↑ 2口コンセントから、室内のコンセントにコードで
つないでいただくことができます。

背面も、ブラックウォールナットの無垢材で美しい表情です。
《サカミツ家具オリジナル》 ウォールナット無垢ベッド GIOIA (ジョイア) では、
ヘッドボードに、無垢テーブルの天板に使用するのと同じくらいのグレードの、
ウォールナット無垢材を使用しています。  

1MORのベッド 043.jpg

↑ サカミツ家具では、ウォールナット無垢ベッドのバリエーションが豊富です。
上の写真の手前のベッドは、GIOIA (ジョイア) 、奥のベッドが、
NATALIA (ナタリア) です。

《サカミツ家具オリジナル》 ウォールナット無垢ベッド GIOIA (ジョイア)は、
末長く、心地よく、お使いいただけます。

“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット> は、”史上最高に、心地いい”
と言っても過言ではないと思います。
最高峰と言ってよいマットレスと思います。
わたし(スタッフです)も、これまで生きてきた中で、
家庭や、ホテル、ショップ、ショールームその他いろんな場所で、
いろんなマットレスに横になってきました。
そして、これほどの寝心地は、これまで経験したことがありませんでした。
まさに、天国にいるみたいな寝心地です。

awa1.JPG

↑ ”至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>  です。 
(写真は、ダブルサイズです)
正直申しまして、ホテルのマットレスなどに横になっていても、
スプリングのタイプですと
どうしても、下から押されてくる感じ、下からの圧迫、反発という感じは、
あると思います。

旅行や、出張でホテルに泊まっても、なかなか、
心底心地いいマットレスに出会ったことがありません。
マットレスの良し悪しは、内部の詰め物がどうとか、スプリングの数云々など、
いろいろあると思います。

ただ、わたしども、サカミツ家具が思いますのは、
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>  は、とにかく、
心地いいということです。

仰向けになっても、横向けになっても、ほんとに、天国にでもいるみたいに、
ふわ~っとした、なんとも言えない心地よさがあります。
理屈ではなく、体感した感じ、感覚が大事と思います。
“身体の形状に、きれいにマットレスが寄り添ってくれます”

これが、最大の特徴と思います。
腰、背中、肩など、人間の身体のラインには、凹凸があります。
ですので、普通は、マットレスとの間に、微妙に空間、隙間ができると思います。
隙間がありますと、背骨などで重さを支える必要がでてきます。

また、たとえば、ずっと仰向けなど同じ姿勢でいると、
お尻など身体の一部がちょっと痛くなってくることはありませんか?
わたしは、長い間、国産の通常のポケットコイルマットレスを使っていましたが、
なかなか寝付けなくて、また、夜中によく目が覚めたりしていました。
おそらく、身体の一部が圧迫されて、痛くなって目が覚めたのだと思います。

“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット> では、
その圧迫される感じが、ほとんどありません。
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、
下記の3つの特徴があります。

1、スプリングの上に、ハイグレードな、高密度ウレタンを用いています。
テンピュール素材に近い感触です。
ですので横になった時に、テンピュールマットレスのように、身体の形状にそって、
そのまま心地よく沈んでくれます。
ただ、沈みすぎることはありません。
また、テンピュールのような素材ですので、ほどよくソフトで、
身体全体が包みこまれるようです。
①テンピュールのような低反発素材の、包み込まれるような、優しさ、柔らかさと、
②スプリングによる、程よい弾力性
の両方を兼ね備えた、ハイブリッドなマットレスと言えそうです。

2、そして、高密度なウレタン素材の下には、最大の特徴の一つである、
アワーグラス(砂時計)の形をしたスプリングが使用されています。
砂時計の形ですので、上と下は、直径の大きなスプリングです。
直径が大きいので、上に乗ると、その人の体重に応じて、心地よく、
そのまま下へと圧縮されます。「下から反発してきたりしません。」

ですので、下から押されたり、圧迫されたりする感じがなくて、
痛くないのです。
そして、深い睡眠へと導いてくれます。

3、さらに、スプリングは、砂時計の形をしていますので、
真ん中は細くなっています。
つまり、真ん中は、しっかりとしたスプリングなのです。
ですので、身体の重さや形状にそって、心地よく沈みながら、
途中から、この真ん中のスプリングが効いてきて、
ほどよいところでサポートしてくれます。
柔らかすぎるわけではありません。
これが、この画期的な砂時計のスプリングの特徴です。

たとえば、横向きで横になっていますと、肩や、腰などが包み込まれるように、
心地よく沈んで、ほどよいところで、今度は、ちゃんとサポートしてくれます。
たまに、お店で寝心地チェックのため、横になっていますと、
もう動きたくなくなります。
ずっと、その姿勢でいたくなるという感じです。

“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット> は、横になった瞬間は、
ふんわりと柔らかいです。
ただ、ひたすら柔らかいだけではなく、途中からは、ほどよく硬くなってきて、
心地よく、力強く身体を支えてくれます。
ですので、柔らかい心地よさと、程よいサポート感の両方が感じられる
マットレスなのです。

“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>では、
最初は柔らかく、途中からは、硬くなるという、
硬さが変わる《魔法のようなスプリング》を使用しています。 ↓

アワーグラス.png

このスプリングは、上下は大きな直径、中央部は、細めの直径に巻かれています。
ですので、最初は、大きな径の部分が反応して、
柔らかいタッチの感触が得られます。
そして、さらに、力が加わってスプリングが圧縮されると、
小さい径の部分が反応して硬くなり、力強く、身体を支えてくれます。
当たりは柔らかく、その後、ぐっと踏ん張ってくれるスプリングなのです。

このスプリングは、世界一のベッド用スプリングメーカーである
米国レゲット社の国際特許スプリングです。
そして、スイス シュプール社の新型プリヒーティング製造機のみで
製造することが可能な、特殊スプリングです。

“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、日本国内の、
大変優れたマットレス工場で製造しています。
70年くらいの歴史があって、日本でも指折りの、卓越した技術をもつ工場です。

この工場は、日本に一台しかない、
スイス社シュプール社の新型プリヒーティング製造機を保有しています。
そして、米国レゲット社の許可を得て、その製造機で、
 “至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>を製作しています。

実際に、スプリング単体を圧縮して、
反発力を計測してグラフにしてみました。 ↓

グラフ~1.PNG

(1 ) 従来の、樽型形状のポケットコイルは、圧縮すればするほど、
    反発が強くなり、グラフでは直線です。
(2 ) ”至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>のスプリングは、
    最初は柔らかく、途中から硬さが変わって、
    急激にカーブが上昇しています。
この画期的な特性を持つスプリングにより、様々な体重、寝姿勢に対し、
マットレスが理想的なサポートをしてくれます。
また、身体の動きに対して、タイムラグがなく、瞬間的に反応してくれます。
スプリングならではの、人間にとって、生理的に心地よい感触をもつ、
最高級マットレスです。 

1ドルミータベッド 137.jpg

“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、さまざまな寝姿勢に対して、
瞬時に理想的なサポートをしてくます。
仰向けでも、横向きでも、うつ伏せでも、どんな姿勢でも、気持ちいいんです。
それで、ほどよい固さですので、横になって、本なども読みやすいです。

ドルミータベッド 102.JPG

仰向けになって寝るのも、心地いいです。
お尻など出っ張った部分は、ほどよく沈んで、背中や足は、必要以上に沈みません。
身体の形にそって沈んでくれます。
ちょうど、お風呂に入っているときのように、自然体でいられます。
一般的にスプリングタイプのマットレスですと、寝ていると、
下からバネの圧迫感を感じることがあります。
下から押される感じです。
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>では、ほとんど、それは、
感じられません。

じわ~っと沈んでいって、ちょうど良いところで、今度は、
心地よくホールドしてもらう感じです。
柔らかすぎるのも、寝返りがしにくくて、疲れるものです。
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、
柔らかすぎるわけでもありません。
じわ~っと沈むのですが、硬すぎないスプリングの程よい、弾力性があって、
心地よく身体を支えてくれる感じなのです。
ちょうど、低反発ウレタンのマットレスのような、心地よい沈み感と
スプリングの、ほどよい弾力感が、両方ある感じなんです。
浮き沈みがない感じなんです。

ドルミータベッド 105.JPG

横になっても、心地いいです。
横になると、肩や腰が出っ張っていますので、
マットレスによっては圧迫感があります。
枕で、高さを調整したりする場合もあると思います。
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>では、
ぜんぜん大丈夫なんです。
肩や、腰がふんわりと包みこまれる感じです。

「これなら、枕がいらないね♡」
と言われた、お客様もおられました。

気持ちよさの秘密は、スプリングだけではありません。
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、内部の詰め物にも、
徹底的に高品質なものを選別して使用しています。
↓ 表層のキルト部分には、ウール入りわた、防ダニ加工わた、
東洋紡製コンフォロわたを挿入しています。
さらには、生地の素晴らしい触感を生かすため、
高性能なソフトタッチフォームを採用しています。

awa2.JPG

表面は、ふんわりとしていて、心地いいです。
内部の詰め物は、外からはあまり見えないですが、
高品質な素材を厳選して使用しています。

マットレスの裏側の、バックシートには、ベルギー・デスレークラマ社製 
銀系抗菌加工ストレッチ生地を使用しています。
衛生面も万全です。

寝心地の要となるウレタン素材は、マットレスの中でも、
最高グレードの高密度ウレタンを使用しています。
新幹線グリーン車に使うタイプと同じぐらいの、高密度ウレタンです。
これだけの高密度ウレタンを使用しているマットレスは、なかなかないと思います。

低反発ウレタンマットレスのように、じわ~っと沈む感触です。
このウレタンと、特殊スプリングによって、他には無い、何ともいえない、
心地いい寝心地が作られています。
寝心地の良さを、徹底追及しています。
ウレタンについては、
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>専用に、特殊高弾性フォームを
新たに開発し、プロファイル加工しました。
さらには、比重を変えた2種類のフォームを作り上げ、
ソフトレイヤーと、ハードレイヤーの2層式にして、使用しています。 ↓

QQ画像~1.PNG

これは、一般的なマットレスには、使用できない高価な素材です。
この素材によって、肩や腰など出っ張った部分が、心地よく包み込まれます。
ただ、一方沈んでいくだけではなく、ほどよい弾力性でサポートしてくれます。
寝心地の良さを、究極的に追及した、マットレスであると思います。

ドルミ~1.JPG

 “至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、
表面の生地にイタリア・クレスピ社の、
スマートセル・クリマ温度調節生地を使用しています。
イタリア・クレスピ社の、スマートセル・クリマ温度調節生地です。 ↓

ドルミ~2.JPG

イタリア・クレスピ社の、スマートセル・クリマ温度調節生地は、
素晴らしい触感をもつテンセルが入った最高級ニット生地です。
直接、寝てみても、肌触りがよくて、とても気持ちいい生地なんです。
スマートセル・クリマは、スマートファイバー社の特殊技術で、
1国1社のみが選別され、製造する権利が与えられています。

クレスピ社は、イタリアにおいて、
スマートセル・クリマを製造できるメーカーです。

人間は、睡眠に入ると、体温が下がります。
その状態で、さらにエアコンなどで冷やし続けると、
身体が疲労してぐったりとなってしまいます。
それは、身体に悪いことである・・・という考え方で、
スマートセル・クリマは作られています。
ただ、冷やすだけ、ただ、暖めるだけという単方向の技術ではなく、
人間にとって最適の温度を保とうとする、より進んだ技術です。
これにより、寒い冬には、ほんのりと暖かく、
一方で、夏は、ひんやりと涼しい、
人にとって、快適な環境に近づくことができます。

生地表面には、37°というロゴがプリントされていますが、
これは、クレスピ社の謳う理想温度で、身体の表面ではなく、
芯【コア)の部分の温度を示しています。

冬場などに、お店でちょっと横になっていますと、
腰のあたりにカイロでも入れているみたいに、
じんわりと、ポカポカ暖かくなってきます。
ちょっと不思議です。(個人的な感想です)
生地表面には、37°というロゴがプリントされています。 ↓

ドルミ~4.JPG

布団をはぐことなく、快適に眠ることのできる温度を意識していて、
それをなるべく維持しようと働きます。
この体温調節機能は、その上にシーツなどをかぶせても、
ある程度効果が実感できるように作られています。 
マットレスの厚みは30センチあります。
マットレスの側面には、通気孔を設けています。 ↓

ドルミ~3.JPG

ときどき言われることですが、睡眠は一日約8時間。
人生の3分の1は、睡眠だそうです。
たしかに、そうかもしれません。
ご飯を食べない日や、運動をしない日は、あるかもしれませんが、
睡眠しない日というのは、ほとんど無いと言えそうです。
どちらにしても、夜になったら寝るわけですが、
その睡眠が、深くて、心地いいものであるかどうかは、長い人生の中では、
大きな差となってきそうです。(最近、睡眠負債についてよく耳にします)

睡眠に影響を与えるのは、やはり布団やマットレスだと思います。 
みなさまが使われているマットレスは、今、いかがでしょうか?
快適でしょうか?
もし、少しでも、寝心地に?をもっておられましたら、
ぜひ、一度、 “至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>に、
横になってみてくださいませ。
きっと、新鮮な驚きと、感動があると思います。
ほんとに、至福です・・・
サカミツ家具でも、スタッフが横になったところ、全員が全員、
心地いいと言いました。
(もちろん、私も、とても心地いいと思いました♡)
横になると、とにかく、大人も子供も、みんな、気持ちいい、
気持ちいいって言うんです。
こんなマットレスは、なかなかありません。
一般的に、マットレスは、人によって、好みが千差万別です。
固めが好きな方もいますし、柔らかめという方もいます。

でも、この”至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、
寝た人全員が気持ちいい、と言います。
あらゆる方にとって、気持ちいいマットレスのようです。
おこがましい申し方ですが、
“至福の、マットレス” <アワーグラス ポケット>は、
マットレスの最高峰と言えると思います。 

ドルミータベッド 124.JPG

ぜひ、サカミツ家具で、マットレスに横になってみてくださいませ ♡

GERINI(ジェリーニ)カフェワゴンは
上質なウォルナット材で製作しています。
オシャレで、素敵なデザインです。
ソファの前に置くと、とても便利です♡

1GERINI 034.jpg

↑ GERINI(ジェリーニ)カフェワゴン  です。
ソファの前に置くと、スマホや、リモコン、飲み物など置けて便利です。

1GERINI 031.jpg

天板の下は、収納になっていますので、雑誌や、新聞など置いていただけます。
足元は、キャスター付きです。
ワゴンのように、自由に移動ができます。
ソファに座ったまま、リモコンなどに手が届きますし、新聞など読めます。
さりげない家具ですが、一台あると、すごく便利です。
日々の生活が、とっても快適になりそうです♡

1GERINI 034.jpg

カフェワゴン GERINI(ジェリーニ) は、北海道にある、
卓越した技術をもつ家具工房で製作しています。
熟練の家具職人が、一台づつ丁寧に製作しています。

1BARLOTTI 006.jpg

↑ ソファの真ん中に置くことができます。
樹種は、人気のウォルナット材です。
ウォルナット材の中でも、上質な木を厳選しています。
末永く、安心してお使いいただけます。

K様邸に、ウォールナット家具が合っていてとても素敵です。
K様、この度は素敵なご納品写真を、お送りいただきましてありがとうございました。 
どうぞ末長くご愛用下さいませ

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル
VILLAⅡ (ヴィッラⅡ)につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓  

BALDINI(バルディーニ)アームチェア につきまして、
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。↓

GIOIA (ジョイア) につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。↓  

<至福のマットレス> につきまして、詳しくは、
こちらをご覧くださいませ。↓

GERINI(ジェリーニ)カフェワゴン につきまして、
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓

<至福のソファ> GRADO (グラード) カウチ につきまして、
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓

オンラインショップ テーブル
ウォールナット無垢オリジナルテーブル
ウォールナット無垢の家具
至福のソファ
至福の、座り心地って…

フェイスブック、インスタグラムも始めました。
こちらも是非、ご覧くださいませ。

▼facebook
https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

▼instagram
https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいです😊

※土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。
みなさまの、お越しをお待ちしています。

スタッフ坂光です。
末長く、使える、いい家具をご提案させていただきます。
お気軽に、お問い合わせくださいませ。
サカミツ家具
電話/082-278-7788
営業時間/10:00~19:00

ウォルナット家具の専門店
サカミツ家具

名称サカミツ家具
所在地〒733-0833 広島市西区商工センター3丁目3-18
連絡先TEL:082-278-7788    FAX:082-278-2020
E-mailinfo@sakamitsu.jp
HPhttp://www.sakamitsu.jp/
営業時間10:00 – 19:00
定休日月・火曜日
※月・火曜日が祝日の場合は営業いたします。
facebookhttps://www.facebook.com/sakamitsu.interior/
instagramhttps://www.instagram.com/sakamitsu.interior/
メールフォームでのお問い合わせはこちら