〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢テーブル・チェア><至福のソファ> (476)兵庫県神戸市 U様 「とても良いです。」

〖お客様からのレター〗<ウォールナット無垢テーブル・チェア><至福のソファ> (476)兵庫県神戸市 U様 「とても良いです。」

さて、今日は、サカミツ家具で、商品をご購入いただきました、
お客様から、アンケートのお便りをいただきましたので、
ご紹介させていただきます。

1.<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル
   GRAZIAⅡ(グラッツィアⅡ) W 1400 * D 850 * H 700
2.DELFINA(デルフィーナ)ソファベンチ  ストレートタイプ
   W1450 * D620 * H770 * SH430
3.ウォールナット無垢チェア LIBERTA(リベルタ) チェア  2脚
4. <至福のソファ> LISA(リーザ) 2P 
  W1700*D920*H780*SH370  ファブリックはグレーです。

お便り

↓ 兵庫県神戸市 U様からいただきました、お便りです。

↓ <サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル
   GRAZIAⅡ(グラッツィアⅡ)です。

↓ DELFINA(デルフィーナ)ソファベンチ  です。

↓ ウォールナット無垢チェア LIBERTA(リベルタ) チェア  です。

↓ <至福のソファ> LISA(リーザ) です。

「ネット・ホームページをみて」

U様は、サカミツ家具のホームページをインターネットでご覧になって、
ご来店、ご購入くださいました。
U様のように、ホームページをご覧になったことが、きっかけで、
ご購入くださるお客様が、とても多いです。
お客様のご要望に応えられるような商品と、お役にたてる情報を、
ホームページやSNS にてお知らせできるよう努めてまいりたいと思います。
引き続き、末長いご愛顧をお願い申し上げます。

今回、家具をお選び頂いた理由・決め手

「ご主人の説明で良い品であること、
 永く使えるものであることがよくわかったから。
 予算に少しオーバーする程度で購入できたから。」

商品説明

《サカミツ家具オリジナル》
ウォルナット無垢テーブル GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)は、
ウォルナットの丸太材から、製作しています♫

天板の厚みは、3センチあります。

幅の広い材を 贅沢に 使用しています。
4〜6枚ハギです。

今、日本の家具小売り市場では、
天板の厚みは、2センチくらいが主流です。
板の幅は、平均8センチで、
10枚ハギくらいが、多いです。

その点で、
天厚3センチ
4~6枚ハギの、ウォルナットテーブルは、希少かと思います。

【You Tube】で、ご紹介しています。
ぜひ、ご覧くださいませ

《VOL.1》【GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)の特徴、ソファベンチとの組み合わせ】

《VOL.2》【GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)のイメージ動画】

GRAZIAⅡ (グラッツィアⅡ)は、世界三大銘木、
ブラックウォールナットの中でも、厳選された美しい材を使用しています。

北米アパラチアン山脈から切り出されたウォールナットの木を丸太の状態で
輸入し、節や欠点の少ない良い部分を選んで、お作りしています。
熟練の家具職人が、一枚一枚のテーブルごとに、
長年の経験にもとづいて使う木を選別し、丁寧に木取りを行い、製作しています。

GRAZIAⅡ (グラッツィアⅡ)は、日本でも指折りの技術力のある、
北海道の優れた工房で、匠の職人が、一品一品、丁寧に作り上げていきます。
この工房は、大正時代に創業され、90年近い歴史があり、“坂本九記念館” で、数字の「9」の形をしたテーブルを作るなど、
オーダー家具生産を得意としています。

天板の厚みは、3センチあります。
木口面がストレートで、モダンでスタイリッシュなデザインです。
3センチの厚みがありますので、さわっているだけで心地よく癒されるようです。

脚は、角ストレート4本脚を取り付けしています。
GRAZIAⅡ (グラッツィアⅡ)は、GRAZIA (グラッツィア)より、
脚が外側に取り付けられています。
ですので、足元が、広々としていて、脚と脚の間に、サイドチェアが3脚、
横に並んで入ります。

脚と天板は、しっかりと頑丈に接合しています。
天板の裏に金属板が埋め込まれ、その金属板と、金属ビスで頑強に接合されています。

また、天板の下には、金属の反り止めが埋め込まれていますので、
出っ張った木や幕板がありません。
ですので、足元が広々していて、ゆったりと脚組みができます。

GRAZIAⅡ (グラッツィアⅡ)は、ウォールナットの中でも、
節や欠点の少ない無垢材を使用していて、とても美しいテーブル です。

使ううちに、経年変化で、さらに深い味わいが感じられるテーブルとなります。ご家族の一員のように、末永く、お使いいただけます。

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) です ↓

モダンでスタイリッシュなデザインのテーブルです。

脚が一番外側に付いていて、足元が、広々としています。

ワイド180センチタイプ(写真のタイプ)ですと、脚と脚の間に、サイドチェアが3脚、横に並んで入ります。

3センチ厚の、ブラックウォールナット無垢材を、贅沢にお使いしています。

ブラックウォールナットの中でも、節や欠点の少ない良質な部分を厳選しています。

北海道の大変優れた工房で、一品づつ受注生産しています。 

大変、技術力のある工房です。

製品の精度が高く、強度があり、耐久性も抜群です。

生涯、あるいは世代を超えて、お使いいただけるテーブルです。  

ウォールナットの丸太材から、良質な部分を選別して、
美しい素材でお作りしています。

一口に、
“ウォールナットの無垢テーブル” と言いましても、じつは、
いろいろなタイプがあるようです。

天然素材という点で、たとえば、お寿司などと似ています。 

お寿司屋さんに行きますと、マグロの中には、赤身もあればトロもあります。 

また、同じお寿司でも、回転すし、スーパーのお弁当、あるいは、
板前さんが握るお寿司などいろいろ種類があります。

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)に使っています、ウォールナットは、
お魚で言いますと、トロの部分といえそうです。   

昨今の、日本の家具市場では、
ブラックウォールナット無垢テーブルと言いましても、
ホワイトウォールナット(?)と申したくなるような、
白っぽい材も増えているようです。

ウォールナット特有の、赤黒い色調の材は、とても希少のようです。

日本の、一般的な家具メーカーでは、
ウォールナット材を、商社等経由して、ランダムな板の状態で調達しています。

<サカミツ家具オリジナルテーブル> では、
ブラックウォールナットの丸太材を、独自のルートで調達して、
その丸太材からテーブルを製作しています。
ですので、大変希少な、大トロ、中トロの材を使用することができます。

↓  北海道に入荷してきた、ブラックウォールナットの丸太材です。  

IMG3900.jpg

ウォールナットは、世界的に人気のある木です。
北米アパラチア山脈で産出されますが、日本に入ってきますのは、
全体の3%ほどで、多くは、アメリカ、中国などの大消費国向けです。

良質なウォールナットの木は、とても少なくなってきました。

↓ ウォールナットの丸太材の中でも、20%くらいしかとれない、
綺麗な部分をお使いしています。

ウォールナットの木は、世界三大銘木と言われます。 

購入された当初も美しいですし、長年お使いになられて、経年変化してきたウォールナットは、言葉で言い尽くせないような、良い味わいと、深みがでるようです。

天板と、脚の接合も、しっかりとしています。 ↓ 

よくご覧になっていただきますと、天板にも、脚にも、
すべて2ミリの R (丸み) をつけています。 

あまり目立たない点ですが、熟練の家具職人が、一品一品、手作業で、
丹精込めてお作りしています ・・

1GRAZIAⅡ 016.jpg

【サカミツ家具オリジナルテーブル】の共通仕様としまして、
芯材 (反り止め材) は、天板に埋め込んでいます。 

ですので、真横から、テーブルをご覧になられたときに、幕板や、
反り止め材など、出っ張った木材は何もありません。 ↓

足元が広いですので、ゆったりと足組みができます。 

また、アームハイの高い、アームチェアも、天板下に収めていただけます。 

そして、すっきりとした印象のデザインになっています。   

1GRAZIAⅡ 017.jpg

【サカミツ家具オリジナルテーブル】 GRAZIA (グラッツィア) は、
ロングセラーで、とても人気の、テーブルです。

GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) は、GRAZIA (グラッツィア) とは、
すこし違ったデザインと、お使い勝手です。 

お客様の、お好みで、GRAZIA (グラッツィア)か、
あるいは、GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ) かお選び頂けましたらと思います。 

1GRAZIAⅡ 023.jpg

お食事もできる、ソファ

DELFINA(デルフィーナ)ソファベンチ
【You Tube】で、ご紹介しています。 

《VOL.1》「DELFINA(デルフィーナ)は、座り心地がいいです」
ぜひ、ご覧くださいませ ↓

【You Tube】で、ご紹介しています。 

《VOL.2》「GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)テーブルとの組み合わせ」
ぜひ、ご覧くださいませ ↓

DELFINA(デルフィーナ)ソファベンチは、
ダイニングテーブルに合わせて使えます。
(↑ 上の写真のテーブルは、W180×D90×H70 センチです)

日本国内の、優れた技術をもつソファ専門工房で、
一台づつオーダーメイドしています。

ソファの仕様で製作していますので、
ソファとしてゆったり寛いでいただくことができます。

上の写真のテーブルの高さは、
70センチ(標準的なダイニングテーブルの高さ)です。

一般的には、LDタイプですと、低めのテーブル
(60~65センチの高さなど)を合わせるケースも多いかと思います。

DELFINA(デルフィーナ)は、70センチのテーブルで大丈夫です。

椅子と同じように、普通の姿勢で、お食事ができますし、
お食事のあとも、ソファとして心地よくお過ごしいただけます♬

↑ DELFINA(デルフィーナ)【ソファベンチ】です。
とても座り心地がいいです♫

《ウレタン》の下に、《ウェービングテープ》を使用していて、
座ったときに、底づき感がありません。

ふんわりと、包み込まれるような座り心地です💗
長時間、座っていても、お尻や背中が痛くならないです。

デザインも、スタイリッシュで素敵です。
レザーのカバー(写真のタイプは、人工皮革)は、カバーリングタイプです。

レザーですが、張り込みではなく、カバーだけ取り外すことができます。
↑ 上の写真で、ご覧いただけます通り、縫製が良く、仕上がりも綺麗です。

カバーリングですが、張り込んであるようにピシッとしています。
これだけの技術のある工房は、稀有かと思います。

↑ 【コーナーソファベンチ】です。
片方だけアームがあります。
【ソファベンチ】と【コーナーソファベンチ】をL型に並べて置いて、L字型のコーナーソファにすることもできます。

このコーナーソファベンチも、とても座り心地がいいです♬

コーナーのところに寄りかかるのもいいですし、アーム側を背にして、カウチソファのように足を伸ばして座るのも気持ちいいです。
まさに、ソファとして、お使いいただけます。

後ろ姿もステキです♪

背中がほどよく傾斜していて、座り心地がいいです。

↑ 座面の上のクッションを取り外した状態です。
(ソファベンチの本体の写真です)

↑ 上の写真のように、カバーを取り外すことができます。

すべてカバーリングタイプです。
将来的に、カバーだけ着せ替えることができます。
本体が頑丈ですので、カバーだけ交換しながら、末永くお使いいただけます。

また、DELFINA(デルフィーナ)で使用している人工皮革は、
とても上質です。

厚みがあり、キズがつきにくく頑丈です。
手触りもいいです。

DELFINA(デルフィーナ)は、
標準的な高さ(70センチ)のテーブルに合わせることができます。
お食事もできて、
さらに、ソファとしてお寛ぎいただけます♡

LIBERTA (リベルタ) チェアは、
サカミツ家具で人気の “ウォールナットチェア” です。
背もたれが広くて、身体に合わせた、カーブを描いています。
背中を、ゆったりとあずけることができて、座りやすいです。

riberuta2.JPG

LIBERTA (リベルタ) チェアは、日本国内の、大変優れた工房で製作しています。
この工房は、日本家具産業振興会によります、
「国産家具」表示ができる事業者として認定されています。
強度や、安定性、シックハウス対策などについて基準以上との認定を受けています。
末長く、安心してお使いいただける椅子です。

木部は、ブラックウォールナットの無垢材でお作りしています。
スリムなラインで、綺麗なデザインです。
重さも軽めで、移動しやすいです。
立ち上がる時に、アーム部分をもてますので、立ち上がりも楽です。

riberuta1.JPG

背中が、曲線を描いていて、肘をのせていただくことができます。
このちょっとした長さのアームが、とても心地いいです。  

1NAG2.JPG

↑ 少し後ろから見ますと、背中全体、
身体全体を包み込むような形になっているのがわかります。 
ちょうど身体にフィットしてくれて、長時間心地よく座れます。
↓ ホワイトオークでもお作りできます。(↓ ファブリックタイプです。)

fadsaas.jpg

快適なワンシート
【至福のソファ】LISA(リーザ)

【You Tube】でご紹介しています♬
ぜひご覧くださいませ ⇩ 

モダンで、スタイリッシュなデザインです。
とても座り心地がいいです。

座面には、40+55キロ/㎥の高密度ウレタンを使用しています。
しっとりとしていて、上質な座り心地です。

脚は、ブラックウォルナット無垢材です。
角テーパーで、オシャレな形です。

座面は、ワンシートです。
座面の内寸ワイドは、190センチ近くあります。
(写真の、3Pタイプの場合です)
大人の男性が、ゆったりと横になることができます。
とくにおススメは、サイドのピロークッションに頭をのせて、
ゴロンと横になること・・

座面は、しっとりと沈みますので、腰やお尻も、きれいにひろってくれます。
身体と座面クッションとの間には、ほとんどスキマができません。
長時間、心地よく、ヨコになっていられます。
置きクッションを取り外しますと、ベッドとしても使えそうです。

後ろから見た姿も、ステキです。
日本国内の、とても優れたソファ専門工房で、一台づつオーダーメイドしています。
アパレルでの経験も豊かな熟達の職人さんが、ソファカバーも一枚づつ丁寧に縫製しています。

LISA(リーザ)は至福のソファらしい、まさに至福のソファと思います。

ご感想

「とても良いです。」

U様に、ご満足していただけたようで、たいへん嬉しいです 。

U様に、家具のご満足度5点をいただきました。

U様、このたびは、アンケートのお便りをお送りいただきまして、ありがとうごいます。

どうぞ末長く、ご愛用くださいませ。

<サカミツ家具オリジナル> ウォールナット無垢テーブル
GRAZIA Ⅱ(グラッツィアⅡ)につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 ↓ 

↓  DELFINA(デルフィーナ)ソファベンチ
につきまして、詳しくは、こちらをご覧くださいませ。 

↓ LIBERTA (リベルタ) チェア につきまして、
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

↓ <至福のソファ> LISA(リーザ) につきまして、
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

オンラインショップ テーブル
ウォールナット無垢オリジナルテーブル
至福のソファ
至福の、座り心地って…
ウォールナット無垢の家具

フェイスブック、インスタグラムも始めました。
こちらも是非、ご覧くださいませ。

▼facebook
https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

▼instagram
https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいです😊

※土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。
みなさまの、お越しをお待ちしています。

スタッフ坂光です。
末長く、使える、いい家具をご提案させていただきます。
お気軽に、お問い合わせくださいませ。
サカミツ家具
電話/082-278-7788
営業時間/10:30~18:00

ウォルナット家具の専門店
サカミツ家具

名称サカミツ家具
所在地〒733-0833 広島市西区商工センター3丁目3-18
連絡先TEL:082-278-7788    FAX:082-278-2020
E-mailinfo@sakamitsu.jp
HPhttp://www.sakamitsu.jp/
営業時間10:30 – 18:00
定休日月・火曜日
※月・火曜日が祝日の場合は営業いたします。
facebookhttps://www.facebook.com/sakamitsu.interior/
instagramhttps://www.instagram.com/sakamitsu.interior/
メールフォームでのお問い合わせはこちら