top of page

うっとりするほど心地いいソファ 〈至福のソファ〉VIALE(ヴィアーレ) 


ウォールナット無垢ソファ
【至福のソファ】VIALE(ヴィアーレ)カウチソファ

みなさま、 ソファを購入されるとき、 どんな点を重視されますか ?


・デザイン ・価格 ・生産国 ・ブランド名 ・座り心地の良さ など、いろいろあると思います。


ただ、 ひとつ言えますのは、 ソファは、商品によって、 ・耐久性 ・座り心地 に大きな差があるということです。


たとえば、 テーブルでしたら、 極端なお話ですが、 お使い勝手はそれほど違いません。 基本的には、 天板があって、脚があるだけです。 食事をするという目的だけで考えますと、 どのテーブルでも、 一応、目的は達成されると思います。


一方、 ソファはどうでしょうか。 じつは、 耐久性と、座り心地については、 ほんとに、 “雲泥の差” という表現が適切と言えるくらい、 差があるようです。


では、 なぜ、耐久性に差があるのでしょうか ? それは、 ソファには、 ウレタンなど、 「消耗していく性質の素材」 が使われているからです。

そして、その消耗していく性質の素材に、 毎日、毎日、ご家族みなさまで、お座りになられます。


つぎに、 お座り心地です ・・ なぜ、座り心地に差があるのでしょうか ?


それは、 ソファの“内部の構造”が違うからです。

たとえばのお話ですが、 テーブルでしたら、 表面を見たり、裏側を覗き込んだりしましたら、 大体の構造は、見えます。


一方で、 ソファの内部構造は ・・

張り込み式のソファでしたら、 表面の布や、革を切り裂いていかなければ 内部の構造を見ることはできません。


たとえば、自動車でしたら、 ボンネットを開ければ、エンジンを見ることができます。 でも、ソファは内部の構造を見ることができないのです ・・ ブラックボックスと言えるかもしれません。


ソファの構造として 一般的に多いのは、 バネやスプリングの上に、ウレタンというタイプです。

バネは基本的に、 押されたら押し返す という性質がありますので、 長く座っていると、 お尻が痛くなってきたりするかもしれません。


ウレタンについては、概して、 値段に比例したグレードになっています。 値段の低いソファには、 20キロ/㎥くらいの、低比重のウレタン、 つまり、 へたりやすいウレタンが使われていることが多いです。


もう一つ、見逃せないポイントは、 生産国です。

ブランド名は、 デンマークや、イタリア、日本でも、 じっさいの生産は、中国 というソファが、とても多いです。


ですので、 ソファを購入されるときには、 ブランド名は別として、 「どこの国で、生産していますか?」 と聞かれるほうが良いかもしれません。


見た目のデザインや、 価格だけで、 ソファを選ばれるのも、一つのご選択肢です。


ただ、 ソファは、一度購入されますと、 ずっとお使いになるものですし、 また、 毎日、毎日、お座りになる場所です。


こんなご経験はありませんか ?

“ソファを買ったけど、5年くらいしたら、 座面がへたってしまい、また新しいソファに買い替えた ・・”

“張り込みタイプの本革ソファの、革が破れてしまったが、 修理代が、新品ソファと同じくらいで、あきらめた ・・”


口はばったい申し方かもしれませんが、 ぜひとも、 慎重に、 ソファ選びをされることをおススメします ・・


ご購入されるときには、 お店の人に、 「このソファは、何年使えますか ?」 とお聞きになられると良いかもしれません。


私ども、サカミツ家具は、 家具のお店ですので、 これまで、 いろんな国の、 いろんなメーカーのソファを 長年にわたり、数多く取り扱ってきました。


そして、今は、 <至福のソファ>に、行き着きました。

<至福のソファ>は、 わたしども、サカミツ家具が みなさまに、 自信をもって、おすすめできるソファです。


座った瞬間には、 ハンガリー産マザーグーススモールフェザー のふんわりとした、やさしいファーストタッチ、 そして、沈み込みすぎることなく、その下の高密度ウレタンが ほどよくサポートしてくれます。

ソファ本体には、世界最高ランクの、 インテス社ウェービングテープが30本以上張り巡らされ、 ハンモックのように心地いいです。 まさに、至福の座り心地 ・・


<至福のソファ>は、 日本国内の、 とても優れた、ソファ専門の工房で、 熟練の職人が、一台一台、丁寧に、 お作りしています。


ソファ本体は、戦車のように頑丈です。 また、 新幹線グリーン車にも使われている、 50キロ/㎥ 以上の高密度ウレタンは、 10年使っていても、ほとんどヘタリが見られません。


カバーやウレタンなどは交換可能ですので、 メンテナンスしながら、 生涯、お使いいただけるソファです。


<至福のソファ>は、 一度、お求めになられますと、 生涯を通して、お使いいただけます。


そして、 生涯を通して、 至福の、お座り心地が続いていきます ・・


ぜひ、サカミツ家具で、

<至福のソファ>にお座りになってみてくださいませ。


【お問い合わせ、ご質問等につきまして】

ぜひ、〈お電話〉〈お問合せボタン〉または

〈LINE〉から、お気軽にお問い合わせくださいませ♬  

 ⬇️

#うっとりするほど心地いいソファ 〈至福のソファ〉VIALE(ヴィアーレ)

Comments


bottom of page