広島にある、インテリアショップの女性スタッフがつぶやく、家具選びのコツ Vol.20<羽毛ふとんの選び方>

広島にある、インテリアショップの女性スタッフがつぶやく、家具選びのコツ Vol.20<羽毛ふとんの選び方>

急に寒くなってきましたね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
私は、寒いのが苦手ですので、早速こたつを出し、寝る時の布団を
羽毛ふとんにかえました。
あとは、ヒーターを出すだけです。

なぜ羽毛ふとんがいいの?

これからの季節に、羽毛ふとんはかかせませんね。
あっ、それとも綿布団派でいらっしゃいますか?
実は、私も数年前まで綿布団派で、知人から
「騙されたと思って羽毛ふとんにかえてごらん」と言われました。
それで慌てて羽毛ふとんにかえたんです。
かえてみたら、軽いですし暖かいですし、いいことずくめでした。

でも、その時どこでどんな羽毛ふとんを買えばいいのか、とても困りました。
どこでどんな羽毛ふとんを買ったら、長く使え後悔しないのでしょうか?
市場にあふれる羽毛ふとんの中からどのようにして
選べばよいのでしょうか?
量販店、ネット通販、寝具屋、家具屋・・・
値段に幅があるけれど違いがわかりにくいですよね。
そこで今回は羽毛ふとんの豆知識をお伝えしたいと思います。

羽毛ふとんの違いについて

先日、羽毛ふとんの工場見学に行きましたので違いについて主婦の視点から
ご説明させていただきます。

1.羽毛
2.ダウンパワー
3.生地
4.キルト方法
5.生産地

羽毛ふとんの主役である羽毛は、どの国のものか、どの鳥かで
グレードがわかれます。
なぜかというと、経度の高い寒冷地や寒暖の差の激しい地域の鳥は
寒さから身を守るために、より保温性の高い羽毛をまとう必要があるからです。
保温性にそれぞれ違いがあるということですね。
ポーランドやハンガリーなどが位置する北緯45~53度は、
「ダウンベルト」と呼ばれ、良質なダウンが採れるそうです。

マザーグースダウンというと、マザーは、言葉の意味する通り、
お母さんという意味です。
水鳥が卵を温め孵化させ赤ちゃん鳥を寒さから守るための羽毛です。
ダウンは鳥の胸部にある綿毛のことでタンポポの綿のような
ボール状になっている大変稀少な羽毛です。

「羽毛布団の品質ランク」の画像検索結果

それをダウンボールといいます。
羽毛ふとんの羽毛は、ダック(あひる)とグース(ガチョウ)のこの繊維
ダウンボールのことです。(フェザーとは異なります)
このダウンボールは、ダック<グース < マザーグース
体が大きくなるほど大きくなり、保温力もアップします。
ダウンボールが大きくなると空気の層ができより暖かいからです。

お手頃価格の羽毛ふとんで使われている羽毛の多くはダックです。
ワンランク上のグースになると、市場に出回っているのはダックの20%です。
グースの中でも更に上のランク、マザーグースとなるのは、なんとグースの
5%ぐらいでとても貴重です。

下のラベルをご覧になったことはありませんか?
これは、ダウンパワーを表しています。

「羽毛布団の品質ランク」の画像検索結果

ダウンパワーは、羽毛の品質を表す数値です。
数値が高いほど、保温性が高く高品質とされいます。

「羽毛布団の品質 ダウンパワーとラベル」の画像検索結果

右にいけばいくほど、重さが同じでもふわっと感が異なり
カサが大きくなります。
ラベルによって羽毛原料の種類が異なります。↓

プレミアムゴールド・・・ポーランド産マズルカスホワイトマザーグーズダウン
            ハンガリー産ホワイトマザーグーズダウン
            ポーランド産ホワイトマザーグースダウン など
ロイヤルゴールドラベル・・ポーランド産ホワイトグースダウン
             ウクライナ産ホワイトグースダウン
             ブルガリア産ホワイトダックダウン
エクセルゴールドラベル・・ハンガリー産ホワイトダックダウン

羽毛ふとんの違いについて、なんとなくおわかりいただけたでしょうか。
ただ、このラベルは規格外でも流出してしまうことがあるので
ラベルだけで選ぶより、信頼できるところでご購入された方が良さそうです。

生地について

羽毛を包んでいる生地を、ふとん側地といいます。
肌に直接触れる部分です。
カバーをかけるとしても、寝ている間には大量の汗をかくので
蒸れない通気性のよいものがよいですね。
化繊より自然素材がおススメです。
また、生地を織る糸が細いほどなめらかな肌触りになるので
細い糸の生地ほどグレードが良くなります。(生地クラス)

キルト方法

表地と裏地を重ねて刺し縫いすることをキルトといいます。
羽毛ふとんを見ると、マスのように縫い目があります。
このマスの中に、羽毛が入っているのですが、様々なキルト方法があります。

表生地と裏生地を格子状に直に縫い合わされているヨーロピアンキルトと
呼ばれているタイプがあります。
このタイプを改良して表生地と裏生地の格子状の仕切り部分に、
垂直に介在するマチ布を間に入れて仕立てられているのが立体キルトです。
ブロックとブロックの境目(格子状の仕切り部分)に厚みがあるタイプが
立体キルトです。

生産地

世界に誇れる縫製技術の日本、というフレーズを聞いたことがある方は
少なくないと思います。
ファッション界ではよく言われていますね。
日本は、物づくりにも定評があります。
羽毛ふとんに関しても、日本製が優れているといえそうです。

残念ながら、量販店などのお手頃価格な羽毛ふとんはほぼ海外製です。
品質、生地、縫製、どれをとっても日本製が優れていて寝心地が良いです。
サカミツ家具では、クオリティーの高い日本製をおススメします。

今回、工場を訪れてみてその細やかな物づくりには関心させられました。
羽毛ふとんを作るのに、こんなにも沢山の人が関わり、
たいへんな労力をかけて細心の注意を払って作られていることを
しっかり見学してきました。

まとめ

人生の三分の一は睡眠です。
脳のアップデートは、睡眠中におこなわれると言われます。
その睡眠の質いかんで人生の三分の二が変わってくる、といっても
過言ではないでしょう。
適正な睡眠時間を取れている方の方が太りにくい、お勉強のできる子は
良く寝ているとも言われています。(睡眠中に成長ホルモンが分泌
されるからです。)
不眠症の方はうつ病になりやすいとも言われますね。
私たちにとって、どれだけ睡眠が大切かおわかりいただけると思います。
少しでも不眠が気になる、という方はベッドまわりを
一度再考してみると良いかもしれません。

安価ではないかもしれませんが、羽毛ふとんは決して贅沢品ではなく、
私たちの幸福度や健康度をあげるマストな家具の一つといえますね。

サカミツ家具では、新しいこころみとして良質なオリジナル羽毛ふとんを
展示しております。
ぜひ、サカミツ家具でお試しくださいませ。
心からお待ちしております。

↓ ≪至福の羽毛ふとん≫につきまして、詳しくは、こちらをご覧ください。

シルクのような美しい光沢としなやかな肌ざわりの超極細糸の最高級カバーを使用しています
オンラインショップ ベッド

フェイスブック、インスタグラムも始めました。
こちらも是非、ご覧くださいませ。

▼facebook
https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

▼instagram
https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいです😊

※土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。
みなさまの、お越しをお待ちしています。

スタッフ坂光です。
末長く、使える、いい家具をご提案させていただきます。
お気軽に、お問い合わせくださいませ。
サカミツ家具
電話/082-278-7788
営業時間/10:00~19:00

ウォルナット家具の専門店
サカミツ家具

名称サカミツ家具
所在地〒733-0833 広島市西区商工センター3丁目3-18
連絡先TEL:082-278-7788    FAX:082-278-2020
E-mailinfo@sakamitsu.jp
HPhttp://www.sakamitsu.jp/
営業時間10:00 – 19:00
定休日月・火曜日
※月・火曜日が祝日の場合は営業いたします。
facebookhttps://www.facebook.com/sakamitsu.interior/
instagramhttps://www.instagram.com/sakamitsu.interior/
メールフォームでのお問い合わせはこちら