【納品事例】 <ウォールナット無垢テレビボード・リビングテーブル> MODENA・ESTERO(293) 広島市東区 T様

【納品事例】 <ウォールナット無垢テレビボード・リビングテーブル>  MODENA・ESTERO(293) 広島市東区 T様

こんにちは
このたび、広島市東区 T様から、素敵なご納品写真をお送りいただきました。
ご納品させていただきました家具は 、

1.ウォールナット無垢テレビボード  MODENA (モデナ)
W 2000 * D 470 * H 428
2.ウォールナット無垢リビングテーブル ESTERO (エステロ)       
W 1100 * D 550 * H 350          です。

ご納品写真

↓ T様から、お送りいただきました、ご納品写真です。

商品説明

ウォールナット無垢テレビボード  MODENA (モデナ)は、
前板にガラスなどが無く、すっきりとしていて、
スタイリッシュな印象のテレビボードです。  
ブラックウォールナットの木目がとても美しいです。
展示のタイプは、オイル仕上げです。
ブラウン色などで、着色はしていません。
ブラックウォールナットの、自然そのままの色です。 

1001a.jpg

天板と、引出しの前板を、ブラックウォールナットの無垢材で製作しています。
ブラックウォールナットの中でも、節や欠点の少ない、
最高ランク 《FASクラス》 の木を厳選しています。 

ブラックウォールナットは、北米五大湖、アパラチア山脈近辺で産出され、
世界三大銘木と称されています。
木目がとても美しいですので、世界的にも人気の高い木のようです。
高級クルーザーやヨットの内装や、大富豪の方の家のフローリングなどにも、
ブラックウォールナットが使われているそうです。 

1モデナTV1800 004.jpg

前面には、横格子状のデザインを施しています。 
日本国内でも、指折りの卓越した技術をもつ家具工房で、
一品づつ受注生産しています。
この家具工房では、一台100万円くらいするような総桐箪笥も製作しています。  

1004a.jpg

↑ 引出しを開けた状態です。
引出しの内部は、桐の無垢材で製作しています。
桐の中でも、桐箪笥に使うタイプと同じハイグレードな木を使用しています。 

1039a.jpg

引出しの前板は、ブラックウォールナットの無垢材、引出しの内部は、
桐の無垢材で製作しています。
その無垢材を使って、確かな技術をもつ職人が、一品づつ、組み立て、
丁寧に仕上げています。

自然の味わいが豊かに感じられる、本格的なオーダー家具です。  

1009a.jpg

↑ 引出しの前板には、ライン状のミゾがあります。 
このミゾから、リモコンの電波が通ります。
引出しを閉めたままで、リモコンの操作ができます。  

1014a.jpg

↑ ミゾは、内部では、広く掘り込んであります。
色んな角度から、リモコンの電波が通りやすい構造となっています。  

1038a.jpg

↑ 引き出し内部の接合には、「アリ組み」 という技法を用いています。
 (↑ 上の写真の、引き出し右側で、台形に見える部分です)
「アリ組み」 は、蟻の口のように角度が付いていますので、
力が加わる方向に引っ張ってもはずれません。

そして、MODENA (モデナ) では、同じ 「アリ組み」 の中でも、
「大アリ組み」 で製作しています。
「大アリ組み」 は、通常のアリ組みよりも、一つ一つのブロックが大きいです。
ですので、大きな力が加わっても、さらに壊れにくくなっています。
見た目にも美しい仕口です。

現在の家具業界の中で、
この 「大アリ組み」 という技法を施している家具も、大変、希少のようです。 

内部の接合には、「ほぞ組み」 という強度、
耐久性に優れた高度な技法を用いています。
(一般的な家具の接合は、「ダボ組み」 です。 ダボ組みとは、丸い突起物で、
  家具を接合する方法です。)

ホゾ (2).jpg

↑ 「ダボ組み」 です。
「ほぞ組み」 では、接合する部分に、凹凸の形状を作り、しっかりとはめ込みます。
家具の構造が頑強となりますので、末永く、安心して、お使いいただけます。

ホゾ (1).jpg

↑ 「ほぞ組み」 です。
「ほぞ組み」 は、もともと桐タンスで使われる技法です。
しかしながら、桐タンスや、婚礼タンスの産地にあっても、昨今、「ほぞ組み」で、
家具を製作している工場は、非常に少ないです。
機械で、大量に生産できる、「ダボ組み」がほとんどのようです。

MODENA (モデナ) では、ノミやカンナを使える、熟練の家具職人が、
一品づつ丁寧に製作をしています。
外からは見えない部分ですが、内部も、大変優れた構造となっています。 

1モデナTV1800 016.jpg

↑ 天板は、ブラックウォールナットの無垢材で製作しています。
MODENA (モデナ) は、上質なブラックウォールナットの無垢材を
使用して製作しています。

一口に、ブラックウォールナット無垢材と言いましても、
いろいろな種類やランクがあります。

節や欠点が少なく、最高ランクと言われる材が、⦅FASクラス⦆ です。
次が、節や欠点のあるタイプで、⦅ワンコモンクラス⦆。
その次が、節、欠点が、もう少し多い ⦅ツーコモンクラス⦆ などです。

MODENA (モデナ)では、最高ランクの、
⦅FASクラス⦆ のブラックウォールナット材を使用しています。  

1020a.jpg

↑ 左側の引き出しの内部です。 
引き出し内部が広めですので、大きなサイズの物なども収納できそうです。
仕切り板は取り外しや、取り付け位置の変更ができます。 

1021a.jpg

↑ 引き出し内部の仕切り板を、取り外すことができます。
仕切り板を取り外しますと、より大きなサイズの物を収納できます。 

1034a.jpg

↑ 引出しには、3段スライドレールを使用しています。
ですので、フルオープンします。 
奥に収納した物も、取り出しやすいです。 

1030a.jpg

↑ 右側の引き出しを開けた状態です。 
引き出しの内部は、上質な桐の無垢材で製作しています。
桐には、調湿効果、防虫効果などがあって、
大切なものを安心して収納していただくことができます。 

1モデナTV1800 019.jpg

↑ 右の引き出しを開けた状態です。}本体の内部に、
機器類を収納することができます。

1049a.jpg

↑ テレビボードの裏側の状態です。 
天板に、配線用の欠き込みがあります。
(欠き込みを無しにすることもできます。) 

1050a.jpg

↑ 上部に置いたテレビと、テレビボード内の機器類の配線がしやすい設計、
構造となっています。  

1047a.jpg

↑ 機器類を収納する場所の背面は、オープンになっています。

MODENA (モデナ) は、ブラックウォールナット 以外の樹種でも製作できます。
製作できます樹種は、
1、ブラックチェリー材
2、ホワイトオーク材  柾目
3、ハードメープル材
4、ホワイトアッシュ材 です。 
すべて、北米産の銘木です。

そして、上記の 1~4の木の場合も、
すべて、最高ランク ⦅FASクラス⦆ の、無垢材 で製作いたします。 
仕上げ塗装は、ウレタンと、オイルでお選びいただけます。
ウレタンの場合は、 <150%ツヤ消し> という特殊な仕上げです。
<150%ツヤ消し> 仕上げですと、
まるで、オイル仕上げのような、自然な仕上がりです。

それぞれの樹種の、サンプル材の画像を撮ってみました。

1モデナTV1800 014.jpg

↑ 上の写真は、オイル仕上げです。 
左上が、ハードメープル、右上が、ホワイトアッシュ
左下が、ホワイトオーク、右下が、ブラックチェリーです。 

サンプル材も、良い素材でできていて、とても美しいです。
↓ 年輪もご覧いただけましたらと、思わず、立ててみました。

クオ中 木サンプル 019.JPG

ホワイトオークのサンプル材です。 ↑ 
ホワイトオークは、柾目だけでお作りします。

一般的には、家具材として使われる場合、オークは板目が多いです。
ただ、オークの板目は、割れや反りが生じる可能性があります。
MODENA (モデナ) では、
ホワイトオークの場合、すべて、柾目の無垢材でお作りします。

ブレシアTVオーク 003.JPG

↑ ホワイトオーク柾目材タイプの、テレビボードと、サイドキャビネットです。
(上の写真は、MODENA (モデナ)ではありませんが、
MODENA (モデナ)のホワイトオーク材タイプも同様の仕上げとなります。)

最高ランク ⦅FASクラス⦆ の、
ホワイトオーク柾目の無垢材を使用した家具というのは、大変希少のようです。 

1001a.jpg

MODENA (モデナ) は、
・お客様の、ご要望通りに、1センチ単位でフルオーダーができるテレビボードです。
・形やデザインにつきましても、お客様の希望に応じて、自由自在に製作ができます。
・素材は、最高ランク ⦅FASクラス⦆ の木だけを厳選しています。
・製作は、日本国内でも、指折りの卓越した技術をもつ家具工房で、
  熟練の職人が一台づつ丁寧に行います。

末長く、安心してお使いいただける、テレビボードです。

ESTERO (エステロ) センターテーブルは、
美しい木目と舟型(船底のようなデザイン)が特徴です。

えすてろ.JPG

展示のタイプは、オイル仕上げです。
オイル風ツヤ消しウレタン仕上げにもできます。

えすてろ1.JPG

サカミツ家具オリジナルテーブルの共通仕様、「芯材埋め込みタイプ」です。

天板下が、すっきりしていますし、ゆったりとしたスペースがあります。

北海道の、大変レベルの高い工房で、
ご注文をいただいてから一品一品お作りしています。

お客様のご希望のサイズで製作いたします。

T様、この度は、素敵なご納品写真をお送りいただきまして
ありがとうございました。
どうぞ末長くご愛用下さいませ。

MODENA (モデナ)につきまして、詳しくはこちらのページをご覧くださいませ。 ↓

ESTERO (エステロ) センターテーブルにつきまして、詳しくは、
こちらをご覧くださいませ。 ↓

オンラインショップ キャビネット
ウォールナット無垢の家具

フェイスブック、インスタグラムも始めました。
こちらも是非、ご覧くださいませ。

▼facebook
https://www.facebook.com/sakamitsu.interior/

▼instagram
https://www.instagram.com/sakamitsu.interior/

フォローして下さると嬉しいです😊

※土・日・祝日の午前中、および平日は、比較的ごゆっくりと、ご覧いただけます。
みなさまの、お越しをお待ちしています。

スタッフ坂光です。
末長く、使える、いい家具をご提案させていただきます。
お気軽に、お問い合わせくださいませ。
サカミツ家具
電話/082-278-7788
営業時間/10:00~19:00

ウォルナット家具の専門店
サカミツ家具

名称サカミツ家具
所在地〒733-0833 広島市西区商工センター3丁目3-18
連絡先TEL:082-278-7788    FAX:082-278-2020
E-mailinfo@sakamitsu.jp
HPhttp://www.sakamitsu.jp/
営業時間10:00 – 19:00
定休日月・火曜日
※月・火曜日が祝日の場合は営業いたします。
facebookhttps://www.facebook.com/sakamitsu.interior/
instagramhttps://www.instagram.com/sakamitsu.interior/
メールフォームでのお問い合わせはこちら